カテゴリー別アーカイブ: 特番

2016年8月28日、27時間テレビ、24時間テレビのオワコン感を明確に感じた日でした。

標準

NHKが継続的に運動している障がい者、高齢者支援の為に行っている現場の
レポートや携わっている方々へのサポート活動を、
下世話に日本テレビが1日限りで多額な出演者へのギャラや製作費
という矛盾を初回に欽ちゃんに指摘されたにも関わらず、
一般の人から募金を募るというテーマで始めた24時間テレビ。

当初は障がい者や高齢者の方々が主役の純粋な番組だったが、
次第にタレントがはばをきかせるようになってきて、
最近では現場の障がい者や高齢者よりも、そこに訪れたタレントが、
名前を売る番組になってしまいました。
しまいには無関係のタレントがマラソンをしてその放送に
最も時間を費やすという、わけがわからない番組に
なりさがってしまいました。

スポンサーについても、ただ視聴率を無視してボランティアで
テレビ局に金を払うならば、直接現場に働きかけて支援したほうが
よっぽど自分にとっても相手にとっても効果的なので、
そこからテレビ局が中間マージンを搾取するならば、
広告宣伝効果をあげてもらわないとタレントとテレビ局への
ボランティアになりかねないので、視聴率をある程度は
稼いでもらわないといけないので次第に視聴率が下がる
深夜帯にはお笑い企画を持ってきていたのですが、
コンプライアンスの関係で番組の主旨からして
ネタへの縛りがきつい為に、徐々にやれることに限りが
出てきて、今回は過去最低レベルの中途半端な
笑えない内容になってしまいました。

これは24時間テレビだけの問題なのかと考え直しました。

対するパクリ側のフジテレビのFNS27時間テレビ。

こちらも、昔はサーロインステーキを深夜に食っている
かのような、身体に悪いけど気持ちよい感覚があって
つまらない日常を生き抜くための活力になりえていたんだが、
最近徐々に毒にも薬にもならない、野菜を真空パックしたかのような
無菌状態の内容に変わってきて、面白みが感じられなく
なってきて、そしてそれは他の時間帯にも影響を
及ぼし始めて、遂には今年全編真空パック番組に
なり下がってしまいました。

 昔は番組制作に多大な製作費がかかっていた
ので、24時間や27時間テレビという構成の番組はそれだけで
大変なインパクトがあって、その意気込みを信頼して内容は
関係なしに観る人が多かったのですが、

最近はまずustreamで誰でも24時間テレビができる時代です。

例として挙げると、ももクロが数年前CSテレ朝チャンネル
で24時間テレビをやりました。

その数年後、指原莉乃が単独で同じくCSテレ朝チャンネルで
24時間テレビを実行しました。

そしてももクロが2回目の24時間テレビをustreamで実行し、
過去最高記録を達成しました。

そして現在、誰でも好きな時間ネットで生放送、生配信が出来る時代
になりました。

日本テレビは昔、ウルトラクイズという企画が絶好調だったが、
海外旅行に気軽にだれでも行ける時代に移り変わっていくと、
新鮮味が無くなり、淘汰されてしまったという苦い経験があります。

そうです。似てますよね。状況が。。

昔はテレビは茶の間にあり、夜は子供は観れなかったので
大人向けのものを流していましたが、現在は一人一台で、
好きな時に好きな場所で観れるようになりました。

外の世界でもまあ今はコンビニやファーストフード店が
24時間営業しており、同じような状況です。

そうするともう深夜の特権というものがほとんどなくなりつつあり、
昔のやりかたは不可能になりました。

テレビ局は制限がきつい、大勢のスタッフのごり押しタレントで
最大公約数的な企画。日本でしか観れない。

ネットやBSCSでは制限がゆるい、少数のスタッフのセンスと製作費の
バランスを考慮した、最小公倍数的な番組。受信機器があれば世界で観れる。

これ、どちらが面白いかと考えたら、
明らかに後者なんですよね。

あと今はデータもクラウドで分散させて保存する時代ですから、

昔のような他の番組で流行しているものを全て取り入れて
なんでも一か所に集めてしまうような、例を挙げると
めちゃイケやひょうきん族のような古いセンスや構成の番組は淘汰されて、

