カテゴリー別アーカイブ: スタッフ名

2020.01.31さらば青春の光×藤井健太郎 〜テレビでもネットでもできないし、個人事務所じゃなきゃできない映像LIVE〜東京2日目現場詳細

標準

サンシャイン池崎さんやダブルブッキングの単独でお馴染みの
渋谷ユーロライブ。

開演と同時にさらばの2人が右から登壇してきて、
軽めに経緯を説明。

チケットは即日完売に近い状態だったみたいで、
9万で転売されていたようだけど、
そんなら俺らに回せと森田さん。

内容説明に入り、今日は映像を2本用意していますと。

で、初めにつかみとして1本ながすのでまずはそれで
主旨をわかっていただいた後に2本目をやりますと。

ちなみに、私は、最初、藤井健太郎さんのアブない企画
ってことなので、ゲスなトークライブを想像していた
んですが、これはいい意味で裏切られました。

さらばの2人も座席に陣取りみんなで一本目の
鑑賞を開始。

内容はまあ放送禁止で、さらには他言は無用なので、
詳しくは言いませんが、イメージできるような
感じで説明します。

私が先日ここで言ったことがズバリあてはまった感じです。

世界で私が最も藤井健太郎を理解していると自信を深めましたね。

まず、水曜日のダウンタウンが基本ラインです。

さらに、クロちゃんの自宅と女あてがいドッキリも基本ライン。

さらに、放送禁止になった拉致ドッキリ。

あとクロちゃんのエロVRドッキリも。

それを繋ぎ合わせてフィルターを取っ払って
藤井さんの原作のイメージを額面通り作り上げたのが
今回の映像だということだと思いますね。

18禁で女性もお断りだったんですが、
まあ現場に行けば1秒で理解できます。

ちなみに、チケット代は6000円だったんですが、
映像の制作費が結構かかったのと、
映像の性質から通常のTBSの編集スタジオが利用できない
ため、特殊なスタジオで編集したので
費用がかさんでしまったことから、
6000円では赤字になってしまうことが判明したので、

急遽、大阪公演も増やしたとのことでした。

それでトントンみたいな感じになると。

これも現場で観ればすぐ納得できます。

なんかあらたなポストみうらじゅん的な存在として
藤井健太郎さんが名乗りを上げてきた、
そんな感じがした今回のイベントでした。

有吉クイズ MCではなく回答者として有吉を配置した有吉の笑いの限界に挑戦している番組。

標準

番組表をみていたら、有吉のプライベートを追っかけて
クイズにしたり、蛭子さんがなにを食べてるかクイズ等、

内村プロデュースとか、昔の欽ちゃんのどこまでやるの
の懐かしい感じを受けたので、これただもんじゃないなと
思って、ある程度予想して観てみたら、やっぱ
加地班で、自分どんだけバラエティ浸かってんだよと
笑ってしまったw

でもこの辺、TBSの藤井さんとかと共通するところを
感じるんですが、

今回、冒頭でも有吉さんが言った通り、
野村アナ、有吉、加地P、蛭子等、

「虎ノ門」系のキャスティングで固めていて、
それも大変魅力的でして、只者じゃない感を
感じさせてくれました。

現在有吉さんのプログラム今結構ありますが、
まあデビュー当時からどっぷりの自分は
物足りなさ、もっとうまく使えばより
魅力がでるんだけどなあみたいなことを
思わせるものばかりで、1回見てもう
窓から投げ捨ててしまう感じのものばかり
だったんですよね。

結局今も観ているのはロンハーの有吉さん、
TBSの藤井班の有吉さん、
日テレはゼロですねw、
NHKも普通のMCとしてしか使ってないし、
ゴールデンタイムはほかの人でもできるような
もんばっか。

あとは有吉ベース。
そして、暇なときは常に聴いていて、
内容を全て覚えてしまう勢いの
サンドリw

そこに、今回この有吉クイズが飛び込んでまいりました
ので、楽しみが一つ増えました。

なんか初回といっていたんで、レギュラー放送が
始まる前のパイロット版みたいなことを言っていた
ので続いたらいいですねえ。

AKBGが2019年にあることを達成させるために行った大きな改革。

標準

福袋の廃止

福袋については、劇場入場権限の種類と割り当て人数の増加を
やればやるほどファンに付与されている
権限の不透明化が進行して、新規のファンが参入できなく
なるばかりなので、
いちど全てクリアにするのは素晴らしいことだと思います。

私は2014年から2019年まで2種類のAKBのファンクラブに入ってましたが
その特殊権限付与会員の増加のおかげで一度もチームBとチームA
公演に当選しませんでしたからね。

