カテゴリー別アーカイブ: インタビュー

つんく『AKBにはなれんけど、 ももクロやったらなれそうだ』秋元康と川上アキラに弟子入りして勉強しなおしてこい!

標準

つんく ももクロについて
2012.09

 「汗と涙の結晶。いい演出をしているな、と思う。
ファンの女の子たちは『AKBにはなれんけど、
ももクロやったらなれそうだ』と。
親戚の子どもがキャッキャッ言っている感じ」

これ、つんく以外の定説は逆だと思うんだが、
つんくは本職なのに、こんな間違った認識をしてる
状態でアイドルビジネスを展開中だとは知らなかった。

これじゃあいつになっても栄光は来ないよ。
だってものごとを見抜く力がないんだから。

正直、初代モーニング娘。だってテレビのレギュラー
とうたばんが無ければ売れてなかったと思うから、
楽曲のみに力入れれば人気が出るという考え方
も間違っているしね。

buono!が売れてないという事実から、
良作を出し続ければ成功するというのは
嘘になると思います。

特にフジテレビ音組のきくちPが、ゆび祭りまで
全くBuono!っていう存在を知らなかったって
言ってるのを聞いて驚きましたね。

話を戻しましょうw

事実、ももクロはオーディション無いから
いくらすごいやつでも今からは入れないが、
AKBはオーディションを年中開いていて、
スカウトも常時いて、いつでも門戸を開いている。
またそのシステムはAKBというか、秋元康
のアイドルビジネスのポリシーでもある。

つんくってもっと勉強していると思っていたが、
やはり音楽に固執するあまり、社会勉強
を怠っているようですね。

タレントと音楽ビジネスのバランスが良いAKB
タレントより音楽ビジネスが強いハロプロ
タレントビジネスが音楽ビジネスに勝っているももクロ

って感じですね。

ちなみに、、力の入れ具合の強弱という意味なので、
質は関係ありません。

将来性について

AKB   秋元康のアイドルグループ出身者で1人も成功している現役歌手はいない
ハロプロ つんくのアイドルグループ出身者で1人も休まずに成功している
      現役歌手はいない
ももクロ クレイジーキャッツ、ドリフターズ、SMAP、成功例には事欠かない

しかし血のにじむような努力をすればという条件付きですけどね。


原文 スポーツ報知

AKB48「あと5年はイケる」…つんく♂インタビュー

スポーツ報知 9月16日(日)12時3分配信
AKB48「あと5年はイケる」…つんく♂インタビュー
拡大写真
AKB48らアイドルブームの現状について語る、つんく♂

 音楽プロデューサー・つんく♂(43)が、このほど単独インタビューに応じ、
AKB48らアイドルブームの現状を語った。AKB48の“独走”について
「僕が秋元さんやったら『あと5年はイケるな』と思う」と、前田敦子卒業
後の将来を、総合プロデューサー・秋元康氏の立場から予測。
自身が手がけ、デビュー15周年を迎えた「モーニング娘。」については、
楽曲の質で勝負する考えを明かした。

 1998年にデビューし、「国民的アイドルグループ」
の先駆けとして一大ブームをつくった「モーニング娘。」。
15年にわたりプロデュースを続け、シングル全50作がオリコン10位以内
に入る人気をキープし続けてきたつんく♂が、
AKB48の総合プロデューサー・秋元氏の立場から、
“あっちゃん抜き”の将来像を予測した。

 「僕が秋元さんやったら『あと5年はイケるな』と思う。
250人ものアイドルがいて、上(の世代)が卒業していったら、
当分、卒業生たちがお茶の間をにぎわす。その余波と余力で、
最低でも5年は(独走状態が)続きますね」

 モー娘は2000年代前半、AKB48は10年代前半での
アイドル独り勝ち。モー娘は、メンバーの卒業と加入を
繰り返しながら進化するシステムを生んだ。一方で、
AKB48も前田の卒業により、グループの“鮮度を保つ”方向へ
向かっているように見える。

 「(卒業システムは)1つの成功例でしょうね。
ただ、これが正解かどうかは、分からない。
また違う『革命』が起きるのかもしれない」

 つんく♂にとって、秋元氏はライバルというよりもプロデューサーとしての先輩。
秋元氏が構成を手がけたフジテレビ系「夕やけニャンニャン」
(1985~87年)の大ファンだった。

