カテゴリー別アーカイブ: 2016.05.01 たこやきレインボーzepp Divercity単独公演

2016.11.05チームしゃちほこ2016日本武道館が放送されましたが、、

標準

チームしゃちほこ しゃちサマ2016~真夏のPOWERBALL at 日本武道館~

ももクロを超える勢いとかいろいろ言われていたんですが、
蓋を開けてみると、、、うーん、

なんだろう、

PS3とPS4の違い、blu-rayとDVDの違い、
1080pと720pの画質の違いと言いますか、

なんかももクロにフィルターをかけたようなぼやけた
イメージでした。

数曲スタダのイベントで披露する分には勢いも感じられた
んですが、長時間になると、トークもいまいちだし、
楽曲もいまひとつ跳ねてないっていうか、
同じような雰囲気の楽曲、同じような歌い方の
ものばかりで、、

で私の感覚がおかしいのかと思って2012年のももクロのパノラマ地獄
を観返したんですが、、

そしたらどこが足りないのかわかりました。

1.
まず、ももクロは佐々木敦規の格闘技系の演出がやっぱ
すごい刺激的な雰囲気を創り出しているなと思いました。
私は普通に惰性で観ていたんですが、こうして他のグループと
比較するとももクロの勢いを増長させていたんだなって
改めて感じました。
ちなみに2012年当時の話で、敦規の我が出過ぎてしまっている
今の話ではないですよ。

2.あとは、5人のオリジナリティ抜群のシンプルでキャッチーな自己紹介やトーク力。

3.客と自分たちの間の壁を感じさせないコミュニケーション力。

4.あとは先ほども言いましたがいろいろな状況に対する対応力
が備わっているカラフルな楽曲群。

5.あとメンバーの表現力。

どんな状況でも変わらない退屈なしゃちほこに対し、
数秒単位で顔の表情や感情、身体の動作がコロコロ変化するももクロの5人。

これらが2016年の時点でのももクロとチームしゃちほこ
のパワーの差となって表れているんじゃないかと思いましたね。

ちなみに2016年10月の中野で観たたこ焼きレインボーは、人間的には
一番ももクロの雰囲気を感じていたんですが、12月発売の
前山田健一監修のアルバムで楽曲的にも近づいた
雰囲気を感じたので、そういうのもあって、しゃちには余計
がっかりしました。

ただし、たこ虹はヲタの質が最悪でアンコールの時
中野サンプラザの後方で3分の一程度の人しか
アンコールを叫んでいなかったので、たこやきレインボー
の情熱を仇で返しているヲタの質にはがっかりしましたね。。

しかしアンコールしてないのにあいつらよくもまあ
アンコールの楽曲をアンコールした雰囲気で
恥かしげもなく聴いてられるもんだよな。

たこやきレインボーチームの方、
アンコールが少ないときはアンコールで出てこなくても
いいですからね。

まあでもこれ少し前のダイバーシティのたこ虹の時も同じ状態だったんで、
ヲタの質が向上する日が来るのかどうか、
私は少なければ少ないほど熱くなるたちなので、
ユトリヲタが言わなければ言わないで私の声がこだまして
記録として残っていくのでそれはそれで嬉しいんですけどね。

中途半端になりましたが、
しゃちほこチームもっと熱くなれ!そんなんじゃ
後輩に追い抜かれるぞと警告して
閉めさせていただきます。

広告

2016.10.30たこやきレインボーワンマンFC先行当選状況

標準

たこやきレインボーワンマンライブ
「なにわンダーランド2016」

【東京公演】
日程:2016年10月30日(日)@中野サンプラザ
時間:開場16:00/開演17:00

FC先行は7月30日に当落が出ました。

座席は27列目でまあまあの場所でした。

しゃちほこの武道館

しゃちほこ武道館

も検討したんですが、
スタダはFC以外は糞席安定なので、FC未入会の
私の場合は

チームしゃちほこFC

5200円追加でかかるので今回は挫折しました。

たこやきレインボー(以下たこ虹)はまだFCが無料なので参加できています。

この前のzepp divercityと今回と特に悪い席、悪い番号ではなかったので
歌とダンスをダイレクトに感じたい私にとっては、
アリーナ、大ホール系のももクロ、エビ中、しゃちほこよりは何倍も気持ちよく
楽しめていて満足しています。

ほんとは中野サンプラザも今回よりも後方になると辛い部分がある
ので心配だったんですが、まだそこまでFC枠が多くないようで
ホッとしました。

ハロプロはバンド出身のつんくさんがライブハウスの価値をわかっているので、
名前が大きくなってもライブハウスでやるので特に
離れることは無いんですが、スタダはテレビ出身スタッフが中心なので、
ライブハウスの価値を解っていないスタッフがほとんどだから、
定期的にライブハウスでやる計画性が無く、ハロプロとは逆に
急に自分たちの為ということじゃなく、ファンサービス的な考えでやりだしたり、
1年以上離れたりとむらがあるので、そこが心配です。

まあドルトムントやアーセナルのように、大きくなったら別のファンに受け渡し、
また将来性のある若手を探し出してそれを成長させて、大きくなったら
また受け渡すといった感じで、楽しんでいきたいと思っています。

2016.05.01 たこやきレインボーZepp ダイバーシティ東京単独公演現場詳細

標準

初めてだったので一応行き方を。

東京テレポートからzepp東京とかビーナスフォート、
青海駅に行く感じで東に進むと、ビーナスフォート
前のエスカレーターの手前から右に陸橋と繋がった
遊歩道があるのでそこを右にまっすぐ行きます。

