カテゴリー別アーカイブ: 2015.1.11 「ふじいとヨメの七日間戦争」俺のザ・ベストテン

2015.1.11 「ふじいとヨメの七日間戦争」俺のザ・ベストテン 指原HKTに対するスターダスト芸能3部の回答でしたねw

標準

まず経緯としまして、

ももクロチームが2011年のももクリで仕掛けた、
怪盗少女で中央の丸ステージ、でべそステージ
の下からマーティー・フリードマンがせり上がってきてギター演奏を披露
した演出からはや幾月。。

スターダスト芸能3部研究に勤しんでいる指原氏がまずゆび祭りにて
ももクロとエビ中をオファーすることで尊敬の念を表現し、
その流れでついに2014.4.5 HKT48さいたまスーパーアリーナ単独コンサート
『AKB48グループ 春コン in さいたまスーパーアリーナ~
思い出は全部ここに捨てていけ~』にて2011年のももクリの
マーティ・フリードマンの中央からせり上がってくる演出や、
トロッコでSSAの会場を練り歩く演出も丸パクリし、
さらにその魂を強く表明した流れがあった。

そしてそれらをチェックしていたスターダスト芸能3部が
指原HKTが勝手にやってるんだから良いと思ったことは
こっちもやっちゃえってことで、指原HKTが2014年初頭の
ライブで企画したアナログタロウ氏とザ・ベストテンの
演出のセットを、それのみで2時間強のイベントを成立させるよう
な内容の濃いものにブラッシュアップして作りこんできた。

秋元康ができる演出は佐々木敦規もみなおか繋がりでできるんだぞって感じw

HKTは全体のライブのスポット企画として数十分ぶっこんだ。
またそれはHKTのメンバーしか出演せず、秋元康の時代のおニャン子
がいた80年代のアイドルしか取り上げなかったのに対し、

スターダスト芸能3部は2時間30分、
そして取り上げるのも榊原郁恵から松本明子まで
(中山秀征氏と古屋マネが仲が良いので松本明子も
繋がってる気がします)、
そして清水ミチコ(ももクロとドラマで共演)
の全力のものまねの常識を超えたパフォーマンス、.
佐々木敦規氏が大好きなモノマネというパフォーマンス、
そしてAKBGがリクエストアワーでやっている投票制という制度
もミックスして作り上げてきた。

リクエストアワー+指原HKTのベストテン企画+アナログタロウ+
AKB紅白のゲスト制度ー秋元康+佐々木敦規+川上アキラ

=ふじいの俺のザ・ベストテン

と感じましたということで〆させていただきます。

さあAKBG陣営はふじいの一連の企画をどう受け取ってどう料理
してくるんでしょうか。

楽しみですねw

広告