カテゴリー別アーカイブ: 川上アキラ(kwkm)vs前山田健一(ヒャダイン)

桃神祭2015.07.31 前山田健一(ヒャダイン)vs川上アキラ(kwkm)の裏に隠れた熱すぎるメッセージを読み解きます。

標準

演出内容の答え合わせ

清野アナがリングサイド、宮本純之介が解説席、
ケロちゃんがリングアナ、で登場し、
前山田健一が川上アキラに握手を求めて和解、
怪盗少女を前山田健一+ももクロで披露、
途中、インタールードの高城が背面ケチャ
するところで健一もケチャして、ももクロが
涙ぐむ場面もあったが、無事
終了という流れだったみたいですね。

私はほとんど正解だったんですが、
やるのはさすがに灰とダイアモンドではなく
怪盗少女でしたね。。

あとももクロさんが涙ぐむのは予想してませんでした。

私はネタだとばかり思っていた
んですが、なんかマジなやつだった
みたいですね。

でもこんなことになったのは全て
ヒャダイン前山田健一のせいなんだよね。

怪盗少女というモンスターを作り出し、
ココナツ、サンタさん、無限までは
良かったんですが、UFIの曲あたりから
マンネリ化が表面化してきて、
ももクロさんのパフォーマンスレベルが
アップしていく早さとは裏腹に、
健一の楽曲は一向に音響的にも
楽曲構造的にも下回るようなものばかりで、
一向に光が見えない状態に入ってしまった。

宮本さんは仲が良いから仕事を与えるような
人ではなく、ものすごいペースでレベルアップ
していくももクロの表現レベルに
合致した作品でないと採用しない
人なので、当然、新しいものを
作る努力を怠っている健一へのオファー
は確実に減っていく。

仕事と言えば、ヒャダイン、前山田健一
の名前で仕事のオファーは衰えることは
ないものの、他のアイドルに対しても
やはり怪盗の頃の輝きはないので、
長続きせずに、次第に地下へ地下へ
落ちていくような有様。。

人間的にはいつも通りに付き合ってはいる
ものの、仕事であまりかかわりがなくなってきている
ので、ももクロさんは別に付き合い方は
変わらないんだが、健一は以前のように
プロデューサー的な上から目線で兄貴面
で騒げるような状態じゃなくなってきた。

徐々に現場でもなんであいついるのっていう
空気になってきた。

そしてそれを解消するために今回
佐々木さんが場所を作ってあげたんでしょうね。

川上さんも宮本さんも別に健一が嫌いになったわけじゃないんだよ。

自分の作品クオリティが下がったのは自分のせい
なのに、周りに当たり散らして勝手に離れて
いったのは健一なんですよ。

ももクロさんとの以前と同じような付き合いができるか
どうかは健一のがんばり次第だよ。

和解したんだからあとはレベルアップしたももクロさんの
作品イメージに耐えうる作品を提供できるように、
自分の作品レベルの向上に専念して下さいね。

っていうことなんじゃないかと思いますね。

広告

2015ももクロ桃神祭の前山田健一、通称ヒャダイン出演企画の演出内容の予想

標準

前振り

ももクロChanで、真偽は不明だが、健一の楽屋
という設定の部屋の前で、うるさくももクロChanの
オープニングトークを収録するももクロの5人。

楽屋からうなだれながら出てきた健一。

あやまりに来た川上マネ。

しかし怒りが収まらず、役者じゃない普通の
タレントなので笑いをこらえきれず、半笑いで
川上マネの頭をビール瓶で殴る健一。

去っていく健一に

「上等じゃねーかこの野郎!

おいちょっと待て!

7月31日エコパでリング用意してるからな!」

「ぶっ殺してやる!!」

と叫ぶ川上。

これが前振りでした。

健一企画で盛り上がっている桃神祭の映像が舞い降りてきた。

そして、私の頭の中に佐々木敦規とオークラを
舞い下ろし、桃神祭での前山田の映像
をフラッシュバックさせました。

以前にここで提言した内容と企画の趣旨が
一致したからです。

実は以前、前山田健一、通称ヒャダインが生演奏して
ももクロが健一楽曲のメドレーを披露したら
盛り上がるだろうなっていうことを書いたんですよね。

具体的に脳内映像を説明します。

ライブの中盤に、いつも高城さんがマジックをやるくらいの
客がなかだるみするような時間帯で、リングが映し出されます。

そして、その開設者席にももクロと清野アナが映し出されます。

新日のテーマ曲が流れ、リングに健一とアキラがプロレスのコスチューム
に身をまとい、戦う感じで始まると思うんですよ。

新日ネタを使うのは敦規のコネがあっていろいろ交渉をしなくても
済むからです。

で多分、負けたほうが、ももクロから一切手を引くという
条件で戦うんだと思います。

アキラは最近のマスコミからのパワハラとかももクロのマネージャー
じゃないのになぜ関わるのかというかわいい叩きを受けて笑いで返す。

健一はセカンドアルバム発売時の健一の大切なものがなくなっちゃった
作品と、暗に自分の色が薄くなったことへの批判をして炎上
したことへ笑いで返す。

そして引き分けにして、ももクロとアキラと健一が
握手する。

そこから健一がノートパソコンとミキサーという感じの
DJセットの前に陣取って数曲披露して、最後に
これ、灰とダイヤモンドで感動して終了か、
怪盗で大盛り上がりで終了かどっちか迷うんですが、
プロレスが騒がしかったんで、灰とダイヤモンドで
終了するんじゃないかと予想します。

それか前山田健一の新曲ですね。

皆さんの予想はどうですか?

ちなみにこれが初日の31日なので、二日目は
まあいつものももクロ関係なしのムダ金使い放題
の演出まみれの敦規地獄でしょうね。

でも結局のところ、事実としては、
31日分のチケットが残っているので、
急いでぶっこんできたんでしょうね。

高城れに左手骨折の現場状況の推察

標準

高城が左手・橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折で
全治4ヶ月と診断された。

百田が、

「高城はかっこつけるくせがあり、
今回も机に右手をつこうとしたら
机がなかったから」

と説明。

時期的に桃神祭のリハ中なのはわかっていた
んですが、いろいろ理由を推察し、
持ち歌のダンスには腕を着く振りなど
無かったので、最近の流れではマジック関係、
そして一番怪しいのはももクロChanで
壮大なw前振りがあった前山田健一と
川上アキラのプロレス企画で前山田
が負けて、解説席の高城が

「そんなんでいーのかよお前は!」

って机を叩くシーンで机がないのに
机を叩く感じでやってしまって骨折
っていうイメージが頭をよぎった
んですが、

翌日、高城本人から

「ダンス中に骨折した」

というコメントが出されたんですが、
先ほど言いましたがももクロの楽曲
の振りに腕を着く振りは無かった気がする
んで、真意はわかりませんね。

本当の理由を発表してしまうと演出がネタバレ
してしまうから言えないのかもしれません。

多分私は川上対前山田関連の演出上
での事故だと思っています。
一番可能性があるのはそこ以外
考えられないですからね。

まだ時間があるので骨折したシーンを
含む演出は削除されるような気がします。

もし削除されずに披露されるとしたら
桃神祭当日に判明するでしょうね。

高城さんのことだからその演出のシーン
で「ここで骨折したんですよ」
ってぶっちゃけるかも知れませんね。

信じるか信じないかはあなた次第ですww

最後に

私が川上さんにピンチをチャンスにってリプしたら
元気よくなってくれて骨折ネタを翌日ぶちこんで
きてくれてそれでこそ川上ももクロチームって
思いました。
骨折で高城さんをもっと盛り上げていって
下さいよ!