カテゴリー別アーカイブ: 定期

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

楽曲原理主義ドルヲタによる総論。2016.12.12モーニング娘。’16コンサートツアー秋~MY VISION~日本武道館

標準

モーニング娘。’16コンサートツアー秋~MY VISION~

一般席・ファミリー席 ¥7,500(税込)

ライブビューイング、BSスカパー生中継、LINELIVE有り

日程

終了 9/24(土) ハーモニーホール座間 大ホール (神奈川)
終了 9/24(土) ハーモニーホール座間 大ホール (神奈川)
終了 9/25(日) ハーモニーホール座間 大ホール (神奈川)
終了 9/25(日) ハーモニーホール座間 大ホール (神奈川)
終了 10/1(土) 宝山ホール (鹿児島)
終了 10/2(日) 福岡市民会館 大ホール (福岡)
終了 10/2(日) 福岡市民会館 大ホール (福岡)
終了 10/8(土) 盛岡市民文化ホール (岩手)
終了 10/9(日) 仙台サンプラザホール (宮城)
終了 10/9(日) 仙台サンプラザホール (宮城)
終了 10/10(月・祝) 郡山市民文化センター 大ホール (福島)
終了 10/22(土) オリックス劇場 (大阪)
終了 10/22(土) オリックス劇場 (大阪)
終了 10/23(日) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール (愛知)
終了 10/23(日) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール (愛知)
終了 10/29(土) 岡山市民会館 (岡山)
終了 10/29(土) 岡山市民会館 (岡山)
終了 10/30(日) 上野学園ホール (広島)
終了 11/3(木・祝) パシフィコ横浜 国立大ホール (神奈川)
終了 11/3(木・祝) パシフィコ横浜 国立大ホール (神奈川)
終了 11/12(土) 那須塩原市黒磯文化会館 (栃木)
終了 11/12(土) 那須塩原市黒磯文化会館 (栃木)
終了 11/13(日) 川口総合文化センターリリア メインホール (埼玉)
終了 11/13(日) 川口総合文化センターリリア メインホール (埼玉)
終了 11/23(水・祝) オリックス劇場 (大阪)
終了 11/23(水・祝) オリックス劇場 (大阪)
終了 12/3(土) 静岡市民文化会館 大ホール (静岡)
終了 12/3(土) 静岡市民文化会館 大ホール (静岡)
中止 12/10(土) ニトリ文化ホール (北海道)
12/12(月) 日本武道館 (東京)

日本武道館セットリスト

楽曲派向けカスタマイズバージョン

The Vision 61th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)
Tokyoという片隅 61th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)
ブレイン 53th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)
強気で行こうぜ! No.5 (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木俊介)2003

秋麗 40th なんちゃって恋愛 (作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA)2009
色っぽい じれったい 27th (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行)2005
ムキダシで向き合って 62th  (作詞・星部ショウ 作曲:Jean Lu 編曲:Jean Luc)2016

青春コレクション 43th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2010
地球が泣いている 13カラフルキャラクター (作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎)2012
君の代わりは居やしない 55th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2014
そうじゃない 鈴木雅之じゃなくてw 62th (作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎)2016
泡沫サタデーナイト 61th (作詞・作曲:津野米咲 編曲:鈴木俊介)2016

~メドレー形式~
ゼロから始まる青春 13カラフルキャラクター (作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA)2012
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥2ndLP「T・W・O」 (作詞・作曲・編曲:つんく)2003
Do it! Now 15th (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行)2002
ウソつきあんた ファーストタイム (作詞・作曲:つんく、編曲:高橋諭一)1998
トキメクトキメケ 53th (作詞・作曲:つんく、編曲:江上浩太郎)2013
恋ING 20th (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行)2003
ガラスのパンプス 後藤真希 15th (作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎)2006
せんこう花火 セカンドモーニング (作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一)1999
道重さゆみが2004年にMVの「~ベストショット~vol.3」でセルフカバー。
安倍なつみが2015年にアルバム「Dreams」でセルフカバー。
ブギートレイン’03 藤本美貴5th (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行)2003
Take off is now! プラチナ 9 DISC (作詞・作曲:つんく 編曲:田中直)2009
オリジナル:高橋愛、新垣里沙、田中れいな
Only you 46th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2011
カプリッチオ 13カラフルキャラクター (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2012