しばらくするとガンダムがあって、もう少し行くと
角に入り口があります。

もし間違ってフジテレビ方面からダイバーシティ東京プラザ
内に入ってしまった場合は、建物を最西に進み切ると
到着します。繋がっているのでご心配なく。

開場30分前に到着すると、物販は既に終了していました。

待機列は入り口左横になります。

今回は200人づつ並びました。

30番辺りまでは慎重に呼び出して、あとは5~10番程度
の枠で呼び出していました。

ドリンク代を払うとコインと交換になり、
入り口右のカウンターで交換します。

今回は、紙コップだったのと、場所取り優先にしたのでゴミがめんどくさい
ので交換しませんでしたが、終演後でも交換可能でした。

ここは前から最前が少し広く、柵、その半分程度のスペースがあって、
また柵といった感じでした。

今回は190番前後だったのですが、中央に出べそ、まあHKT48劇場形式っていうんですかね、
古くはストリップ劇場方式ですかね、
て感じだったので、最前のスペースは中央はもう満杯で左右側面に空きが
ある感じだったので、私はリスニング環境優先なので
最前スペース後ろの最初の柵は中央が先客がいたので、
そのまた後ろの柵の中央にしました。

今回の現場で感じたたこ虹ちゃんのざっとなイメージですが、

つかたこレインボーロードでみせているトークやお笑い能力
というのは改めて再確認させていただきました。

あとは、私は高城れに推しなので紫といきたいところなんですが、
たこ虹はそういう繋がりは無く、なぜか青のまいまいこと
春名真依さんが高城れに精神を継承しているので
まいまい推しとなりました。

しかし、ダンスやトーク、お笑いセンスでまだあまり高城の感じは
出していないので、伸びしろを考慮して推しております。

もし現時点でその能力が感じられる人を挙げるとなると、

まいまいよりピンクの彩木咲良さんだと思います。

一応たこ虹は紫のくーちゃんこと堀くるみさんが
まじめでリーダーぽいのでトークも引っ張っていくときが
多い訳です。

くーちゃんはマネージャーに売り物が無いなら
得意な歌唱力をさらに努力しろと言われて鍛えているおかげで
最近は歌い上げるパートが多くなっています。

で、今回、そのくーちゃんと咲良さんのやり取りを見ていて、
ももクロのあーりんをもろにフラッシュバックさせてしまう
シーンがあったんです。

くーちゃんがトークしていると、咲良がよくやるネタが
偶然トーク中に出てきちゃったシーンがあって、

すかさず咲良さんが

腕組みして脚を片一方投げ出す立ち方、これあーりん推しの人は
分かると思うんですが、杏果もやるんですが、それを
小首をかしげながら、馬鹿にしたようににやつきながら
やる奴っていうとあーりんのみになると思うんですけどw、、
それをやりながら、

「それ咲良のパクったでしょwww」

くるみ
「だれが咲良のなんかぱくるかい。
絶対お前のだけはぱくらへんわww」

っていうシーンがあって、
私は顔が確認できない位遠目で観ていたので、まじで咲良さんが
あーりんにみえちゃって、、

「スタダのピンクって血統が濃いーなーーー、、

すげーなーw」

って感動しちゃいました。。

ちなみに話は違いますが、私はハロプロではお笑いセンスから
道重さゆみ、嗣永桃子、浜浦彩乃というこてこてのピンク推しです。

なぜかスタダではお笑いセンスからももクロで高城推しになってしまったので、
紫になりつつありますが、そう考えるとスタダでもピンク
で行くのも面白そうですね。ちょっと考えてみます。

アンコールのときAKBヲタの人が「アンコール行くぞー」というAKB方式で切り出して
しまったので、グダグダになりかけていたのですが、
喉にまだ余裕があったので途中から立て直させていただきました。

スタダはサブカル系が多く、自分の信念をもって応援している人が多いから、
今までも行くぞーって偉そうにいうのは好まれなかったんじゃないかと。
逆にロック系の人が多い気がします。

ももクロでも一回も無かったです。

AKBは普通の人が多く、他人任せな人が多いので、
いくぞー位強く言ったほうが逆にみんながついてきてくれる
ような気がします。

アンコールは1曲だっけな、、

で、ももクロの横浜アリーナのような、ファンに投げかける
感じの意気込みや感想を各自数分づつアドリブで話して
終了でした。

この規模は初めてだったし、一つの目標として目指して
来たから自信がついたと。
これからはさらに大きな規模の場所で出来るようになりたい。
今回のセトリは誰もが楽しめるライブにしたかったから
内容をすべて変えたと。

まあそんな感じでしたね。

今また思い返して特徴的なことを。

パフォーマンス的には可もなく不可もなくって感じでした。
まあ同じ時期のももクロはもっとすごかったですが、
キャリアがももクロデビュー時に既に違っていたので
素人からここまでつくりあげてきたと思うと、

エビ中は人見知りで役者志望、
しゃちは運動神経抜群
たこ虹はお笑いセンス抜群
ももクロは運動神経、お笑いセンス抜群

という感じで成長すればうまくいくんじゃないかと
感じました。

ただ圧倒的にももクロより勝る部分があって、

それは人見知りが少ないのでパフォーマンス中ずっと客席を
なめるように見つめていて、それがいままでのスタダにない
特徴だと思いましたね。

終演後は握手もなにもなく帰りました。