カテゴリー別アーカイブ: 2013.09.28より JAPAN TOUR 2013『GOUNN』

2013.09.28ももクロさん和歌山セットリストを見て2012年一切のライブを干してきた私が鳥肌。

標準

ももクロ2013和歌山2012赤坂セトリ比較

2012年のももクリから大会場ライブより撤退
していた自分が、今回ひきつけられた点として、
2.天 3.ワーズ 4.ロスチャ 5.DNA
の繋がりの復活です。
伝説の2011極楽門と2012赤坂Blitzの雰囲気
が再評価されたんですね。

で無限の愛は2012年の新鮮さが失われ、
つかみの役割はサラバに受け渡された。

無限の愛のような色物ではなく、
サラバという純粋なロックになったことで、
天手力男という骨太な曲が繋がった。

無限では軽い音同士で相性抜群だが、
サラバの場合はPUSHやCONTRAでは軽い。

重いサウンドを冒頭に持ってきたことで、
軽くてちゃらい前山田サウンドは役目を
果たせず、本格的な音楽家の作品
が繋げていくこととなる。

音響的に大人向けの雰囲気でホールが充満される。

後半、空のカーテンで大人の音楽コーナー
前半を締めくくり、

ラフスタイルで明るい雰囲気を匂わせ、
銀紙風船でやっと宇宙とちゃらいという
繋がりができてw、無限とZ女が出番となる。
3曲無理やりの気を使った相対性理論コーナーでしたw。

そして、中だるみしたのでピンキーで
また大人の音楽へ軌道修正したあとに、

あとは締めの曲で、ここは特にこだわりはない
と思います。コノウタでも良いし、オレンジノート
でも良いしね。

そして、
ピンキー、スタセレとあまりコールや
ギミックがなく客をおいてけぼりにしちゃう、
曲の次に
一緒に盛り上がれるギミックがある
ツヨクを持ってきましたね。

で最後にみんなで落ち着いて新曲を
鑑賞という感じでしょうか。

ここで言ってたことが確信に変わりました。

私が現時点で最凶のライブツアーだと評価してきた
モーレツ☆大航海ツアー2012
が再評価されたわけですね。

このままももクロのライブから撤退して、
資金を他に回せると思っていたんですが、
ももクロさんと演出の方が余計なことを
やってくれたおかげで楽しみに
なっちゃいましたよ。

やめてくださいよおwww

ももクリは行かないですが、
来年の小規模ライブが楽しみになって
来ました。

担当のかた、ありがとうございました。

広告