君さえ居れば 53th (作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎)2013
Password 56th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2014
わがまま 54th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2013
What is LOVE 55th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2014

Be Alive 13カラフルキャラクター (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2012

~アンコール~
セクシーキャット 62th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2016
One・Two・Three 50th (作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫)2012

いやーふくちゃんがAKBの指原氏のごとくハロプロのDJと化して
日々蓄積更新され続けている脳内データベースから聖域なしの選曲を
してきやがるから、脳内の感覚を共有していきたいので
必至に赤線引っ張ってリストアップしましたよw

ちなみに私は夏先生が言った、「アイドルのオーディションの時、ダンスはやるきでどうにでもなる
し全員できるようになるのはわかっているから、やる気や他の精神面を重視して、ダンス基準ではオーディションを選考しない」ていう発言や、

ダンスの下積みはあるが歌がへたくそだったももクロさんが
やる気と努力で数年であれだけヴォーカルがうまくなっている
ことを実感しているので、

歌が下手とか上手いとかは二の次で考えています。

上手くてもいやみになる場合もあるし、
下手でも気持ちが上回ればうまい人を超えてくることを知っているからです。

絵画や他のアートと同じです。

音楽の場合
セックスピストルズと美空ひばりなんてのは解りやすい例え
だと思います。

どちらも同じくらい心に刺さります。

とまあ、本題に入ります。

ハロプロは複数グループがあり、
それぞれ聖域があります。

アンジュルムはモーニング娘をいじれないとか、
逆もしかり、
しかし、基本いじる対象グループにイジリ元のグループの
メンバーが存在していたりすればOKとなります。
となってる気がします。

今回のモーニング娘。、藤本美貴さんはモーのメンバーです。
後藤真希さんもメンバーですね。OKです。

松浦亜弥さんはソロなので、これ特殊ルールで、
ソロメンはだれでもいじれるルールがある
ような気がします。

次は、今回派手に発散させていて伝えようと
する熱を強く感じた譜久村モーニングの特徴。

1.羽生結弦的なもの。

身体的にきつい、最先端の、
ももクロでいえばNARASAKI、
ハロプロでいえば大久保薫という、
これまではうまく全編に分散させてあまり
感じなくしていた寿命を縮めさせるような危険物を、

己の鍛錬を繰り返すことで、その大久保薫という
4回転ジャンプを、いちばんきついラストの
終演前にこれでもかと限界まで身を粉にしてぶっこんで
きたこと。

これはメンバーの立場にならないとわからない
ことだと思います。
多分大久保さんの楽曲は最先端でダンスと、それに
あわせて歌うのもきついけど、
逆に考えれば、でんぱ組と浅野尚志も同じですが、
世界に向けてアイドルの最先端は
自分達なんだということを発信する道具としては
最強なので、

逃げずに自分たちの限界まであえて
挑戦して、信じてやり続けてみようと。
そして結果を信じてみようと
思ったんじゃないかと思いますね。

2.大久保薫楽曲が13曲!過去最多じゃないかとw

どうりでおもらししちゃった訳だ。。
私にとっての大麻のようなものですからね。大久保薫楽曲は。

私が以前からずっと言ってた、もうラブマシーンとか
ああいう懐メロはOGに任せて、
最先端のメンバーは最先端のあなたたちにしかできないものを
やらないともったいないと。

最先端の人は道がないので不安になったり
見失ったりするけど、
どんな状態でもそれを信じてやり続ければ猪木さんが言うように
それが全て道になっていくんだからやり続けるべきです。