アメトーークやタモリ倶楽部、ガキの使い、マツコ系の
番組のように、
自分のやりたいことだけに集中してそれを周りを気にせず、
自分の気持ちが続く限り追い求めて行き、
他のセンスで流行している番組についてはその人に
任せて干渉しないという考え方の番組が必要とされている
んじゃないかという気がしましたね。

誰でも名乗り出ればタレントになれる、掃いて捨てるほど
タレントが存在し、趣味趣向も多種多様、ネットサービスも
多種多様、放送局も多種多様な時代ですからね。

24時間テレビや27時間テレビは前者に当てはまるので、
そういう観点からしても今の時代にはそぐわない、
正にオワコン的な構造のコンテンツになってしまった
という気がします。

自分の地位が脅かされるのに臆することなく、
面白いものを提供してくれた吉田正樹氏他、フジテレビの
黄金時代のバラエティ班のスタッフの方々、
初期の24時間テレビのスタッフの方々、

今までいろいろな活力を与えてくれてありがとうございました。

最近、24時間テレビのような画期的な新しいアイデアの
ものが無いので、もう過去の遺物にしがみつかずに、
今のアラフォーの
スタッフの底力で画期的なアイデアの放送や番組
を体験させてくれることを是非期待しています。

スターダストという事務所においては、早見あかりが正道でももクロが邪道なんですよね。

標準

最近、映画「幕が上がる」で本広監督がすっかりももクロさんに
はまり、ももクロさんの結成から現在までのドキュメンタリーを
鋭意撮影中だというんですが、
そういうプロジェクトが動き出すくらいに活発化している
最近の本広監督とももクロのプロジェクト。

そんな訳で、幕が上がる関連で、様々な媒体でももクロさんが
今まで話されることがなかった話を、最近インタビューで多く
披露していて、その中でも今まであまり表で語られることが無かった、

「ももクロのメンバーはスターダストという女優事務所に入るにあたり、
そして所属して活動するにあたり、女優を目指していたのであり、
これっぽっちもアイドルになることなんて考えてもみなかった。。」

という話が聞けることになったわけなんですね。

この展開になることで真っ先に思い出すのは早見あかりさんのこと
なんですよね。

これまでは、ももクロというスターダストの初めての大型
アイドルプロジェクトにおいて、早見あかりさんは、
遅刻の常習、ファンへの対応も最悪、素直に笑顔をつくることが出来ず、
仕方なくクールビューティという肩書を付けてフォローしてもらったりして、
無理やりアイドル活動を継続していたという話があかりさんの
ももクロにおけるエピソードになっておりました。

でも、実は早見あかりさんを含め全員がアイドルなんか目指しておらず、
女優を目指していたということが今回表面化した訳ですよ。

ということは、早見あかりさんの、女優を目指すのでももクロを脱退する
という行動こそ、実は正当な行動で、
逆にももクロを継続している残りの5人が邪道なんだということが
わかったわけですね。。

ももクロヲタ界隈、特に古参であればあるほど、あかりさんは先述の理由から
叩かれていたんですが、今回こういう馴れ初めがクリアになったことで、
あかりさんもももクロもどっちも悪くないということになったわけなので、

あかりさん、ももクロ、ファン、全てにとって最良な結末に時間が導いてくれる
ことになって良かったなと思います。

本広監督のドキュメンタリーを楽しみにしたいと思います。

2015.01.01ももクロ24時間ustream 01.02でんぱ組テレ朝チャンネル7時間SPの内容にがっかりしました。

標準

ももクロ初夢ほぼ24時間SP「一富士二タカさんはなすび♡

こちらは最初の1時間だけトークであとは既出ライブ映像の垂れ流しでした。
そのトークも特に悪い意味で内容がない川上演出のやつなんで
退屈で最悪でしたね。

まあ2年前の私ならば楽しかったんじゃないかと思いますけど、
もうファン歴が長くなってきていてももクロに求める基準が
高くなってきているのもありますから仕方ないですよね。