 「秋元さんのことは大好きですよ。これだけ長い間、
この世界でやっていくのは難しい。選挙権を入れて、
CDを『アイテム』にするという発想は、僕はたどりつけなかった。
AKBは時代をつくった。素晴らしいです」

 AKB48の個々のメンバーについては「あまり知らない」というが、
デビュー時は注目の“推しメン”がいたという。

 「初期の頃に『かわいらしいな』と思っていたのが、板野(友美)さん。
色が白く、ハーフっぽい感じがいい。14歳くらいで
ハロー!プロジェクトに来たら、獲っていただろうなと思う」

 AKB48は、女性グループの総売上枚数、
通算首位獲得数などでモー娘の記録を次々と塗り替えた。
CD不況といわれる日本の音楽界を支えるその存在には、感謝している。

 「(AKB48が)いなかったら、日本からCDショップがなくなってしまう。
市場をキープしてくれている、非常にありがたい存在です」

 AKB48以外に注目しているグループが、ももいろクローバーZだ。
初期のモー娘と似た空気を感じている。

 「汗と涙の結晶。いい演出をしているな、と思う。
ファンの女の子たちは『AKBにはなれんけど、
ももクロやったらなれそうだ』と。親戚の子どもがキャッキャッ言っている感じ」

 15周年を迎えたモー娘について「ここまで続くとは考えていなかった」
と明かすが、今後は作曲家として「楽曲の質」で勝負する考えだ。

 「“音楽好き”の中で結果を出しておけば、何かのときにグッと
動かせると思う。僕が今後、芸能界にいられるかどうかの勝負。1曲、大ヒットが出れば…」

 そんなモー娘の将来に、ちょっとした夢を描いている。

 「25周年まで続けば、辻(希美)とか、メンバーの子どもがちょうどいい年齢になる。
『2世モーニング娘。』ができると面白い」

 昨年末、AKB48の本拠地・秋葉原にオープンさせた
アイドル育成カフェ「バックステージpass」にも手応えを感じている。
ボーカリストとしてのシャ乱Q、プロデューサーのモー娘に続く
音楽界の頂点へ、挑み続けている。

 ◆つんく♂ 1968年10月29日、大阪府生まれ。43歳。近大卒。
88年にバンド「シャ乱Q」を結成し、92年シングル「18ヶ月」でデビュー。
94年発売の「シングルベッド」がロングセラー、
「ズルい女」「いいわけ」などヒット。98年、モーニング娘。の
シングル「モーニングコーヒー」で音楽プロデューサーとしてデビュー。
ゲームソフト、お好み焼き店などを手がける総合エンターテインメントプロデューサー。
身長170センチ、体重58キロ。血液型B。

日南響子さん、ももクロ加入を打診されたもののソロ志向を主張し断った過去あり。

標準

雑誌インタビューでも、同じく芸能3部所属で活躍中の「ももいろクローバーZ」への加入を打診されたものの
「ソロでやりたい」
と断ったというエピソードを暴露しており、豪気な精神がうかがえる。

メンズサイゾーより。

wikiに加筆しときました。

3b-jrだったのかなあ。
詳しくききたいですね。

ももクロさんに限っては楽曲提供者(作詞作曲編曲監督)のインタビューに興味が湧かないのはなぜか。

標準

ミュージックマガジン等の音楽専門メディアのももクロさん
特集になると、必ず前山田氏を筆頭に、ももクロさん
以外の関係者のインタビューが行われるのが定番になっているが、
あまり興味が湧かない。

それは以前にも述べたが、日本刀の制作段階
を例に取ると分かりやすいんだが、鋼を鍛錬して刃を出していく
のはももクロさんなんだが、ももクロさん以外が関わっている
鋼を切り出して下地を作る段階のことには興味が湧かないのと
同様なのかも知れない。

例えば私の大好きな電気グルーヴやスチャダラパーの皆さん
等は鋼の制作段階から焼き入れから鞘や柄など
も全て自ら制作しているので、全てに興味がある
んだが、ももクロさんに至っては、
楽曲提供者は鋼を作る段階までしか関わっておらず、
その他を総合的にまとめて完成形に仕上げる
のはももクロさん自身ととゆみ先生なんである。

だから、楽曲提供者のコメントを聞いても
、1パーセントしか仕上がっていない状態
の関係者の意見、まったく核心に関わっていない
人の意見なので、なにも中身がないので
興味が湧かないのである。