3.メドレー形式のところで気付いたのは、

だれもまだ潜っていない手つかずの鉱脈を
必至に探して掘り始めているということ。

ふくちゃんの生誕でも感じたんですが、
なにか必死に新しいものを探し始めている
ような空気を感じたんですよね。

また、この時感じたのは、この後半メドレーを
やるのはAKBGの定番なんですが、AKBGは有名曲
しかやらないので真逆だから違うと思います。

メドレーでAKBGとは逆に自分たちが挑戦したい
楽曲をぶっこんでくるってのは、
これは譜久村モーニングのオリジナルの演出だと
思いますね。

でも雰囲気的にはAKBGの劇場公演的な空気も
感じましたね。
あとはももクロの中盤のソロやユニットもの
の時間のような雰囲気も感じました。

以前言いましたが、
世界に向けた発信を兼ねている自分たちの
最先端のものの合間に、ファン向けの
ほっこりするものを用意したような感じかと。

このコーナー、メンバーがスケートのエキシビジョン
みたいに楽しそうにやっていた気がするんですが、

これ多分メンバー全員と話し合って、
各自自分がやってみたいものを選ばせて
ゼロからトレーニングして
リハーサルで発表してっていう流れで
やってるんじゃないかと思いますね。

メドレーで団体種目で個人よりも全体の得点が
重要なので、プレッシャーもそれほど強くなく
楽しいんじゃないかなっていう。
個人でミスしても目立たないしね。

プロレスのタッグマッチとシングルマッチ
の違いのようなね。

ちなみにこのメドレー、数曲づつわけて
披露していたものを最後は全て披露した感じになりました。

その後にやっていた「私のなんにも~」
他の楽曲を飛ばしてまでやりましたので
メドレーのほうがやりたかったんじゃないかと思います。

4.作品の年代について

は先輩があってこその今のメンバー
だということを常々いっていることから、
バランスよく配置されているのがわかりますね。

でも先ほど言った大味なこすりすぎて疲弊した
楽曲は丁寧にあまりやったことないけど
いい曲だから広めていきたい的な楽曲に新たに
入れ替えてブラッシュアップしてありますね。

5.企画コーナーの縮小。

以前から良い楽曲と良いパフォーマンスがあれば
他にはなにもいらないと言ってきました。

今日の公演では台本のセリフでつくられた企画は
まったくありませんでした。
トークはお題だけあって、それについて自然に
盛り上げるだけ。
それかそのお題にしても現場で変わってもいいような
ゆるい流れ。
それを実現させているのは、メンバーの
技術力の向上ですよね。

無理な作った話をせず、実際におもったり感じたり体験したり
したことを心を込めて自然に話す。

ファンが心をこめてコールしたり拍手したり
する現場でやっているそういったトークは、
さらにファンとの距離を縮める結果になって、
素晴らしい効果を生み出していました。

最後に気になったこと。

終演時に譜久村さんが

「私たちが思い描いている(モーニング娘。の)ビジョンと

ファンの方の思い描いている(モーニング娘。の)ビジョンは

同じだと思っているので、、、、」

って言ったんですよね。

これ私が思っていたことと同じだったのでやっとアイドルのメンバー側からわかってくれているひとが現れたって感激しました。

モーニング娘。メンバーの物質的な存在がモーニング娘。ではなく、メンバーを含めた全員が頭に描いているものがモーニング娘。だということですね。

このエピソードを体現するのにぴったりな話がありまして、ももクロの百田さんの話。

ちなみに百田さんはホームシックが強いので川上さんは可能な限り静岡の自宅に帰宅させています。

で、そんな折、日産スタジアムの公演後、新幹線に乗っている時、不思議に思ったそうです。

さっきまで何万人のファンに囲まれていたのに舞台降りて新幹線で1人の素人の百田夏菜子に戻ったとたんぽつんと一人ぼっちになっている自分をみて不思議に思ったという話をいつも思い出しますw

あと佐藤優樹さんが、

「武道館で安定して最後にできるように
なってきたが、それで満足せずに、ドームで
できるようになりたい」

というようなことを言いました。

そのとき、現場の拍手はまばらに聞こえました。

私も空気を感じて拍手しましたが、

私もほとんどの客も心の底から同意した拍手はしていませんでした。

なぜか。

ももクロ、AKBG、全部行った私の結論。

ドームでやるアイドルのコンサートに評判が良いものは
一つもないからです。

逆に皮肉にもハロプロの良いところはドームでやらないところです。

まあ横浜国立大ホールのような一部にはまったく楽しめない
大きさのところも現時点で散見されますが、
ほとんどの場所は一生懸命鍛錬しているダンスやパフォーマンス
をしっかり体感可能な規模の会場だと思います。

