カテゴリー別アーカイブ: 2013.03.12 03.13JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」大阪城ホール

2013.04.03 ももクロChan地上波放送版スタート。解説

標準

始まりました。

内容

5th Dimention ツアーの映像をメインに、
バックステージと本編がバランスよく
配置されていました。

どうもワイドショーでツアーの映像が流れない
と思っていたら、これで使うからだったみたいですね。

放送開始記念の
目玉にしたかったんでしょう。

途中でちゃぶ台をかこってももクロさんが
配置され、MCていうか進行をするような
感じになりました。

スカパーの

「ももクロがX時間ジャックだZ!」

では、中華料理店の回転テーブルを囲って
ももクロさんが陣取ってMCをするんですが、
ももクロChan地上波では和風の昭和テイスト
の4畳半の部屋にちゃぶ台が置かれてそれを
ももクロさんが囲うように配置されてMCを
つとめていく感じです。

で百田さんが怪気炎をあげてひっぱっている
のはメレンゲ効果だと思います。
成長してますね。

でそれに負けじと高城さんが付いていきますが
言うことだけ言って、終わりです。
百田さんは他人に振りますが高さんは自分が
メインですから、大きな違いですね。
やはりリーダーは百田さんのほうが向いてるのかなあw

ただ悪いって言っているんじゃなく、高さんはそれが
いちばんベストなんですから、ぶつかり合わずに
それぞれのポジションでベストを尽くせば問題ないと思いますね。

ももクロChanの色分けは結局どうなるのか

で大体ももクロChanの全体像がつかめました。

テレ朝動画版 ライブやイベントレポート+長時間系オリジナルロケ企画
テレ朝地上波版 ライブやイベントレポート+短時間系オリジナルスタジオ企画
CSテレ朝版 テレ朝動画版+数分の現場でのトーク企画

って感じかな。

でも、テレ朝地上波とテレ朝動画の区別が今の段階では
いまいちわかりませんね。

見切り発車のももクロチームの性格ですから、スタッフ達もまだ
わかってないと思いますねw

今のところふと思いつくのは以下のようなこと

・テレ朝動画版はお金を取るから一番良いものに
するのか?
でも地上波版も視聴率悪いと終了しちゃうので
地上波でも良いものを提供しないといけない。

・テレ朝動画版は後日DVDやBlu-rayが発売されますが、
地上波も出るのか。

・テレ朝動画では権利の関係で他人の曲とか流せない
けど地上波だと使えるからそこらへんを生かした
企画をやるのか。

ちょっと様子見でしょうかね。

でもひとつだけ確実なこと。
それは考えるのが楽しい!ってことですねw
みなさんも自由にスタッフ目線で考えてみては
如何でしょうか。

広告

ペンライト、サイリウム、コールやmixが無くても盛り上げられる無敵のアーチストになるための記念すべき第一歩を歩みだしました!!ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」

標準

ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013
「5TH DIMENSION」

全公演が終了しました。

具体的には、未来志向の本編と、
クラシック志向の後編に分けた
演目が披露されました。

何事も続けていれば退屈でマンネリ化になります。

当サイトの予想通り、ももクロと同じキングの
スターチャイルドの水樹奈々やPerfumeと同じように
サイリウム、ペンライトを自由に使用することが
不可能になりました。

本編では、WHOのライブのように、アルバムを全曲
曲順通りに演奏。
照明や演出もすべて演出側が管理し、MCもないので、
観客は黙って観て楽しむだけのライブになりました。

後編はいろいろ演出を加えたクラシック志向の
ペンライトやサイリウムを自由に使用できる
ももクロさんライブとなっていました。

私はこのサイトでずいぶん昔からサイリウムやペンライト
は次第に管理されていく傾向に変わり、
コールやmixも使われなくなり、
客層がだんだん一般の単なる流行りもの好きや、
ファッションと同じ感覚の客等に入れ替わっていく
とここで宣言してまいりましたが、
今年あたりからももクロさんも例外ではなく、
そういう構造に変化していく感じを受けました。

しかし、それは観客のサポートが無くても
盛り上げられる力量が備わってきた証拠
でもあるので、嬉しいことなんだと思います。

私は、最強のももクロは、ファンがいる、いない、
応援がある、ない、どんな場所でも盛り上げられる
アーチストになることだと思いますので、
正しく今年のパフォーマンス内容が次のレベルへ
上昇していくための第一歩になるんじゃないかと思いますね。

どんな人たちも感動させることができる
そんなアーチストになれる日を楽しみに
応援していきたいと思います。

2013.03.13 ももクロさん大阪城大会Ustreamでファンのレベルの低下を思い知らされた。。

標準

ライブ後のある客のコメントで

「おまえらうらやましいだろー」

というような内容のメッセージがありました。

笑いを期待していたようですが、
みんな楽しむ目的で笑顔でUSTを楽しんでいる
最中の、想像を超えたあまりの下品な行為に、
USTTLの仏モノノフ達が言葉を失い
黙ってしまいました。

あらゆる理由で来たくても来れない人は
世界中に大勢いますが、みんなガマンして
できる限りの応援をしてももクロさん界隈を
盛り上げてくれているんです。
この人はそれをわかってるんだろうか。。
れにちゃんも浮かばれないよなあ。

20130313momoclotv1

20130313momoclotv2
20130313momoclotv3

(ちなみにマジレスすると、今回のツアーは関東じゃないので
一つもエントリーしないでスルー決め込んでいるので、
ひとつもうらやましくないんですけどTLでは言えなかった。)

どうもこの人は、自分がはまったから
ももクロさんを応援して、ももクロさんと一緒に
内容を楽しむ目的ではなく、

世間的に今新しい面白い来ている
といわれているので、自分発信ではなく
自分以外発信で、好きだと言うと
かっこいいと思われるような、
入手困難なアーチストのライブに行き、
優越感に浸るのを目的にももクロさんの
ライブに来ているようです。

たぶんこの人はももクロさんが、だれでも
ライブに来れる、特にプレミア感がない
アーチストになった場合はライブには来ない
んだろうと思います。

ほんとに最近のももクロさんの客層の変化
を思い知らされました。

こんなファンは少なくとも2012年初頭
まではいなかったのに。

非常に残念ですが、もうこういう時代になってしまった
わけです。

ももクロチームが必死にこれまでにない面白く
斬新な内容を練り上げてがんばっているのに、
それとは反比例に内容には無関係な、他人を
見下し優越感に浸る目的でももクロさんに
接しているファンが増えつつある。

さあどうなっていくんでしょうか。

まあ私は栄枯盛衰、ももクロさんが雲の上に行こうが、
近所のパブで歌おうが、死ぬまで追うつもりなので
こいつらのなれの果ても見届けてやろうと
思っていますw