神春!でんぱ組.inc7時間スペシャル Zepp! 日比谷野音!! 武道館!!! 神ライブの光(オモテ)と影(ウラ)

こちらはzepp、日比谷、武道館のライブをバックステージ映像を
追加して垂れ流しでした。

そして各ライブの最後にコメント映像を追加収録してありました。
コメント内容はまとめると辛かったということでした。

総評とアイドルの長時間特別番組の展望について

私は
バックステージの映像が入って逆に見難くなっていたし、
コメントも特別なことがなくありきたりな内容だったし、
削除しました。

なんかアイドリングしかりももクロしかりでんぱしかり、、
最近のアイドルの長時間SP番組はこういう傾向が強いですね。
ライブ垂れ流しでだらだらトーク入れて終わりと。。

もうももクロの佐々木敦規演出の第一回24時間番組のような濃い内容の
番組はあまり期待しないほうがいいかも知れませんね。

これに比べると指原24時間の内容は今考えるとすごく
内容が濃かったことに気づきました。

指原24時間、ももクロ24時間テレ朝チャンネルが今のところ
ベストですね。良かったら借りて観て下さい。
指原24時間は後半6時間位のみでも結構です。

2014.07.25 ももクロさんはもう立派な5人組の芸人ですね。青山ワンセグ開発 夏の復活祭 エントリー企画紹介編

標準

青山ワンセグ開発 夏の復活祭 ももいろクローバーZ編。

2014.07.24 の本放送をあれだけここで言ったのに本人が
見逃すっていうねw

でもいい時代になったもんで、NHKがなにがなんでも
動画を有料にしてそれが著作権保護という間違った認識から、
youtubeで著作権所持者に収入が見込まれるシステムが構築されつつある
のも大きな理由だと思いますが、文化の継続あってこその
著作権保護というモダンな考え方になり、
番組のアーカイブを公式に配信してくれるようになった
ことで、見逃した内容をしっかりと観れました。

上記5人それぞれのおすすめ作品をPRする動画を配信してくれているんですが、
観ていると、もうももクロのファンという色眼鏡を通さなくても、
普通に面白い5人組として初見のひとでも楽しめるグループに
成長しつつあるんだなあってほんとほんわかした気持ちていうか、、
美味しいものをたくさん食べた後の幸せな感じになりましたよ。

ここには佐々木さんの台本はないと思います。
各自自由に流れを感じとりながらしゃべっていて、
こんだけ場が和んで笑いがおこるんですから、
もうたいしたもんです。

佐々木敦規さんと川上マネを監督に自分たちのライブや番組
を苦労しながら自分たちで演出や振り付けやセリフを
考えながらなるべくできることは自分たちでやるように
頑張ってきたことが現在のこういう今日の番組を盛り上げられる
喋りができるももクロの5人を作り上げてきているんだなって
しみじみ感じます。