佐藤さん、あなたは気分屋で軽く言っているとしたら、
まず、VIP席ではなく一般席の遠い場所で、
ももクロやでんぱやAKBGのドームやスタジアム規模の現場を
自分で体感してから発言してください。

その結果、その場所で観ている同じ人を確実に
自分たちが武道館の遠くの人と同じくらい盛り上げられると
自分で確信できた場合にドームでやるようにして下さい。

まあでもももクロもそうですが、
パフォーマンスは二の次で、自分の目で確認できなくても
大きな場所のお祭り的な雰囲気が好きだというファンも多い
のでやってみるのも良いかもしれませんね。

私は行きませんけどね。

まあ悪いことは言わないので

さいたまスーパーアリーナとか横浜アリーナでおさえといたほうが無難だと思いますよ。

最後にモーニング娘。現メンバーに一言。

ピョコピョコウルトラやってくださいよお。。

なにかひよこがわるいことしました??

衣装代がかかりすぎるんですか??

指原氏が大嫌いな風俗に若い時通いまくっていた鶴太郎が気持ち悪いんですかw

%e9%b6%b4%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%83%94%e3%83%a8%e3%82%b3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

もしそうでないなら

たのむピヨ。。

やってくれピヨ!

在宅ソロコン参戦組が勝ち組。2016.11.26高城れに玉井詩織佐々木彩夏「紫会」と「GIG TAKAHASHI 番外編 ~3人の戦い~」

標準

紫会 2000円

ももいろ太鼓どどんが節
行くぜっ!怪盗少女
泣いてもいいんだよ
君のようになりたい (Little Glee Monster)
一粒の笑顔で…
DECORATION
ゆーがらお友達 (キング・クリームソーダ)
好きな人がいること (JY)
LinkLink
しょこららいおん

紫会は抽選式ファン参加型カラオケ大会、
GIG TAKAHASHI 番外編はそれプラスLVでした。

LVは説明のみで特に盛り上がることは無かった感じで
番外編のカラオケ大会はファンが混ざった感じだった。

これソロコン行った人は特に得られるものはない感じ。

だけど高城れにのソロコンの時言ったんですが、セトリよりも
合間のトークやつくりだすファンへの愛が感じられる
雰囲気がももクロメンのソロコンの魅力だと。

だから、今回も、セトリはあくまで指標で、
そこにファン参加型にアレンジしたり合間の
トークで繋いだりっていうところが今回の
イベントの最大の魅力だった気がします。

さだまさし的なねw楽曲よりトークが長いっていう。

でもやはり今回の紫会はソロコンのセトリの
カラーはかわらず、プラスファンとの距離を縮める
方向に持ってきただけだったという感じがしますね。

ももクロの曲にも好き嫌いがあって、れにちゃんは
好みじゃない方向の楽曲を選ぶので、
楽曲派で高城れにのセトリが嫌いな、
私のようなファンにはちょっと気持ち悪さを
感じずにはいられないので、行きたくないと思いました。

最悪でも、
ゆーがらお友達 (キング・クリームソーダ)
好きな人がいること (JY)
この2曲をももクロの楽曲派のファンに好きな人が
いるとは到底思えないですよね。

2000円で10曲ですから、
まあAKBの祭りのステージイベントの20分2回回し
と同じくらいの長さなので、セトリ的にも
そっちのほうが楽しくなるので、一緒に歌うとか
セトリ以外の要素よりもなによりも前に、その楽曲自体
に難があるので、今回の状況を鑑みると紫会はスルー方向ですね。

ただ楽曲に拘りがない、高城れにのファンでなんでも受け入れる
人なら2000円なので良いと思いますね。

でGIG TAKAHASHI番外編ですが、
こちらは4200円。

GIG TAKAHASHI 番外編 4200円

Let it go(高城玉井佐々木)
大声ダイヤモンド(高城玉井佐々木)
睡蓮花(高城)
WHITE BREATH(電話で夏菜子)
津軽半島龍飛崎(高城)
愛ですか…(玉井)
あーりんは反抗期(佐々木)