4年当選しなかったらさすがに冷めて退会しますよね。

だれもがそういう状態ではなく、連続当選している人もいるなか、
落選していたわけですからばかばかしくなります。

AKB48紅白対抗歌合戦の廃止。

これは、ここ2年程度、外部のきくち伸さんにプロデュースを
任せたところからわかるように、ネタ切れでしょうね。

ファンからしてみれば、普通にカラオケ大会の延長みたいな
感じで良かったんですが、
AKS側はなんかかくし芸大会のような感じでやっていた感じがするので、
驚きを与えたかったんだが、そのネタが枯渇しはじめたと同時に、
資金の分散をおさえて、より未来につながるものに資金を集中
して再構築したいというところだと思います。

それが、2020年の年頭のTDCホールスペシャルイベントだと思いますね。

紅白対抗では先が無いので、まずは握手会でのミニステージイベントで
テストして、それを単独ライブに昇華させていけば、
辞めるメンバーも減少するし、メンバーの情熱の維持にも
貢献できるとおもいますからね。

まあハロプロは生誕イベントで昔から普通に単独ライブは
全メンバーが行っていますし、
ももクロもやってますからね。

AKBの生誕祭は単独じゃないですからね。

AKSが現在最も身近に設定した目標は、
たぶん、シンプルにテレビ地上波の
レギュラーの復活でしょう。

テレビの放送作家の秋元康発祥で、
テレビありきだったAKBですから、
今の状態はほんとうに致命的で、
上記で語った内容は、
全てその復活に向けた動きだと考えても
間違いない気がしますね。

AKB劇場はいけない人が大半で、
入場料も決して安い方ではないので、
テレビがないとどんなメンバーがいるか
わからず、ファンも減る一方ですから

早急にテレビのバラエティーのレギュラー
復活に向けて頑張って欲しいと思っております。

ももいろクリスマス2019 ライブビューイングチケット、今からでも遅くないです。

標準

FC入ってないのでスルーしようとしていたんですが、
やはり根っからももクロが染み込んでいるサガなのかw

白い風をどうしてもももクリで浴びたくなって、
ライブビューイングのチケットを検討しました。

まず24日の1日目。

映画館でのライブビューイング。
この前行ったとき客の雰囲気が、
サイリウムやコールがガチで神がかっていた
渋谷のチケットを探すと、
席が端っこだと思いきや、なんと
一般で中央の座席が表示され、
速攻でぽちっとやってしまいましたw

なんか勢いに乗って、2日目も行っちゃおうかと
いう、ポンポンポーーンっていう感じでw

2日目はSSAのコミュニティアリーナの大型スクリーン
でのライブビューイング。

踏み切った理由としては新国立競技場でのライブ
の発表があるんじゃないかということと、
良くも悪くも4人体制でようやくほとんどの楽曲を
リアレンジできてきたので、4人体制の
完璧なものを見せてくれるんじゃないかという
期待を込めて、良くても悪くても経験しようって
いうことで行くことにしました。

ただ、SSAの場内の機材解放席もまだ発売中なんですが、
10000円という一般席と同じ定価なのと、
メンバーが豆粒なのに、さらに大型モニターも
見えにくい場所になったり、
SSAのアリーナ後方のこれまたごみのような
席になったら最悪だっていうことで
やめました。

それならSSAだとどうせずっとモニターを観る
はめになるんだからコミュニティアリーナで
大型モニターで楽しんだ方が幸せになれると
思いました。

こちらもまだ整理番号180番台でした。

さあ川上さんのプロデュースする、
2019年のライブビューイング現場が
どのようになっているのか、
お手並みをとくと拝見させてもらいましょう。

ガールズアイドルマルチヲタによる、2019年12月現在のハロプロのアイドルグループの血統図。

標準

モーニング娘。

<シャ乱Q

 

アンジュルム

<ももクロを基準点
として、ハロプロにももクロがいたら
という仮定による独自進化。

スマイレージの
面影はない。。

 

JUICE=JUICE

<メロン記念日

 

つばきファクトリー

<℃-uteと
たまにAKBGやももクロ。

 

こぶしファクトリー

<最初Berryz工房の予定だったが
メンバー減少によりBuono!に変更を余儀なくされる。

 

カントリーガールズ

<カントリー娘、スマイレージ

 