例えば、現在オリコン100位の曲がある。
またはもっと極端に言うと、だれかが適当に
唄った鼻歌があるとする。

それをももクロさんとゆみ先生(ダンスの先生)
がダンスと声を入れると多分上位にいくような楽曲
になるくらいの力が現在のももクロさんとゆみ先生
の組み合わせにはあると思う。

24時間テレビの冒頭でやった乙女戦争のライブ
を観た時、乙女戦争嫌いな私が観て面白いと
見直したんですが、その理由を考えると、
やくしまるという名前で不安になり、PVを観てもあまり
好きになれなかった、ももクロさんらしくないへそ曲がり
曲の乙女戦争に、ももクロさんとゆみ先生がダンスと歌声
を入れた瞬間、ももクロさんの作品になってしまうので、
面白く感じてしまったのは当然の結果だったのである。

あと、佐々木演出の重要性を考察すると、
例として、まず私は乙女伝説はやくしまる
氏だと聞いた段階で不安感に包まれ、
佐々木演出の作品であるPVを観た段階
でもそれは拭いきれなくて、24時間テレビの
ライブでパッと目の前が明るくなった経緯があり、
それを考えると、佐々木演出は私は大好きで
重要だと考えているが、楽曲表現を創作する
場合に至っては、ももクロさんとゆみ先生
の関係性と比較すると、あまり重要ではないんじゃないか
と思わざるを得ないんである。

逆に、テレビやライブ等の楽曲以外のももクロさん
の魅力を引き出す場合にはももクロさんと佐々木演出
が最重要要素で、ゆみ先生はあまり関係が
無くなってくるのである。

だからあまり楽曲提供者は重要じゃないのに
自分がももクロの最重要人物って信じている
前山田さんと、マスゴミの方々は浅はかで
かわいそうですね。。

私みたいに24時間ももクロさんを考えるように
すればそれが分かると思いますよ。

2012.06.23 ももクロ爽があらあらかしこに出演し猛毒を吐いていた!

標準

「4年に1度やってくる! がんばれニッポンを押し売り!

私たち、ニッポン大好きアイドルの週末ヒロイン、

ももいろクローバー爽!」

と5人で言い切ったそうですwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いやあほんと前山田とか川上氏とかまじであくまでサポート役で
いち会社員なんだよな。

やっぱこの5人自身が1番創作能力があって一番面白いわ。

http://natalie.mu/music/news/71654

ナタリーのももクロさんの「Fit’s」の新CM撮影の記事が詳しすぎで引くww

標準

http://natalie.mu/music/news/71351

いやいやナタリーさんの底力を感じました。

ももクロさん、佐々木希さん、渡辺直美さんについて
きっちり取材して全て記載してありました。

素晴らしい記事でした。

こんだけ濃い内容にすれば動画なんて
いらないですなw

いや動画よりよくわかりますね。

ありがとうございました。

ももクロさん乙女戦争という新曲4種ジャケットと曲名ustreamで高城さんの熱い気持ちでファンに真っ先に発表!

標準

20120601-041143.jpg

20120601-041157.jpg

20120601-041208.jpg

1.作詞作曲やくしまるえつこ(Tica•α)
編曲近藤昭仁

2.PUSH/作詞:久保田洋司、作曲:大隅知宇
大隅さんといえば
「ミライボウル」(共同作曲)
「CONTRADICTION」(作曲・編曲)
「DNA狂詩曲」(作曲)
という、オーソドックスな歌謡曲
路線のあったかいメロディが特徴の
人ですね。

あとまとめてアニメソングが多い
人達でやくしまる、近藤さんは
スターチャイルド系です。

とすると、ももクロにとって
narasakiさんの起用は
単なる偶然だったみたいだね。

バックグラウンドが似ているのも
あって、ほんと聴いていると心地よく、
作品群も私のDNAに組み込まれ
てしまったかのように思い出すと
口ずさんでいるからなあ。

今前作聴いたらやくしまるさん苦手なタイプだw
椎名林檎とか
前山田さんをさらにこじらせちゃった
ような急激な変調やギターやドラム
を使わないことが新しいと思うような
人達。

こんなのとっくに小山田さんとか
小西康陽さんとかがやり尽くしてる
のになあ。

なんか新曲が不安で仕方ないんだが、
私は離れるのかついて行くのか。

どうなることやら。

以下、
高城さんと川上さんのいわゆる
現場マネージャーとプロジェクト
マネージャーが話しながら、ファンに
説明している感じで書きます。
私の意見はいれてませんので
よろしくですorz


本当は6月1日発表だったのに古屋マネージャー
のミスで新曲の衣装情報が流出しちゃって
こっぴどく俺等怒られたんだよな。

だからファンに申し訳ないので
情報を直接真っ先に流出したい
ということでワンセグ開発生放送
直後の帰りのバス中で高城さんが
お伝えすることになりました。

まず、
M1 タイトルは乙女戦争です!