なんかありきたりですよね。。。

ファンを舞台に引き上げて合唱したりオリジナルのヲタ芸を披露したりと、、

接触に興味がないのと、ファンの悪乗りも大嫌い
な私からすると逆に最悪なイベントでしたねw

基本的にヲタ芸(拍手とか声援とは異なります)というものは
出演者のパフォーマンスのレベルが低いためにいまいち盛り上がれない
ファンが、自分たちで盛り上げようとして始まったもので、
逆に言えば、出演者のパフォーマンスレベルを期待していない、
バカにしている行為でもあります。

演者の歌唱力やパフォーマンスに十分魅力があれば、
唄っている最中に名前を呼んで邪魔したり、
音空間でダンス表現して演者が雰囲気を支配している
最中に、だみ声で叫んで台無しにしたりすること
なんていうのは、愚の骨頂だと思います。

まあだからヲタ芸はレベルの低い演者にとっては
手っ取り早く自分以上のパワーを出して盛り上がれる方法ですが、
逆に言えば、演者が自分のレベルの低さに
気付かず麻薬を打たれている状態が続くことで、
現実逃避出来るわけです。

すると成長が遅れるわけですよね。

もしヲタ芸をしないとその場は盛り上がらないですが、
それを糧にして努力する結果、
長く活躍できる本物の実力が備わっていくわけです。

だからホントにももクロの将来のことを思うならば、
過剰なヲタ芸は慎む方がももクロさんの為になるわけで、
そういう考えを持ったホントに心配りが出来るファンは、
あまりに自分本位なももクロさんに悪影響を与えること
しかないヲタ芸は大嫌いなわけですが、

今回のイベントはメンバーが自分たちと同じ高さの
舞台に招待して、それらをメンバーが賞賛してしまった
わけです。

そんな状況を自分本位ではなく、
自分よりももクロさんのことを思っている
ホントのももクロファンが
楽しく見守れるわけはないですよね。

あと睡蓮花なんかゲスで大嫌いでこれが入るだけで私は途中退場すると思います。

AKB祭りなら20分ステージ2回分2000円で楽しめるような内容です。

ももクロしか知らないファンは楽しかったとなりそうですが、
AKB他、いろんな楽しいものを知っているファンには
コスパも悪く、これといった魅力もないイベントだった気がします。

なぜ、今になって売れる前のブドウ狩りバスツアーの内容
をぶりかえしてきてるのかわかりません。

今のももクロならもっと洗練された素晴らしいイベント
ができると思うんですが、

やはり最大の目標だった国立競技場を達成しちゃった後の、
ももクロの創造性の欠如の状態をいまだひきずってしまって
いるのを改めて感じることとなりましたね。

FC再入会は今のところちょっとやめておきます。

これの修正の提案ですが、
ももクロさん、影響を受けたハロプロ他のアイドル、他のスタダグループの
楽曲だけでセトリを構成するように修正してくれたら
もっと楽しめるイベントになると思うので、
やるきがあったらよろしくお願いします。

お笑いジャンキーの12月31日定番だった「ガキの使い笑ってはいけない」からついに離れる時が来ました。

標準

DT世代でガキの使いは初回から観ているヘビーユーザー
なので、当然笑ってはいけないシリーズも初回から
紅白や格闘技なんかに目もくれず時間を捧げていた
私なんですが、遂にゆく桃くる桃という、紅白を
くびになり、川上マネをはじめとしたももクロチームが
逆転ホームランの発想で立ち上げた年越しプロジェクト
に移行している自分に気付きまして驚きました。

■日時・会場
2015年12月31日(木)
open 20:00 / start 21:00 / (26:00終演予定)
東京都・豊洲PIT 【MAP】

<イベント内容>
・年忘れロイヤルランブル~ももいろトークバトル~
ももクロとパネラーが「エンターテインメントと笑顔ある未来」について熱いトークセッション!

