カテゴリー別アーカイブ: プロレス

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

2013.12.07.08 新日本プロレスとももクロさんのコラボ映像、地上波初オンエアです。

標準

2131207新日本プロレスももクロ出演.jpg

ワールドプロレスリング
2013年12月7日(土) 27時05分~27時35分
▽2014年1月4日 東京ドーム大会 カード発表記者会見
ももいろクローバーZからスペシャルメッセージ!

とあるんで、youtubeにある先日の佐々木敦規演出の記者会見
映像でしょう。

コラボは全日新日達成しましたが、
新日のリングにはまだ到達しておりません。

リングに立つ日を楽しみにしていましょう。

2012.6.3 おしゃれイズム、2012.5.31 vs嵐の番組内容詳細iEPGより来ました。

標準

おしゃれイズム


川上マネージャーまーた出てきたあ!!この天狗さんがっw byメンバー
(ちなみに天狗さんとはももクロさんがラジオ番組で付けたあだ名です。)

でも川上さんとくりぃむさんは合いそうですよねえ。
がっつりプロレス関係で。

ライブに密着とはいつのライブでしょうか。

横アリかこどもの日のライブでしょうかね。
それくらいしか無いですからね。
でもさんまのまんまの時みたいに放送まで4カ月ある場合
を考えるとモーレツツアーも入りますね。

でも時期的にも横アリでしょうね。

ちなみに私は取材されなかったですw


 

VS嵐

こちらは既出のネタばかりでイマイチ食いつきが悪い感じですね。
自己紹介と有安さんのキック、出欠のくだり、山里さんていう。。

でも初心者の人には楽しめる内容なんじゃないでしょうかね。

ももクロさんは、
爽やかで、控えめで、チームワークも最高で、嵐のファンの方にも
比較的好まれるタイプの方たちだと思います。

ひとつごひいきにしてやってくださいませw

なんでもありのももクロのキャラクターが固定化して、既になんでもありではなくなりつつある。だから、新日本プロレスからUWFに移行するべき時がやってきた気がする。

標準

これまでは、スタッフの主導でももクロを引っ張ってきた。

しかし、今年に入り、5人になにかが起こっていて、
5人の発言力、行動力が徐々に前に出てくるようになり、
それに歩調を合わせるかのごとく、
百田さん単独のMC、
さらに、青山ワンセグ開発では初回以外は
バラバラでブッキングなんていう仕事まで
入ってきていて、
もう5人がそれぞれの個性を武器に単独で内なるものの
経験を積んでいく時期に入ってきました。

これからは川上さんの手に及ばない仕事が増えていくので、
どんどん未熟な部分は白日の下にされてしまいますよ。
ごまかしは通用しません。

ですから、こういう時こそ基礎力作りが大切になってきます。

もう、テレビではももクロを守る川上さんやtmmnさんや佐々木さんは
あまり手を出せなくなって来ますからね。
生放送なんてものもありますからね。

ももクロさん達のパフォーマンスがダイレクトに受け手に
伝わる機会が増えていきますからね。

 

これ、川上さんや佐々木さん向けに心を込めて
お話しているので、プロレスを例えに出しますと、
まさに、前田日明が新日からUWFに移行する時期と
状況が似ているんですよね。

人気が出たのは良いが、結局最後は猪木さんが最後の試合で
持って行ってしまうのはなぜか。
自分の実力がわからない。
自分で立ち上げて、自分のプロレスを創り上げて、
自分を目的に来てくれる客を掴みたい。
だから前田さんは脱退し、UWFを旗揚げする。

 

だから、川上さん、

もしプロレスがなんでもありといい、ももクロにその精神を
注入しているならば、
現在までの派手な部分もプロレスだが、
ストイックな部分もプロレスだということを
川上さんなら十分理解していると思います。

これからのももクロは各人で個性を生かした
仕事を通してより自己を確立していき、
5人が集約される場合は、それらが化学反応
してさらにトゲトゲだらけの魅力的な
ももクロにしか不可能なパフォーマンスを
表現できる、そんなグループになっていって
欲しいです。

川上さん、ももクロは
見かけだけで売る時代から、実力を蓄えていく
時代に入ったんじゃないかと思いますよ。

 

プロレスはなんでもあり。

 

いい考え方だと思います。
私も大賛成です。

でも、なんでもありも狭い範囲で
続けていけばなんでもあり
ではなくなります。

 

