カテゴリー別アーカイブ: ウレロ☆未完成少女

2016.02.17 こぶしファクトリー チョット愚直に!猪突猛進 健一最近良くなってきましたね。(と思ったら健一やりやがった。。

標準

一時作品の構造をひねり倒して自分を見失っていた
ヒャダインこと
前山田健一こと健一。

才能がある作詞の仕事は灰とダイアモンドを始め、
普通に仕事があったんですが、曲は以前の怪盗から
猛烈のようなチャカポコ路線の時代遅れのまま
成長が感じられなかった健一。

だからさすがに最前線では編曲の仕事はまだ
任されない感じですけど、作詞と作曲は
徐々に信頼を得られるようになってきたようですね。

このこぶしファクトリーの曲

はまさかと思ったら
健一で、音響処理が抜群だったんで、まさかこんな
落ち着いた仕事を出来るように技術が向上したかと
思ったら、

チョット愚直に!猪突猛進

そこはさすがに健一じゃなくて
ハロプロ御用達の鈴木俊介師匠でございましたwww

これ多分編曲も健一がやったんだろうけど、
猛烈やUFIの頃の子供みたいな音響処理しか
出来てないから採用は見送られたんじゃないかと思います。。

健一、もし編曲も今後やっていきたいと思っているなら、
そろそろ大人になってさ、
音響処理について勉強し直した方がいいと思うよ。

でもこの曲は久々に良かったです!
がんばれ健一!

追記:

このサビのメロディライン、どっかで聴いたことあるなって
思ったらやはり健一のお約束のメロディラインでした。

これ健一作詞作曲編曲のウレロ未完成少女の初テーマ曲
ですが、まんまです。
で、しかしこれで終わりませんよ。
実は健一はハロプロマニアなんで、
このメロディライン、本当はハロプロの定番
だったのをパクっていたわけです。

モベキマス もしも、、

もうすぐハッピーバースデー カントリーガールズに石川梨華

と、まあ楽曲派をなめんなおって感じでw
付け加えさせていただきました。

広告

UFIの未確認ラジオ やっとメンバーが偽者の5人から本物のももクロ5人になりました。

標準

テレビの連動企画で番組開始当初からサービスしている
無料企画ですが、
これまでは百田、玉井、佐々木、あいな、外人
だったんですが、今回から
百田、玉井、佐々木、有安、高城
というフルメンバーになりました。

佐久間プロデューサーの漏れ声も健在ですw

内容が5人それぞれの企画ができて
大変濃くなり、時間も長くなりました。

しかしこの番組、アドリブと演技が程よいバランス
で調和されていて疲れないし深夜でも楽に
観れますね。

これからも愛していきたいと思っております。

オークラさん他作家陣のかた、
制作スタッフの方に一言。

注意点としては、疲れるので真面目になり過ぎないように
して下さい。

期待しております。

2012.08.25 ウレロ☆未完成少女 UFi、ベター is the Best、良い作品だが前山田氏の作品クオリティは低下するばかりです。

標準

未確認少女隊UFiの時は新曲と
ライブの実現というのが最終目標
でしたが、
今回の未完成少女は、先日の冠番組の実現や
その他の企画が第一目標としてあって、新曲というのは、
目標ではなくお約束になっているので、
デタラメなセリフ構成になっている回のときは
新曲のPVの前振りだと感じるようになり、
ヘビーなファンの人は最初の段階で
こりゃあ新曲の歌詞の前振りだなって
感じちゃったんじゃないかと思いますねw

ぼくもその1人で、案の定でして、
そんな自分にニヤついてしまいましたw

ベター is the Best
未確認少女隊UFI(ももいろクローバーZ).
作詞・作曲 / 角田晃広
(実際は作詞作曲編曲前山田)

作詞作曲角田とありましたが、
web上では前山田作詞作曲編曲とあり、さらに
角田氏はギター奏者なのに、あまり工夫されていない
いじられていない独自性がない音色の電子音ばかりなので、
完全に前山田の音でそれが嘘だとわかりました。

私がここでずいぶん前に前山田氏は無理に変なコード
展開をしないで、自分の心に素直になって普通のやつ
も作って欲しいと言ったんですが、それが今回の曲だと
感じました。

しかしAKBのパクリなんてしないで素直にオリジナル
の素直な曲を作りゃあいいもんを、まだ素直になりきって
ないですね。

AKBのパクリなんて必要ないじゃないですか。
普通に自分の曲をつくればいいじゃないですか。。。

前山田さんて、よほど普通の曲をつくるのが恥ずかしい
んだね。

芸人さんも若いときはとんがっていて独りよがりで笑いが小さい
けど、成長と共にコミュニティが大きくなっていき、周りを巻き込む
大きい笑いが可能になってくるもんだし、

だから同じく前山田さんも現在は独りよがりの小さい曲
ばかりなんだけど、それは仕方がないことで、
成長と共に、いろいろな人間と関わるようになっていき、
多数の人間とコミュニティを形成し、連携して
大きな作品を生み出せるように成長していく
と思いますので、そう考えると

まあもう少し時間が必要なのかも知れないですね。

すいません本題に戻ります。

また、曲名通り、素人の方でも
最後の部分のメロディなんかを聴けば
わかりますが、もろにAKBのパクリなのが
残念で、そのパクリと感じる部分に来た時に
気持ち悪いものを感じるのが残念なんですが。。

今の私としては、自分の本心とは別の作風
を無理やり創りだしている前山田氏にもう
食傷気味なので、まだ100%素直じゃないですが、、

何倍もこちらのほうが素直に気持ちよく聴けますね。

ももクロさんはいろいろ驚かせるような仕掛けを
繰り出すことで有名ですが、意外と本人やスタッフたちは
素直で、純粋なので、こういう作品の方が
生き生きするんですよね。

前山田さん、メディアに登場するのが好きなのはわかりますが、
そろそろどちらかに重きを置くようにしたほうが良いですよ。

音響、骨組み両方ともクオリティが少しも向上してないから、
またかって感じで少しも驚かなくなって来ちゃってるんですよね。

真剣に音楽活動に重点を置き直して、楽曲構成、音響、全てに
おいてパワーアップし、再び、我々を感動させてくれる時を
楽しみにしています。