<出演(あいうえお順)>
(MC)土田晃之
阿部真奈/加山雄三/笑福亭鶴瓶/村主章枝/武井壮/田中将大/所十三/本広克行/ももいろクローバーZ/柳田悠岐

・ゆくネタ来るネタ ももクロみたいネタ

<出演(あいうえお順)>
(MC)土田晃之/東京03
オテンキ/黄帝心仙人/ジョーク東郷/東京03/永野/弾丸ジャッキー/パーマ大佐/BBゴロー/ビッグボーイズ/ブルーリバー/メイプル超合金/ゆうぞう

・ももクロカウントダウンライブ90feat.ダウンタウンももクロバンド

全力疾走のももクロライブ!90分止まらない

・「年の初めはフォーク村」feat.ダウンタウンももクロバンド

・新春ロイヤルランブル~ももいろ歌合戦~

ダウンタウンももクロバンドと、ゲストアーティストのみなさんで夢のコラボライブ!

<出演>
ももいろクローバーZ/ダウンタウンももクロバンド 他ゲスト多数

このゲストもNHKのいいとこどりのビジネスライクな人選ではなく
心のこもった今までお世話になった人たちをブッキング
していて本当にももクロに詳しい人ほど
愛を感じさせる内容になっているのが
身に染みてわかるんですよね。
そして佐々木敦規さんや川上マネの人情の深さも
ほんとうに手に取るようにわかってほんとに
この文字だけ観てても感動するくらいなんですよね。

まあ、話を戻しましてw

笑ってはいけないは18時30分から21時まで
観て、いつも通りに内容は文句がないんですが、
フォーマットがもう安定しているので、
なにがおこるかわからないももクロさんの新
プロジェクトのわくわく感には勝てませんでしたね。。

松本さんが洒落かどうかわかりませんが、
記者会見で発言した10年という記念すべき
年で卒業には良い時期という言葉も
あながち嘘ではないのかもしれないと
感じました。

一応現時点で松本繋がりの中居さんや
番宣の堀北さんがバスパートで参戦した
んですが、バスという設定がやはり
いい意味で安定している、枯れている、
悪い意味でバスという枠が大きすぎて、
予定調和になってきているので
タレントの個性が消される
からか、最初は驚いたんですが、
ももクロさんの新規プロジェクト
の未来的な雰囲気には勝てませんでした。

さらに、このゆく桃くる桃から視聴変更
するとしたらどういう内容のコンテンツ
だろうかと考えると、

ダウンタウンと有吉とおぎやはぎ
とフジモンを基軸にした藤井健太郎プロデューサー
の全く新しいコンテンツでしょうかね。
考えただけでもわくわくしますよね。

福山さんのように、他のメディアに関係なく、
31日の定期ライブを毎年きちっと
継続して、紅白や他のコンテンツの方から中継
でいいから出演してほしいと言わせる
位のポジションになるまで精進していって欲しいと思います。

追記:高城が松本明子氏とまたオスメスキスぶっこみやがりましたw

アイドル嫌いの電気グルーヴと間接共演が実現しました。

篠原ともえとももクロクルクルミラクル

きくちP経由で仲良くなった篠原ともえ氏と遂にクルクルミラクルが実現!!

長淵を神とあがめる角田さんと百田でまさかのステイドリーム。

ゆく桃くる桃角田百田ステイドリーム

これは角田さん基点で佐々木演出が仕組んだ演出だと思いますねw

ロックンロールウィドウであーりんの渋い慣れ過ぎてるギターw

佐々木彩夏のエレキギターゆく桃くる桃

彩姉みたいに特別にスポットライト浴びせずにさらっと弾いてるのがかっこよすぎます。。まあさや姉も自分はさらっと弾きたいけど演出上目立つ結果になっているからさや姉のせいじゃないと思いますけどね。。

川上さんが言うように変化の速度が驚きでもあり、怖くもあるももクロさんです。。

私も若いとき様々な音楽や文化を聴いて触れて育って本物の価値がわかるようになりそれが下地になってより深い世界に近づけるように成長できたんで、

ももクロさんも今の時期に可能な限り様々な文化に触れて分厚い下地をつくりこんで未来を創れるようになってほしいと思います。

2015.11.12 月刊TAKAHASHI11月号、、10月号から奈落に突き落とされ、逆に全く時間が無駄な2時間でした。

標準

楽曲派にとっては

10月が神

01 PUSH (大味
02 Z女戦争 (大味
03 ピンキー (本物
04 Chai Maxx (本物
05 LOST CHILD (本物
06 BIRTH (本物
07 月と銀紙飛行船 (本物
08 猛烈 (本物
09 いつか君が(普通
10 BIO (本物
11 労働 (本物
EN1 Hello(定番
EN2 オレンジ(定番
EN3 Chai Maxx ZERO (本物

