カテゴリー別アーカイブ: プロレス

プロレスのユニットに所属する時は会社と相談して決めます。

標準

それを証明する出来事があります。

IWGPの初期に猪木が優勝後長州が
リング上に上がってきて藤波と前田に
向かって投げかけた。

「お前らこれでいいのか。
これからは俺らの世代が新日本を
引っ張っていかないといけないんじゃないのか?」

この直後、新日は世代闘争の流れに
なり、猪木軍と長州軍に別れたのですが、
その時、猪木軍になぜか前田と同じ世代の
藤原喜明さんが入ってしまいましたw

これは会社というか猪木さんが
ルックスから判断して抽出した
んでしょうね。

もし純粋に選手が自主的に決めていた
としたら絶対ありえないことです。

ここから、まあ最近の新日の
KENTAさんの柴田さんに対する
裏切りなんかも
同様のことが考えられると思いますね。

まあKENTAさんについてはですね、
同じ小橋の遺伝子を継ぐ選手として
潮崎とKENTAという2人がいるけど
潮崎は本体でベビーフェイス、
KENTAは高山系の反体制軍
でノアでもやってたので、

もともとは反体制軍だった訳なので、
私からしたら柴田と仲良く登場した
初回が気持ち悪くて仕方なかったですねw
最後まで裏切りそうでビクビクして
観ましたよ。

てわけなので、最初から仕組まれてたという
見解が妥当だと思います。

KHAOSは元をただすとヒールで反体制だったんですよ。現在の新日本プロレスのヒールユニットの系譜

標準

オカダカズチカの所属するKHAOS。

元々本体の棚橋に対抗するヒールでした。

内藤も本体で同じベビーフェイスでした。

しかし創立者中邑が退団してオカダ一強に
なり始めると強すぎるのも昔の巨人と同様
反感を買うようになっていきます。

で内藤がメキシコから帰ってロスインゴ
として倒すまではその状態が膨らむばかりで
外道と王者の道を謳歌してました。

2016年あたりからケニーオメガという
外敵も出てきてちょくちょくオカダが
負けるようになっていきます。

すると本体と同じ立場になっていきます。

強いってだけのヒールより、
よりわかりやすいヒールが出てくるw

KHAOSはいつやら時代とともに
ベビーフェイスになってくる。

昔は生え抜きの割合が多かったので
うちわでヒールを自作自演してた。

今は第三者の割合の方が増えてきた
ので演じる必要が無くなった。

全日やノアといった団体からの
繋がりがある人は鈴木軍。

そうでない人はバレットクラブ。

今回のKENTAの場合はっきり言って
高山と繋がりが深いので、
鈴木軍でも不思議じゃないんですが
ザックとG-1で闘って闘争心が
出たのと、タイチがしょうかくしたことで
ヘビー級が渋滞してるってこと
でバレットクラブになったんじゃないかと思います。

バレットクラブは逆にヘビー級が
抜けちゃって手薄ですからね。
ジェイとチェーズとファレですが
王道がいない。鈴木みのるや
オカダや内藤のような。

だからタマトンガが大喜びしたのも
うなずける話しですね。

2019.03.06ジェイホワイトVSウイルオスプレイ。外道がいなければ確実にオスプレイが勝利していましたね。

標準

オスプレイの現時点で最も危険な後頭部へのエルボーを
外道がリング上に乱入するという行為でオスプレイを
おびき寄せて、その間にジェイホワイトはまんまと
かわすことに成功しました。