今のももクロは、あくまで川上さんとももクロチームの許容量の中での
なんでもありで、既になんでもありではなくなりつつあります。
アイデアが枯渇しているかんさえ感じます。

 

なんでCDが売れないか。
DVDは売れるのか。
単独のオファーが増えているのか。

ダンスとコミュニケーション力、個性、
そこがももクロのコアな部分です。
人間自身から直接放たれる力ばかりです。

楽曲、衣装、CD、そういった間接的なものは
2の次だと思います。

 

よく考えてなんでもありという精神のもとで
表現されるものが、「ももクロのなんでもありキャラクター」
というもので固定化されないように

 

本気の「なんでもあり」で

 

ももクロを創り上げていって下さい。

この世界、飽きられると早いですよ。
十分気を付けて下さいませ。。

今日ももクロの七番勝負1 武藤敬司・吉田豪 吉田豪さんの回観てたら私と同じ傾向で驚いた。

標準

七番勝負episode2は本日終了となりますが、私はDVD購入して
楽しみたいのでネタばれを避ける意味であまりチェックをせず、
発売されたばかりのepisode1をチェックし、ももクロの分析に
勤しんでおります。

武藤さん

今日は武藤敬司選手の4回と、吉田豪さんの5回をチェックしました。

武藤選手は業界外の人なので、自由に業界人だと気を使って聞かない
こともどんどん質問して、ももクロの分析がより進む内容で良かったです。

そこの辺りは、DVDを今一度見返して後日追記しますが、

簡潔に説明すると、武藤さんの回は、グレートクローバーに至る経緯が
全てクリアになる内容でした。全部ここの企画会議で決まっていたんだなって
分かり面白いですよ。

吉田豪さん

は、冒頭にて

「僕は握手もしない派だから」

と言ったのに驚きました。
で、それによって同様の私が変わっているという概念も
覆されて助かりました。

お客さんに事前に質問した回答を読み上げていました。

ももクロの良いとこ、悪いとこ、等。

で、山里氏が、玉井さんはたまに鋭い突っ込みをする
時があり、それが印象に残っている。
突っ込みのセンスがあるのは玉井さんだと思うと言いました。

ここで取り上げたももクロChan#16のオープニングトーク、
あの神がかり的な面白さが展開された時のキーポイント
は玉井さんでした。
だから、私もこの時確信したんです。玉井さんのセンス
と実力は素晴らしいと。

しかしこれの半年前に山里氏が玉井さんを突っ込みに
推していたのはさすがだと思いました。

こちらも後日追記します。

2011.12.25 ももクリ2011 さいたまスーパーアリーナ大会 参戦レポートと未来への提案

標準

すいません。朝8時から夜22時まで立ちっぱなしだったので、
当日夜は足がつるわ、のど痛いわ、飯食ってないわで、
更新どころではありませんでした。

という前置きで回復したので始めさせていただきます。

ちなみに経歴を申し上げますと、

ライブはももクロに行くまで経験ほとんどなし。(横浜アリーナのザ・フー程度)
ライブより録音メディアをヘッドホンで聴くのほうが好きです。
写真、握手会、サイン、ブログ、ドラマには興味なし。

また、電子音楽や音響技術を研究して20-30年程度です。

よろしくお願いします。


出発

朝8時に200人程度並んでいるとの連絡を受け、
物販開始2時間前の10時に到着の予定を急遽繰り上げて
出発。

ももクロの極楽門ライブ音源を聴きながら、京浜東北線で一路、大井町からさいたま新都心駅へ。

到着

あっというまに到着すると、情報通り数百人程度の列がありましたので、最後列に加わりました。

物販列に参列

10時まではCゲートの前の広間に蛇のようにクネクネ並んでいたんですが、
10時になると、スタジアムを囲むようにに寄り添って整列しました。

この間、スマホでtwitterをやりながら、ボイン会やコールツアー
の音源を聴きながら並んでいました。

でも同じ曲が重なるので、SSAなのでデビュー曲から聴き直しもしました。
Dream WaveからMilky Wayなど、感慨深くなりました。。

だんだん物流班が動き出すのを横目にもうすぐだと安心しました。

並びながら、iphoneのWi-Fi設定をいじっていたんですが、SSA
にはsoftbankのWi-Fiがあるんですが、なかなか繋がらなかった
です。

その時、こんなものを発見しました。

世界のももクリNo.1というWi-Fiネットワークですよ。
多分ももクロチームのオフィシャルなネットワーク
だと思うんですが、感動で震えましたね。。

12時になりましたが、数十人単位で入場するので、待ち続けることに変わりは
なく、13時ごろでしょうか、ようやく物販会場に入場して、

物販ブース入場

タオル2500円
グローブ1500円
星型ペンライト1500円

を購入。

まずタオルは手触りふかふかで、大きさも頭にまいたり出来るちょうど良い
大きさでした。しかしライブ終了後、洋服の襟に色落ちしていました。
一度洗濯すると落ち着くのかなと思います。