だと仮定すると、
11月

01 words(定番
02 ワニシャン(大味
03 笑顔百景(大味
04 ニッポン万歳! (リラックス
05 平和宣言 (リラックス
06:白い風 (雰囲気物
07 ありがとう (雰囲気物
08 Fellow(普通、雰囲気物
09 Believe(ダンスもの
10 労働(ダンスもの
11 CONTRA(ダンスもの
12 ロマこん(普通の歌謡曲
13 Z女 (大味
EN1 タキシード(普通の歌謡曲

は完全に外れでしたね。。

杏果を全員でいじりたおした後の
wordsは良かったんですが、

ワニシャンと笑顔で心が折れましたね。
このワニシャンから平和は色物なんで
続けちゃいけませんよ。。

合間にリラックスさせるために入れる曲で
作ってるほうもそういうイメージで作ったんだからさあ。。

でなんとか白い風でヒットポイントを
maxに持って行ったものの、
白い風からfellowまで、1曲でやれば
光り輝く曲を、無駄に繋いだために
だらーっとした空気におとしいれ、、

今度はbelieveからコントラってw
逆に激しめのを連続で。。

この6から11は入れ替えればすごく
緊張感がある素晴らしい雰囲気に
なったのに、並べ方を間違ったおかげで
最悪な、大食い選手権をやってるような
同じことを繰り返す苦痛を味合わせる
結果になってしまったっていう。

で12から最後もなんか中途半端な
ピリッとしない曲を並べ、

アンコールは普通の中途半端な曲
を1曲で終了させて、終演後に、
アンコールで普通の
曲を1曲やるだけのさだまさしのライブを観て影響
されたと言って言い訳して終わりですよ。

おい、ももクロのあほ連中!

お前らバカなのか。

ももクロの代表曲は怪盗だったり
ピンキーだろ。

さだまさしの代表曲は関白宣言とか
いわゆる静かな曲だろ。

だったらさだまさしの普通が静かな曲
だとしたら、ももクロの普通は激しい
曲なんだよ。

お前らの今回のライブはさだまさしが
最後にヘビメタ、良くてストーンズを
やったようなもんなんだよ。

今回の件を大いに反省して出直して来い。ほんと。。

こんなの褒めてたらこのサイトがももクロごり押しだって指原氏にばかにされるわ。。

2015.10.12 月刊TAKAHASHI10月号 LV品川プリンスシネマ、思いのほか素晴らしかったです。

標準

座席は後方から2列目でした。

しかし、開演前に会場全体を見渡すと、前列
5列目あたりまではわざと空席になっておりました。

観にくいから、割り当てなかったんでしょうね。

これが劇場の指示なのか、ももクロチーム側
の指示なのかはわかりませんが、、
AKBやHKTのLVに数回行きましたが、
こういうことはありませんでしたので、
たぶんももクロチームの指示だったんじゃないかと思います。

容量最大限まで詰め込むこともあるんですが、
こういう配慮もやるのがももクロチーム
のわからないところでしてw

私はももクリ2014の最後方のスタンディングエリア
の異常な詰め込み方にトラウマを感じて、
同じ条件でももクロのライブには二度と参戦しないと
心に誓ったんですが、

繰り返しになりますが、ベルサール秋葉原で出禁
覚悟で無銭用にスピーカーを設置したり、
会場推し向けにトラックでLVのスクリーンを用意
したり。。

今回は良い部分が垣間見れて幸せになりました。

内容としては、芸術というテーマでセトリをまとめた
ということで、NARASAKIさんや前山田さんの、
曲中にいろんな風景を見させてくれる、
トリップさせてくれるような
作品を中心に構成されていました。

ピンキージョーンズのイントロで高速
サイバージャージャーを入れるとカッコいい
と以前に言っていたんですが、いつも使わない
から急に披露されてもおたおたして
なにも言えなかったですw
あとももクロの現場で全くサーバージャージャー
は用意していないし、入れて空気を
汚してはいけないと思っているので、
それもあったと思います。
しかし、LOSTCHILD、ピンキー、BIRTHoBIRTH
をぶちこんでくるとは、私の為に入れてきた
かのような錯覚に陥いりそうになってしまいましたよ。。