BEYOOOOONDS

<Berryz工房を基本に
ストレスフリーになったハロプロ
による全ガールズアイドル対象の
サンプリングアートのミックス。

beyooooondsのアツイ!に私からインスパイアされた歌詞が入っていることに興奮しました。

標準

まずは、私のZの誓いのNARASAKIさんのすごさ
をわかって欲しい一心で執筆した
渾身の解説をご覧ください。

2015.04.29 ももクロ+NARASAKI「Zの誓い」ももクロの現時点での最高傑作ではないでしょうか。

そしてBeyooooondsのアツイ!の歌詞

「そうそうそうそうっ!
こんな風に激しい感じからいきなりピアノ一本になって
しっとりと聴かせる大サビってよくあるよねぇ~

「よくある。アツイ、アツイねー!
あと、お客さん的にもテンポ速いのがずーっと続くと疲れちゃうから、
こんな風に休憩出来るのは良いよね。」

「でも、こっからが最後のお約束!
この曲はこの後が最も盛り上がるように出来てるの。

みんな、準備はいい?最後のサビ、行くよー!」

鳥肌たったw

ももクロChanの尺埋め用企画。「玉井にハマれ。」に見えた佐々木敦規ていうかオークラのパクリという悪い癖w

標準

芸人がネタを披露して玉井が客席で観て
やりたいと思ったネタを一緒にやるっていう企画。

まんま、

アメトーークの大看板企画の

「パクりたい1グランプリ」

death。

 

パクリのパクリのパクリっていうところも笑うなw

どんだけパクってんだよっていう。

2019年11月、指原氏が田中みな実と2ショットを決め込むことになった経緯。

標準

田中みな実の怒涛の女子力アップ画像投稿が続いている
2019年10月から11月。

TBSのマッコイさんの女子アナバラエティを
田中アナのデビュー当初から追っていたので、
その経緯からあまり世間では知られてない
情報をつぶやきました。

それは、田中みな実さんはAV女優の
マスカッツ系列の人たちを
研究して自分を磨いているという
情報を利用して、

同じことをしている指原氏と繋ぎ合わせて、
指原氏や田中さんのような
向上心がある人は、
AV女優をもAVという偏見をもたずに
女優として扱い、その美しさを保つ
スキルを勉強する教材の一つとして
大いに利用しているということを
言いました。

まあ知られるのは問題ないですが、
まったく知らない人までに特定される
のが嫌なのでそのつぶやきを
ここにのせるのは避けますが。

そしたら、その数日後、指原氏が
それを見てたぶん田中さんにそのネタをDM
して仲良くなって2ショットに
至ったんじゃないかと思いました。

それ以外、交流がなかった2人を繋ぐ
要素なんてこれっぽっちもなかった
ですからね。
急速に近づいた理由はそれしかない
ですからね。

信じるか信じないかは貴方次第です。

とんねるずと有吉弘行氏のキャリア形成ルーチンが似ていることから、将来への展望を読み解いてみます。第二回創生期

標準

私は学生時代、とんねるずショックを全身に浴びながら、
笑いを武器に、ややいじめられ系の学生時代を生き抜いてきました。

小学生時代はビートたけし。
中高ととんねるずでしたね。

で、高校卒業くらいから、電気グルーヴが登場
して、海砂利水魚、バカルディ、まあ東京
だったんで多少遅れてダウンタウンと
千原兄弟、今田東野といった感じでした。

小学生で高田文夫や三宅恵介、
中高ととんねるずを浴びてしまったことで、
秋元康、遠藤察男といった裏方の人たちにも
その流れでタレントと同じかそれ以上に
興味を持って接するような人間に
なってしまいました。

その中で少しづつ自分の時代を作り上げて
きたタレントたち、例えば、
たけしさんやとんねるずといったタレントさん
には、必ずと言っていいほど、常に
サブキャラとして存在する女性タレントの
姿がありました。

宮沢りえ、おニャン子クラブ、渡辺満里奈、
工藤静香、といった面々ですね。

たけしさんには宮沢りえが顔を出していましたが、
とくになにがあるというわけではなかったですが、

とんねるずの場合には、本格的に
自分たちの看板番組に出演させて
自分たちを通して魅力を最大限に
発揮させる感じで貢献しました。

で、この流れは、ダウンタウンの方にも
移ってきて、YOUとか清水ミチコといった
タレントが同じように番組を通して
有名になっていきました。

とんねるずと有吉弘行氏のキャリア形成ルーチンが似ていることから、将来への展望を読み解いてみます。第一回序章

標準

最近、指原氏が好きなMCタレントとして有吉氏をやさしいから
と言って名前を挙げた出来事があり、
即日、サンドリにて、
「太田プロでこんなこと言ってくれるの指原ぐらいだろう。太田プロの鑑だよ」
とデンジャラス安田に吐き捨てて大絶賛しました。

で、公式にサンドリファミリーとして指原氏を
指名していました。

私は、この時、指原氏は有吉氏が潰れなければ
将来は安泰だろうと思うと同時に、
昔のとんねるずファミリーやたけし軍団
という組織がフラッシュバック致しました。

そして、今回のコラムを書こうと思うに至りました。