カテゴリー別アーカイブ: 坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT

FODのTIFコンテンツの有用性とTIFの映像権利の最も良いあり方について。

標準

最近、フジテレビNEXTのフォーク村他一連のももクロさんときくちさんの
コンテンツに飽きてきたのと、
F1もブンデスリーガもDAZNで観れるのも重なって解約しました。

しかしベース有吉は継続視聴したいのでフジテレビオンデマンドFOD
に変更しました。

TIFは昔はフジテレビNEXTのメインコンテンツでした。

しかし昨年あたりから割り当て時間が激減し、
2017年から完全にFODに移動する形になりました。

初めてFOD有料会員になって感じたことを書きます。

TIFコンテンツは糞でした。

コンテンツの区分けがステージ別と総集編に分かれている
んですが、両方とも同じなんです。

あーりんなんかSHIPステージのやつで2曲観れるんですが、
他の総集編収録内容もそこから切り取った内容なんです。

あとnanoRiderですが、1曲しか観れません。
KOTOちゃんも同様です。
しかも1曲だけなのに終盤さらに途中でカットしている
ものが多いんです。

こんなの作って誰が得するんでしょうか。
全関係者いっさい得しないと思います。

TIF2017放送予定

2017年もFODがメイン配信元になる予定です。

配信本数は同じですが出演者が増えています。

そうです。

よりアーチストの収録時間が短縮化されるのは確実です。

ちなみにスターダストが夏Sという業界最大の
アイドルフェスティバルの実行を発表しました。

その元になっている俺の藤井というイベントは全て収録された
映像が発売されています。

だから多分TIFよりはきちっとした形でアーカイブ化して
くれると思います。

ちなみにFODのTIFの編集された映像観ていても何にも
感じません。

こういうライブ映像って歌唱時間以外
の大会への思いや意気込みを熱く語るシーンも大切なのに、
それのカットは大目にみたとしても、
楽曲はおろか、さらに雀の涙程度に収録した1曲の内容に対しても
編集のメスを入れてしまったらなにも伝わりませんよね。。

TIF側がやる気がないならアーチスト側に自分たちが出演した部分
だけは発売する権利を与えてやって欲しいと思います。

 

広告

2016.05.19ももいろフォーク村横山克ゲスト出演回が熱かった。

標準

20160519ももいろフォーク村横山克

横山克さんはももクロのファンになってからずっと期待を
裏切ったことが無いアーチストなんですが、
一度もお姿を確認したことが無かった。

鳥山明と同じですねw

作品クオリティーが下がっているのに頭がおかしい
からかテレビにとにかく出たがる健一と真逆ですね。。

今回なにげなくいつものように私好みじゃない
坂崎系の楽曲ばかりなので聴き流しながら観ていたら、
横山さんていう声が聞こえたので、
「え?横山?」
ももクロで横山と言ったら横山克さんだけどまさかと
思って画面を確認したらそのまさかの横山克さんでびっくり
しまして。。

20160519ももいろフォーク村

生でピアノを演奏しながらダウンタウンももクロバンドが
演奏を支えて横山作品を披露していました。

私はDNA狂詩曲が聴きたかったですけどね。

で演奏方法がですね、、坂本龍一のようなクールな感じじゃなくて
感情を表に出して熱く演奏している姿に、ももクロの激しい
パフォーマンスが完璧に融合して本当に素晴らしい
内容でした。

で演奏が終わった後のコメントが最高でして。。

「ライブ、生で演奏するのって最高ですね!」

ここから想像できるのは、やはり楽曲を支えている
人達ってやっぱり表に出ることが無く、
引きこもった状態で裏で支えているんだなって
いうことですね。

ハロプロ担当の大久保薫さんとか鈴木さんとか
もそれが普通なんでしょうね。

でも実際横山さんのようにライブで演奏させると
本当はすごい実力者なんだなって。

これからこういう演出をどんどん増やしていって
欲しいなって強く思いました。

ももいろフォーク村もTIFも制作が音組だっていうことは、、

標準

ももクロは間接的にTIFに出ているといっても
過言じゃないんじゃないかって思います。

ていうか、

ももいろフォーク村はTIFのアップグレード版て感じじゃないかと。

これって金積んでも無理だから、きくちさんはそういうのでは動かない
から、AKBや電通がどうこうできない感じで、
ももクロさんときくち音組が心で繋がっているからこそ
実現している気がしますよね。

もし他のアイドルが対抗しようとしてきくちさんに
擦り寄ってもむりだと思いますね。

AKBが組織内でいろいろぐだぐだ低レベルの争い
をやってファンやメンバーをだまして、
AKBの敵はAKBだとか盲目的なことを言わされ、
外の世界を知らないファンからあぶく銭稼いでいる間に、

ももクロさんはアメーバのように組織を超え、
外に飛び出し、情報社会のクラウド環境と同様、
外部の様々なクラウドたちと引き付き合って
見えないところで心で繋がりあい
AKBGを覆い囲んでいくように、ドーナツ型に
大きく成長していっている。

今日、2016.02.06、ももいろフォーク村を観ていて、
坂崎さんのきくちと呼ぶ声と
毎回様々なゲストが登場して
ももクロと仲良くなっている流れ、
バックで真剣に演奏を支える武部さん
とももクロバンドという家族のような
世界を肌で感じて、
そう思えて仕方がございませんでした。

ももクロさんはロック的なつながり方、
AKBは昭和のバブル時代の芸能界の繋がり方、

AKBは国家主体の軍隊、
ももクロは非国家主体組織、
そんな気がしたひと時でした。