グローブは親指と人差し指にスマホ対応の糸が使用してあるものです。
自分は指が太いので、同種の市販のものではサイズが合わなかったんですが、
こちらは完璧にフィットしました。

星型ペンライトは、5色を選ぶんではなく、自動的に5色に変化するものでした。
製造メーカーはターンオンで、電池はボタン電池6個です!!明るいのは確かです。

で別枠で、本日のメインターゲット、NARASAKI師匠のリミックス収録の
ももクリ2011のCD物販の列に並び、こちらはすぐに購入できました。
袋にはキングレコードのロゴがありました。

HMVブースではアナログのBAR「バトルアンドロマンス」やCDが全て販売されていました。

待ち時間

終了後、スマホのバッテリーが50だったのと、まったく食事をとっていなかったので、急遽マクドナルド
に突入してACコンセントを探しましたが、10席ほどの対応席が満員でした。
でも通路の柱にあいているコンセントがあったのでなんとか30分程度で50から70に
復旧しました。

SSAに帰ってくると、まだ長蛇の列が続いていました。

この後、twitterでお世話になっている人に連絡して合流しました。
この人は、代々木の時代から応援している方で、一緒に話をしているだけで
ほんとうに有意義な時間を過ごせることができました。

開演前

Aゲートの200レベルなので、Aゲートに並んでいると、開演時間が90分押し
になっているとのことで、寒風吹きすさぶ中、みなさん静かに並んでいました。

周りを見ていると、今回関係者ゲートが用意されていました。
ネットでももクロ芸人として検索すれば出てくるひとは全員私の前を
通って関係者ゲートに消えていきました。

一番印象に残ったのは金田さん。マスクで帽子なんですが、ビビりすぎていて
笑ってしまいましたww

「ビビってねーーーし!!」

ていったかどうかはあなた次第!さあやでーす!!

入場、開演

で入場すると既に開演されており、信じられなかった。

舞台の対面に実況ブースが用意されており、バナナマンと川上マネが
陣取っていました。

でモニターに映し出されるももクロの演出を観て突っ込みを入れていました。

だから大局的には

「川上マネ+ももクロ+佐々木演出(ボケ)×バナナマン+川上マネ」

といった様相でした。

川上マネは自作自演ですねww

佐々木さんがバラエティ班の要素があるのはこういうところに出てきますね。
ボケと突っ込み。。
あとシーンチェンジがコロッと一転して変わります。
これもテレビの方法と似ていますね。

あとプロレス畑の人なので、グレートクローバー、
実況席、暴力的な言葉、入場者コール、悪役と善玉的な
感じが多々盛り込まれていました。

現在は旧全日本プロレスの流れが拡大していて、
暴力的な言葉は少なくなってきていますが、
昔のプロレスは新日本プロレスを筆頭に
そういう色合いが濃かったですね。
佐々木さんはそういう時代に関わっていたらしい
んでそうなっちゃうんだと思います。

で、去年のももクリはミライボウルが発表されたので、
今回も、同じ時期に出る新曲の発表がされました。

ももクリはこれからのももクロを展示するイベントなので、
過去よりも未来を主体とした演出がされていました。

マジックはサンタさんのPVの流れでどうせなら単独でやろうと
高城さんのやる気をかって入れた演出だと思います。

プロレスはさいたまスーパーアリーナだからという理由で導入
した為、とくに重要なものではないと思います。
最大の理由はまあスタッフ陣の昔取った杵柄だと思いますww

詳しい内容はこちらでお好きなものをご覧ください。
しかし次第に検索抽出量が増殖してきてるなあ。

終演後

横浜Blitzで先に出場して出迎えに会えず、出口が混んでいてと
良いことがなかったんで、今回はずっと座席に座っていました。

下を見ると、実況ブースにまだバナナマンと川上さんがいました。

モノノフが集まって拍手して、ワーキャーいっているので設楽さんが周りに
手を振り応えはじめました!
だから、思わず
「バナナマーン!!!」
と叫んで拍手と共に気持ちを伝えました。

