カテゴリー別アーカイブ: 高城れにのKing Of Rock!

2016.3.9 高城れにソロコンのLVは当選祭りでした。

標準

高城れに ソロコンサート
さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~
(読み:さくさくむらさききょうわこく わらうかどにはのふきたる)
出演:高城れに

2016年3月9日(水)
会場:愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
open 18:00 / start 19:00

私は横浜バルトがこの前気持ちよかったので
当選確率と良席率を考えて都内よりこちらを
優先させました。

最後部の端でも見やすかったのでそれも安心感が
ありました。

予想としては、ハロプロ系は少なくすると読んでいます。
フォーク村系を基本線に、
この前より大きな場所なのでロック系を入れてきそうな気がします。
ロックのラジオ番組もやってましたしね。

あとは客と絡む演出がありそうですね。

第一回のソロの時、横浜アリーナで、絶対やりたかった
てことで、数回失敗してももう一度と食い下がって
客と出演者全員での合唱を成功させたことがありましたからね。

皆さんはどんな予想してますか。

追記:

座席は最悪の前から四列目の端でした。。
バルトじゃないほうが良かったかな。。

2012.08.23 初めて本物のももクロファンの意見が反映された好きな楽曲ランキングだったなあ。良かった!:InterFM「YOUNG BLOOD」のももクロ2時間特別編

標準

ももクロの人気曲ベストランキングの結果は~
1位 全力少女
2位 走れ!
3位 オレンジノート

投票してくれた人もありがとねヽ(*’-^*)。


杏果さん教えてくれてありがとう。

一応以下
4位 Z伝説
5位 PJ

てかんじでした。

やっぱりラジオだと幅広い年齢層からの
意見が反映されて良い感じですね。

Z女戦争が7位でもっと上かと思っていたとももクロ
さんが言っていたけど、、、、、

ここがももクロさん以下アイドル系の弱点なんですが、

曲を自分で作っていないので、作品に対して自由に
好き嫌いが言えないんですよね。

ちなみに本人が嫌いって言うのは悪いことではないんです。
芸術なんてそんなもんです。

本人は納得いかない作品だけど世間の評価は高い
ことなんていくらでもありますからね。

これ自作していたら好き嫌い言えるんですけどもね。。

若いとZ女なんかを新しいって感じてZ女なんて
好きな自分てなんて素敵なんだろうっていう
奴が多いと思うんですが、古いですからね。

そんなあなたが一生Z女が一番好きだったら良い曲だって
認めますけども、これからいろんな経験していろんな
文化に触れていくと思いますので、多分もって数年かもね。

私はこの1位から3位の結果はホンモノだと思います。

ご存じのようにNARASAKIバカの私ですからそっち系
が大好きですが、この3曲ならありかと思うし
納得もできます。

なによりもこの3曲はZ女なんかと真逆で、ももクロさんが
すごく輝く楽曲ですしね。

やっぱりももクロさんにはストレートな
作品が良く似合うと思いますね。
凝ったものはハロプロに任せとけば
いいと思います。

あの空とかもあるけど、あれはこういう順位に出る
ような作品じゃないですよね。
ももクロのファンのみが知っていれば良い作品です。
逆に知られたくないし、語って欲しくないしね。

2012.08.23 InterFM 21:00 ももクロさん2時間特番 5人参加のお笑い企画があるようです。

標準

ももクロの5人が高城さんの番組のDJに、FMらしい曲紹介の方法などを学ぶ企画
があるそうで、お笑いファンにも楽しみな企画になっている様子です。

なんか今妄想で内容をイメージしましたが、かみかみの5人で
笑かしてくれそうですねwww

あとはなんか曲紹介メインになりそうですので、
あまり笑いは期待できないと思いますので聴かないかも。

ももクロさんは所詮ティーン向けアイドルだったのかと最近不安になった。

標準

音楽作品について

まず、narasakiさん作品と労働讃歌以外
は結局はティーン向けの内容なんじゃ
ないかと仮定して考察してみると、

音楽はある程度当てはまる気がする。

ももクロは当然だが、
恵比寿中学の前山田音楽も、
聴いてると幼稚すぎて聴いてられないんだよね。

あれなら雑踏で突っ立ってノイズを
聴いてる方がマシだって思う。

結局、私は曲の作者や宮本監督の想定する
リスナー層から明らかに外れている
んだよね。

だからそう感じて当然なんだよね。

で金出して気持ちよく聴けないものを
無理して聴くことはないと思うから、
もうそこに不満を感じてあれやこれや
言うのは辞めて、好きな曲だけ楽しむ
ようにしていこうと思う。

CDもDVDも飛ばしてね。

で聴くものが無くなってきたら
それはそれでもういいんじゃないかと
思います。
その時は、音楽作品とライブにお別れ
をする時でしょうね。

次ラジオ。

約4週間経過した。ももクロくらぶ。
全部聴いた。
これも単なるアイドルの昔から
あるラジオ番組で聴いてるのが辛く
なってきた。

あと高城さんの番組。

同世代に向けて洋楽も聴いてみようよ
って高城さんが旅に連れて行ってく
れる。
これもティーン向けでしたね。
私には今更感を感じちゃって無理でした。

あとはテレビ番組。

ももクロChanと別冊ももクロChan

これは唯一楽しいですね。
年齢関係ないと思います。
佐々木敦規さんのみなさんのおかげ
ですの企画はムラがあるんだけど
これは全部面白く観れてますね。

もも見

これも同様ですね。

敦規さんは絶対とんねるずよりももクロと組んだ方が
面白い番組やショーが構成演出
できると思います。

他の番組もテレビは面白いですね!
全世代に理解される笑いとキャラクター
だと思います。

という訳で、

ももクロさんは最初は初めて音楽、
ライブ、テレビと完璧な奴らだと
思っていたが、やはりAKBやハロプロ
同様、音楽は切り捨てる時が来そう
だと強く思うようになって来ました。

で、2011年5月から数ヶ月はずっと
ももクロ漬けだったんですが、
最近やっと、音楽視聴環境が元に
戻りつつあります。

これには前山田さんに感謝しないと
いけませんね。

narasakiさん主体で引っ張られていたら、オウムや創価同様どっぷり浸かる
ことになって、今日のマツコ有田
に出てたももクロファンみたいに
えらいことになっていたかも知れませんからね。あれ見て
ももクロのコール作ったとか言って
威張るようなお山の大将的な人間に
なりたくないって思いましたね。
それにあの人じゃないですからねww

多分来年にはももクロさんの音楽から
卒業しそうな感じします。

ももクロさんより前山田さんに
負けそうですね。残念ですが。

自分のセンスを信じて生きていきます。