長い曲で、どこできれば良いのか
分からない不思議な曲です。

高城さんは独特のリズムが脳裏に焼き付いてしまった。

NHKとかじゃ切られそうだけど、
がんばって流れるようにもって
行きたい!

(やはりNHKは曲を切るというのは
ファンも川上マネージャーも
同様の見解をお持ちのようです。)

宮本プロデューサーが出来た時叫んだ
んだよな。(川上)

ももクロの代表曲となるような曲だ。

振りは既についていて、PVは撮影中。

衣装について。

最初ロードウォリアーズを想定して
いたが、ファーストガンダムを観て
いたら、ガンダム方面もミックス
してきてしまった。

タイアップはまだ決まっておらず、
逆に募集中とのこと。

なんでタイアップこねーんだろーな!
すげーいい曲なのになあ!
まあ別にタイアップなんて無くても
構わないけどさ!(川上さんカッコいい
っす( ̄ー ̄))

そしてももクノ。

ポイント多い順に前から並ぶ。
いらないお土産付き。
音も聴こえると思うので遊びに来て
下さい。

ホールツアーについて。

内容は固まりつつあり、今回初めて
ツアーパンフが完成した!

100ページ程度の写真やインタビュー
が満載です。

NHKホール初日から購入可能です。

2012.05.12 NHKBSプレミアム J-MELO ももクロさん出演

標準

J-MELO Music Discovery スペシャル
ゲスト:
 ももいろクローバーZ、SuG、クリープハイプ、
 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
ゲスト・ディスカバラー:片桐舞子(MAY’S)、上妻宏光
Team J-MELO:渡辺香津美、井上ジョー、Kylee

BSプレミアム 5/12(土) 深夜(日曜未明)

1. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」/ももいろクローバーZ
2. FEEL/Kylee
3. Passy Home/渡辺香津美

http://www.nhk.or.jp/j-melo/japanese/broadcast/generaltv.html

吉田尚記アナウンサーってなんでだろww
他局のアナウンサーなのに。
演奏するんでしょうか?
どうしても横浜アリーナでももクロライブに出演したことを
思い出さずにはいられないんですが。。
絡むのかなあ。

ももクロの百田さんが辛かったことと現在の目標を語っていました。

標準

下積み時代、ワゴン車で全国行脚をした。

「機材もあるからリクライニングできなくてずっと体育座り。
脚も伸ばせないのは本当に辛かったです。
車から降りたときは脚がぷるぷるして、
生まれたての子鹿みたいになっていました。。」

「辛かったけど、あの日々があってこそ今があるって思います。
ファンの皆さんの応援もあって乗り越えられて強くなった。
目指すは紅白と東京ドーム!」

このワゴン車のくだりはもう有名な話なんですが、
聞くたびに新事実が発覚していくのでチェックしてます。

今回の話を聞くと、クーラーなしで体育座りでワゴン車に乗って
車のライトで歌い踊っていたってことになりますね。

あと目標が武道館ではなくて東京ドームになっていますね。

舞台でも花道に来てもだれだかわからない、
場所により聴こえ方に差がある、
これじゃ心を込めたパフォーマンスが売りのももクロさん
を額面通りに受け止められないよ。

ドーム以外でお願いします。百田リーダー。

Perfume東京ドームレポート
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20101104/p1

サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0429&f=national_0429_045.shtml

ももクロのLOST CHILDのNARASAKI氏のコメント。

標準

あと2011年の夏ごろに制作した作品で、SAW波(のこぎり波)

のベースはハードではなくソフトウェアシンセだということです。

 

ああいう音が即303だという考えをするのは古い考え方で、

現在では音や音圧ではなく、本体でシーケンスを組み上げて

自動演奏させる際の303独特のクセを利用したいがために

使用することがほとんどで、音自体はソフトウェアシンセでも

あまり変わらなくなっております。