佐々木敦規さん、川上さん、ももクロチームのみなさん、
これからも5人をよろしくお願いします。

2013.03.16 23のニッポン放送「吉田尚記 BUZZニッポン」の公開録音にももクロさんが出演記事で気づいたこと。

標準

3月14日、ニッポン放送「吉田尚記 BUZZニッポン」の公開録音イベントに、
ももいろクローバーZが出演しまして、

オードリーに対して、常に心を開かず
猛毒を吐きまくる宿敵、ニッポン放送吉田尚記アナこと

よっぴー

が対談した。

百田さんのおバカネタ、有安さんの画伯ネタや
治療中に気づいたことの話、とまあ安定の
ネタのみの内容だったようです。

しかし、長年のももクロファンにとって印象的な
ことがありました。

それは高城さんと玉井さんが後半よっぴーの
話に飽きだしてwよっぴー似顔絵を猛毒を
注入しながら書き出したことですw

2013.03.14ニッポン放送「吉田尚記 BUZZニッポン」の公開録音イベント

2013.03.14ニッポン放送「吉田尚記 BUZZニッポン」の公開録音イベント2

さすがナタリーは気づいてますw
玉井さんと高城さんのおなじみのタッチですねw

特に玉井さんはす~~~ぐ飽きてきますw
飽きっぽいんですよねw

先日の福祉大相撲の時も、自分の仕事が
終わると、足をぶ~らぶらしはじめて
コアファン達はみんなハラハラしましたw

皆様、高城、玉井はすぐ飽きますので、
注意、、いや、気づいたらま~た飽きてやがるw
と笑ってやって下さいねw

女祭り2012、男祭り2012、ももいろクリスマス2012のスカパー2時間番組の放送日がようやく決定です。

標準

2013.02.02
BSスカパースカチャン5 22:00-00:00
女祭り2012

2013.02.09
BSスカパースカチャン5 22:00-00:00
男祭り2012

2013.02.26
テレ朝チャンネル 20:55-23:00
ももいろクリスマス2012 day1

2013.02.27
テレ朝チャンネル 20:55-23:00
ももいろクリスマス2012 day2


てことで、まあNHKは初心者にわかりやすい
内容に作って余興で観てもらって、

ファンの本命はこちらですね。

いつもの2時間ですから、
極力MCを外した曲を繋げた
内容ですね。

放送で回収、販売で回収って感じでしょう。
または放送で引き付け、販売で売るっていうこと
でしょうかね。

男祭りと女祭りはタイムラグ3か月。
ももクリ2012はなんと2か月w

twitterで敦規さんのコメント読んでると
ぎりぎりまで編集しているようですから
まだ完成しておらず、放送日数日前
に完成するものと思われます。。

もしかしたらこれから編集ていう感覚に
近いかもです。

敦規さん、おからだを大切にして下さいね。
片岡飛鳥さんのようにIMAGICAで編集
終了とともに倒れるなんてことの起こらないよう
に。。

ももクロさんがまた地下に潜ってしまいかねない
ので。。

しかし、
2012年は男祭りもももクリも落選しましたから
なんか初めてフルで観れそうです。
参加してるとどうしてもフルで見る気力が湧かない
んですよね。

2月はblu-rayの予約も始まりそうですので楽しみです。

2013.01.23 ももクロさん出演!笑ってコラえて!世界の年越し2時間スペシャル

標準

「海外宝くじ当選に長瀬・ももクロが大騒ぎ!」

とのことですね。

しかしひっさしぶりだわ。。ほんとにねえ。

2012.12.31ももクロさん紅白初出演内容解説

標準

まず、

細川たかしの浪花節だよ人生は

に乗って細川たかしの前に5人で陣取り、
さらに花柳社中のみなさんを5色に分けて
後ろに並ばせてパフォーマンス。

たかし~~~~っ↑↑
たかし

等ペンライトを振りながらサポート。

状況をわかりやすく言うと
ももクロさん自体がモノノフと化して
自分たちがいつもやってもらっている
応援をたかしに向ってやっている状況でした。

そして、ももクロさんの本編。

数十人のモノノフさんがコールを送る中、
サラバで登場し、1番のみを歌うと
即着替えて、紅白バージョンの怪盗少女
というか、Z伝説に近い衣装にチェンジ。
胸にはザクの目玉のようなライトを仕込ませ
スイッチを入れて光らせた。

間奏が無い2番を歌い、最後に
れにかなこあかりしおりあやかももか
というバージョンの歌詞を仕込ませて
終了でした。

まあ終わってみるとあっという間でしたねえ。。

私のこのブログは平等、冷静が売りですから、
言わなければいけないのですが、
僕としては次のTOKIOの方が面白かった
のが皮肉でしたね。

ももクロさんと違い、なにも派手なことはやっていないのに、
演奏力とバンド力で心に響いてしまいました。

もっとパフォーマンス力を成長させないと
いけないと思いました。

ももクロさん応援しています。

2012.12.31ももクロさんの番組は紅白だけじゃないですから気を付けて。

標準

17時 NHK
しあわせニュース大賞

19時15分 NHK
第63回紅白歌合戦

15人目
細川たかしのバックダンサーで出演、
最後にZコール。。

24人目
第二部頭で怪盗とサラバで出演。

で元日8時にustreamで重大発表。

っていう感じですね。