これは、まあジェイホワイトは今回、ある1つの技だけ
は自分がフォールに持ち込まれる可能性が確実な
のでそこを外道に指示して食わないように計画しました。

それは後頭部へのエルボー。
それもパッドを外したエルボーですね。
パッドエルボーは返せるから
外したら介入しろと指示したと思います。

しかし、そのおかげで、
他のオスプレイのすべての技は返せることを
証明した気もするので、

そう。

あなたの考える通り、、

お互いに武器をひとつづつ持って
の戦いでしたよね。

ちなみに、棚橋の場合は返せない技は
無かったんじゃないかと思います。

オカダの場合はレインメイカーは
未だに即フォールの技だと思います。

あと今回他のこともわかったんですが、
それはジェイもブレードランナー以外は
フォール技はないということも。

あとジェイについては、
今回なんか懐かしいものを感じたんですよね。

それは決して隙だらけの派手な技をやらない
ということです。
また、相手の技を受けないということ。

それは旧UWFを喚起させるんですが、

ジェイホワイトが旧UWFと違うのは、

自分のやり方を相手に一方的におしつける
んじゃなく、逆に、それもあるんですが、プラスで、
相手のやり方に自分を融合させて
自分の技に変化させてしまうという、
進化したスキルも同時に所持している
というところだと思います。

だから次にジェイホワイトに勝つ人は、
ジェイのそういった能力を超えた戦い方
をした人でしょうね。

ジェイの想定外の戦い方をした人。

そういう意味では、今回のオスプレイや、
飯伏さん、あとはSANADAさんなんかは
可能性高い気がします。
ただSANADAは即フォール技がないので
それを作って挑まないと無理でしょう。
ジェイはサブミッションにはめっぽう強いので
打撃と落としじゃないと無理でしょうね。

内藤とかオカダとか棚橋は今のところ、
ルーティーン化している感が強いので、
今のままでは勝つのは無理でしょうね。

現代プロレスのルーツを一度考証します。

標準

古今東西のプロレスを最近みていたら、
まずケニーオメガのVトリガーと、Vトリガーに
行く前の地団駄を踏む前動作とかが、
思いっきり中邑真輔のパクリじゃねーかと
思ったので、その他新日本選手のえらそーに
している選手の技を考証してみました。

まず上記のVトリガーは中邑のパクリ。
中邑は武藤のシャイニングウイザードの変形。

あと内藤の低空ドロップキックと技に行くときの
武者震いは武藤。

あとフィニッシュではない
フランケンシュタイナーは
武藤。

顔へのエルボーは三沢。

みのるのキック後に足を引くローキック
は猪木。

チキンウイングアームロックと膝十字はUWF。

トランスキックは丸藤。

最近エルガンがやるゼロ戦キックは菊地。

ヒールホールドと脇固めは藤原。

単発のパンチは猪木。

連発はダスティローデス。Codyの父。

水平チョップは力道山。

顔面キックは川田。

卍とコブラと延髄キックは猪木。

フィニッシュに使う4の字は猪木、藤波、武藤。

のけぞらすボストンクラブは川田。

ラリアートもアックスボンバーもほとんど同じでハンセン。

腕ひしぎ逆十字は猪木。

張り手は猪木。

連続のチョップは小橋。

ローリングエルボーは三沢。
ローリング水平は小橋。

相手を脇に抱えて上からかぶさるようにして
頭から落とすのはエメラルドフロウジョンが原型。

サブミッションの時相手に折って見ろよと
言うのは猪木。

太鼓の乱れうちは維新軍。

ミサイルキックは丸藤ぽい気がする。

ロープに投げられた時ハンドスプリング
するムーブは丸藤。

Codyとかジェイホワイトがやってる
頭をわきに抱えて捻って落とすのは、
武藤がドラゴンスクリューに飽きた時
開発した一連の足以外のスクリューの
応用の一部で気に入ってやってた
頭のドラゴンスクリューのパクリ。