で最後に会場を撮影して帰宅しました。

もう時間は23時でした。

総括

こんなに遠くから小さいももクロを観ても、激しいダンスが売りのももクロの魅力が伝わらない。
という理由もわかります。

しかし、冷静に考えて、ももクノ2のチケットの件があるので、
限られたファンがまじかで楽しめるのと、多くのファンが小さいももクロ
を楽しめるのと、どちらを取るか、考えたら、私は後者を取りますねえ。

ももクロを通してファンにもうあんな憔悴感、挫折感を2度と味あわせては
いけないと思ったからです。

でも今回、サイも振らず、声も出さずに地蔵で舞台を凝視したらダンスのダイナミズム
を感じられるんじゃないかと何回か努力してみたんですが、冒頭にももクロのCG演出があった
こともあり、舞台上のももクロが本物かどうか分からないくらいの大きさで、5ケタの大会場
でももクロを観ると、こういうものなのかとがっかりしました。

ももクノのももクロちゃんがライブでのパフォーマンス集団としてのももクロのちからが
最大限に発揮される環境だと思いますから、あれを感じてしまったら、今回や
極楽門、横浜アリーナなんてやはり行くきが無くなります。。

あとはももクロが歌っている時に平気で掛け声をするんですが、そういう価値観の違いにも
次第に気持ち悪くなってきたのもあるしね。。

検索したらヲタ芸禁止やサイリウム、光物禁止等、最近次第にそういった傾向に
なりつつあるみたいですね。
基本的に演者の技量が上がるほど禁止になります。

Perfumeは初期以外、退屈であまり興味ないですが、光物禁止ということで
さすがだなと思いますね。
自信の表れでしょう。

私も最近ももクロの歌唱力やその他のパフォーマンス力が上がるにつれて
ももクロ自体を楽しみたいと感じるようになってきたので、ヲタ芸禁止、サイリウム
禁止を理解できるようになってきました。

自分と客の間を直接つなぎたい、変なもので邪魔をされたくないということでしょう。

自信がないと言えることではないですね。

今まで客が実力不足をフォローしていたけど、それを無くしてくれと
自分で言うんですから。

私もある程度賛成ですね。特にヲタ芸は今のももクロには必要ないと思います。
彼女たちの邪魔なだけだと思います。


後藤真希さんの光物禁止ライブ映像です。
私はこっちの方が今のももクロには合っていると思いますね。

あとサイリウム禁止ですが、サイリウムありきで構築していた佐々木さんのイメージ
からサイリウム部分が無くなるので、ライティングシステムを強化しないと
いけなくなります。

演出や音響に凝れば凝るほど、入場料は高くなります。

しかし、ももクロには例えば10000円の入場料を設定しても、それを
上回る内容を提供できるかといったらそこまでの信頼感は無い。

PerfumeはSSAの料金は6000円ですね。
ももクロみたいにいろんなギミック的な演出はないのに
スタジアムモードで満員になる。

そうすると、佐々木さんのギミック的な部分は2の次で考えて、
音響装置、(これからサイリウム禁止にした場合は、ライティングも)
に資金を大目に回しても良かったんじゃないかと思う。

とにかくももクロの音響は気持ち良かった試しがないから。

新年だから、来年は音楽の基本的な部分の音質に重点を置き、
システムを再構築したほうがいいと思う。

宮本さん、佐々木敦さん、こぶたさん、他、こだわりの音楽スタッフが
とかく、センスを重要視し、楽曲選び、創作に苦労しているのに、
それが額面通りにライブで反映されていないというのは、これから
よりファンが拡大し、キャパも拡大していくももクロなのに、
最大の欠点だと思う。

本当は額面以上のものを伝えないといけないんだからね。。

しかしそれは主催のみが努力しても不可能で、まずはヲタ芸禁止でノイズを排除
しないことにはいくら音響設備を強化しても無駄骨に終わるだろうと思う。

やはり、寂しいようだがヲタ芸禁止の時期に来ているのかも知れない。
しかしそれはももクロちゃんが成長した証しでもあるんだよね。

難しいです。