カテゴリー別アーカイブ: 2013.11.6 GOUNN

ももクロさんのGOUNNには私発信のネタが多すぎて困惑する。

標準

まず、

・ももクロ=仏教

ももクロは仏教の浄土真宗と同じく自由だ
と言っているし、

・初恋サイダー似のベース奏法

まあHAMA OKAMOTO氏を採用したのは私が
推しているというよりはももクロファンだから
っていうのもあるので大目に見るとしても、

派手なギミック満載の演奏方法をさせたのは、
ここで世界で一人、

Buono!の、全部ではなく、、
初恋サイダーだけにみられる、ベースラインの
すばらしさ、
さらに、特にアルバムバージョン
のすばらしさまでマニアックに取り上げたんですが、
図ったかのように、
その初恋サイダーと同じ狙いの派手なベースラインや
作曲家のしほりさんまで急にぶち込んでくる始末。

・一度NARASAKI作品を全力で売り込んで欲しいという願い

そして、これまであまり力をいれなかったNARASAKIさんの
携わる楽曲を、スタダとキングの可能な限りのプロモーション活動で
売り込んで、どの程度の売り上げが見込めるのか
試して欲しいとも言ったが、今回のGOUNNは規模的にそれに
当てはまっている気がする。

・ただ忠告とは間逆の動きもみられます。

ただ、PV内容は、ここでフルCGはももクロの性格に相反する
のでやめたほうがよいと忠告したが、結局
フルCGを採用して大金をどぶに捨てる結果になってしまいました。

広告

NARASAKI師匠+ハマオカモトの傑作!ももクロさんのGOUNN。これを赤坂Blitzあたりで体感したらえらいことになりそうww

標準

Momoiro clover z – gounn pv rip ver by Onionixp on Mixcloud

聴いてて、感じたのは、

全面で鳴っているピンキージョーンズの音色と
似たNARASAKI師匠好みのギターノイズ音と、

宮本さんが作曲のしほりさんに多分Buonoの初恋サイダー
のようにベースが大活躍するような楽曲をと注文
したくさい初恋サイダーをさらに過激に発展させた
特徴的なベースの旋律、

これが全てだなと思いました。

で、PVについては、

ももクロさんは指原さんと同じくダイレクトに
近ければ近いほど魅力が増し、
加工すれば加工するほど魅力が失われていく特徴があるのだが、

今回また無限の愛のフルCG処理を採用してしまった
為に、PVより音だけを聴いたほうがより作品の
魅力を最大限に感じ取れる結果になってしまいましたね。

すごい熱量がある楽曲なのに対し、
冷めたCG映像なので、
途中から目をつぶって聴くようになって
しまいましたw

しかし、未だにこういう攻めた楽曲を自信をもって
世に送り出すセンスは、
やはりももクロチーム健在って感じがして安心しました。

あとは小さいライブハウスでこれを体感させてくれれば
完璧なんですが、もうももクロ大先生には無理なんでしょうかねw

GOUNNのような緻密な楽曲は大会場では残響の影響があり、
大会場向けにシンプルに作り直さないと威力が
失われます。

大会場では多分この過激なベースラインも残響がひどくて
大会場では聴けたもんじゃないでしょう。

AKBのは良くも悪くも簡素なのでどこで鳴らしても
変わらないですがももクロさんのは作りこむのが多い
ので是非小さい会場でやる頻度を多くもって欲しいです。

NARASAKIさんがやる代官山のUNITなんてとこで
やってくれたら最高なんですがw、
赤坂Blitzあたりのライブは絶対復活させて欲しいです。

もうペンライトなんていうちんけなものは投げ捨てて
全力で腰から頭振り乱して踊りたいですねえwww

追記:
これMステで早くタモリさんに聴かせたい~~~~www