お笑いの性質を解析します。2018.04.30東京ダイナマイト単独ライブ「ダイナマイトアンドローゼズ」

標準

2018.04.30東京ダイナマイト単独ライブ「ダイナマイトアンドローゼズ」

東京ダイナマイトのメンバー、

ハチミツ二郎さんについては
TV Brosのコラムが始まった時知って、
松田さんは青木さやかさんとコンビ別れして
ソロで活動を開始した時ぐらいから知って、

ハチミツ二郎さんはプロレスという共通点があって
他の部分についても笑いの肝が同じだったので
ずっと興味を持って接しています。

松田さんは私は基本的にクレイジーな
とんねるず的なへそ曲がりな芸風が大好き
なので、こちらも大好きです。

だから、東京ダイナマイトとしてコンビを組んだ時は
嬉しかったですね。

でやっと現場で等身大の2人を初めて体験しました。

席は5列目です。

最前列は10000円ですが、ルミネの最前列は
両脇のモニターがみにくいという難点が
あるので、出来れば避けたいと思っているので
真ん中あたりの席にしました。

特にルミネはVTRネタが多いので結構
見えないときついんですよね。。

今回のタイトル通りに開演前はガンズの楽曲が流れていました。

開演すると機材トラブルなのでお待ちくださいと
ナレーションが入り数分の沈黙後、
こんちはるさんが出てきて松山千春の曲で開演。

一つ一つネタを説明してもなんも意味がないので、
タイトル通り笑いを構成している成分を分析してみます。

第一に今回判明したんですが、松田さんもプロレスマニア
だということですね。。

なので、プロレスネタを随所にぶちこんでくるんですが、
これを知ってると骨の髄から2人を楽しめると思いますが、
知らないと全体像はつかめないような気がしました。

今回の現場では長与千種役の架空キャラを松田さん、
同僚の若手選手をはちみつさんが演じた巡業バスネタ
があって、延々松田さんがボケまくる内容があったんですが、
これなんか長与ネタ連発に私一人で笑ってました。

今回はルミネでコント、花月で漫才の単独をやる
と言ってました。

全体的には、松田さんがサンプラーのような役割で、
いろんな自分が面白いと思うセンスで時と流れ
から様々なワード、危ないものから、
ダサいと思うもの、重箱の隅をつつくようなもの、
みんなが忘れかけているワードを無理やり引っ張り出してきて
装飾を施して晒しあげるもの、
それらを様々な角度からハチミツ二郎さんに刺しまくって、
それをハチミツ二郎さんが返せるものは返して、
無理なものは流して、はまった時は2人でさらに
共鳴し合って爆発させていく感じで進行していきました。

ちなみに、今回の冒頭は、ハチミツ二郎さんがオフィス北野の
森さんのコスプレで登場して、もともと2人はたけし軍団
だったけど、吉本に移籍したわけだが、
前々からなにか会社内がおかしいと思っていたんで、
それを証明するような今回の展開だったと
大きくうなずいて会場が爆笑していましたねw

で辞めても自分たちは真のたけしイズムの継承者だと思って
活動しているとも言っていました。

でネタが終わり、スタッフロールと共にエンディング
なんですが、その時、
「これ最後に2人が登壇しなかったらかっこいいんだけどな。。」
と思っていたら、そのまま終わったので、
やっぱセンスが自分と近くてかっこいいわ。
って思いながら帰途につきました。

最近、スタダが地方巡業とか大会場とか、
楽曲もももクロ以外は見かけだけが派手な
内容が無い作品で占められてきているので、
こちらの方に活動ルートを変更していきたいと思いました。

ももクロなんて佐々木敦規地獄の東京ドームも西武も
行く気が無いのでスケジュールががらっと空いたしね。

大会場のスタダより
よっぽど新日とかハロプロとかお笑いに行った方が
楽しめるしね。

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

2013.12.07.08 新日本プロレスとももクロさんのコラボ映像、地上波初オンエアです。

標準

2131207新日本プロレスももクロ出演.jpg

ワールドプロレスリング
2013年12月7日(土) 27時05分~27時35分
▽2014年1月4日 東京ドーム大会 カード発表記者会見
ももいろクローバーZからスペシャルメッセージ!

とあるんで、youtubeにある先日の佐々木敦規演出の記者会見
映像でしょう。

コラボは全日新日達成しましたが、
新日のリングにはまだ到達しておりません。

リングに立つ日を楽しみにしていましょう。

2012.6.3 おしゃれイズム、2012.5.31 vs嵐の番組内容詳細iEPGより来ました。

標準

おしゃれイズム


川上マネージャーまーた出てきたあ!!この天狗さんがっw byメンバー
(ちなみに天狗さんとはももクロさんがラジオ番組で付けたあだ名です。)

でも川上さんとくりぃむさんは合いそうですよねえ。
がっつりプロレス関係で。

ライブに密着とはいつのライブでしょうか。

横アリかこどもの日のライブでしょうかね。
それくらいしか無いですからね。
でもさんまのまんまの時みたいに放送まで4カ月ある場合
を考えるとモーレツツアーも入りますね。

でも時期的にも横アリでしょうね。

ちなみに私は取材されなかったですw


 

VS嵐

こちらは既出のネタばかりでイマイチ食いつきが悪い感じですね。
自己紹介と有安さんのキック、出欠のくだり、山里さんていう。。

でも初心者の人には楽しめる内容なんじゃないでしょうかね。

ももクロさんは、
爽やかで、控えめで、チームワークも最高で、嵐のファンの方にも
比較的好まれるタイプの方たちだと思います。

ひとつごひいきにしてやってくださいませw

なんでもありのももクロのキャラクターが固定化して、既になんでもありではなくなりつつある。だから、新日本プロレスからUWFに移行するべき時がやってきた気がする。

標準

これまでは、スタッフの主導でももクロを引っ張ってきた。

しかし、今年に入り、5人になにかが起こっていて、
5人の発言力、行動力が徐々に前に出てくるようになり、
それに歩調を合わせるかのごとく、
百田さん単独のMC、
さらに、青山ワンセグ開発では初回以外は
バラバラでブッキングなんていう仕事まで
入ってきていて、
もう5人がそれぞれの個性を武器に単独で内なるものの
経験を積んでいく時期に入ってきました。

これからは川上さんの手に及ばない仕事が増えていくので、
どんどん未熟な部分は白日の下にされてしまいますよ。
ごまかしは通用しません。

ですから、こういう時こそ基礎力作りが大切になってきます。

もう、テレビではももクロを守る川上さんやtmmnさんや佐々木さんは
あまり手を出せなくなって来ますからね。
生放送なんてものもありますからね。

ももクロさん達のパフォーマンスがダイレクトに受け手に
伝わる機会が増えていきますからね。

 

これ、川上さんや佐々木さん向けに心を込めて
お話しているので、プロレスを例えに出しますと、
まさに、前田日明が新日からUWFに移行する時期と
状況が似ているんですよね。

人気が出たのは良いが、結局最後は猪木さんが最後の試合で
持って行ってしまうのはなぜか。
自分の実力がわからない。
自分で立ち上げて、自分のプロレスを創り上げて、
自分を目的に来てくれる客を掴みたい。
だから前田さんは脱退し、UWFを旗揚げする。

 

だから、川上さん、

もしプロレスがなんでもありといい、ももクロにその精神を
注入しているならば、
現在までの派手な部分もプロレスだが、
ストイックな部分もプロレスだということを
川上さんなら十分理解していると思います。

これからのももクロは各人で個性を生かした
仕事を通してより自己を確立していき、
5人が集約される場合は、それらが化学反応
してさらにトゲトゲだらけの魅力的な
ももクロにしか不可能なパフォーマンスを
表現できる、そんなグループになっていって
欲しいです。

川上さん、ももクロは
見かけだけで売る時代から、実力を蓄えていく
時代に入ったんじゃないかと思いますよ。

 

プロレスはなんでもあり。

 

いい考え方だと思います。
私も大賛成です。

でも、なんでもありも狭い範囲で
続けていけばなんでもあり
ではなくなります。

 

今のももクロは、あくまで川上さんとももクロチームの許容量の中での
なんでもありで、既になんでもありではなくなりつつあります。
アイデアが枯渇しているかんさえ感じます。

 

なんでCDが売れないか。
DVDは売れるのか。
単独のオファーが増えているのか。

ダンスとコミュニケーション力、個性、
そこがももクロのコアな部分です。
人間自身から直接放たれる力ばかりです。

楽曲、衣装、CD、そういった間接的なものは
2の次だと思います。

 

よく考えてなんでもありという精神のもとで
表現されるものが、「ももクロのなんでもありキャラクター」
というもので固定化されないように

 

本気の「なんでもあり」で

 

ももクロを創り上げていって下さい。

この世界、飽きられると早いですよ。
十分気を付けて下さいませ。。