品川プリンスシネマ5番スクリーンは
最後方でも最高の環境でした。
逆に最後方だと思いっきり挙手できるし、
回転したりできるので中途半端な後方なら
最後方がいい気がしますね。

最近のLVは音も凄くて、
現場の客の声援がLVの客席から聞こえてくる
のには驚きました。
現場の客が叫んでるんだか、LVの客が叫んでるんだか
分からない状態でした。
だから、LVの皆さんもそれに飲み込まれるように
なんの恥ずかしさも感じずに普通にコールして盛り上がっていました。

LVは最近できたシステムですが、機能的な成長が著しくて、

もう1年前のLVの環境を過去のものへと消し去ってしまうような
スピードで、
より現場に近い環境を体験できるように成長していて素晴らしい
と思います。

でもLV用のマナーっていうものが一つだけありまして。

それは箱が小さいので、声量を絞ってコール
しようっていうところですね。

現場と同じ感覚で大声出しちゃわないように
注意しましょうってところだけ気を付ければ
現場と同じことをやっても良いと思います。

そしてももクロさんも頻繁にLV向けの声掛け
をしてくれるので、初期のようにおいてけぼりになることは
一切ないですし、逆に親近感がわいて
いい感じです。

ちょっと今回LVを見直しました。

ももクロさんはLVの先駆者なんでLVシステムもももクロさんと
一緒に成長していって欲しいですね。

2015.10.12 月刊TAKAHASHI10月号 LV品川プリンスシネマまあまあの席でした。

標準

一般発売、発売開始翌日の購入で10列目の中央右でした。

まあ発売日購入で前回最後列左端、前々回2列目左端で最悪
だったんですが、今回はまあまあでしたんで、
一般でもまあまあの席が買えることがわかった
んで良しとしましょう。

今回行く気になったのはスケジュールに余裕があったのと、
今年のももクロのダンスのクオリティが震えるほどのクオリティーなのと、
よく考えたらももクロがライブハウス
でやることが無くならないうちに行こうと。

だから今回の月刊TAKAHASHIはアリーナ規模の場所も
あるんですが、当然ライブハウスの回を選んで
購入しました。

なんだかんだ言って月刊TAKAHASHIは初めてなので
楽しみです。

月刊TAKAHASHI 10月号11月号12月号のLVチケット一般発売の日程を簡素化しました。

標準

【ライブ開催日時】
■10月号 2015年10月12日(月・祝) 開演 17:00
■11月号 2015年11月12日(木) 開演 18:00
■12月号 2015年12月12日(土) 開演 17:00

LVチケット発売日

10月号

【10月号 一般発売(先着)(イープラス)】
10月4日(日)11:00~10月9日(金)13:00まで

11月号

【プレオーダー受付(抽選)(イープラス)】
■11月号:10月7日(水)11:00~10月15日(木)23:59まで
抽選結果発表:10月30日(金)
【一般発売(先着)(イープラス)】
■11月号:10月31日(土)11:00~11月11日(水)13:00まで

12月号

【プレオーダー受付(抽選)(イープラス)】
■12月号:11月4日(水)11:00~11月12日(木)23:59まで
抽選結果発表:11月27日(金)
【一般発売(先着)(イープラス)】
■12月号:11月28日(土)11:00~12月11日(金)13:00まで

http://liveviewing.jp/contents/gekkantakahashi101112/

 

10月以降余裕ができたので行きたくなった為に急きょリスト化してみました。

最近ももクロLVの一般発売分は糞席なのであまり気がすすまないんですが、
たまたまだったのか確かめるためにもあと1,2回行ってみたいと思ってます。

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

経験による、ももいろクリスマス2014 開催記念シングル「一粒の笑顔で…/Chai Maxx ZERO」の確実な購入方法のご提案。

標準

「一粒の笑顔で…/Chai Maxx ZERO」

「一粒の笑顔で…」(ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会テーマソング)
「Chai Maxx ZERO」(comico TVCMソング )
※両A面期間限定シングル

発売日:2014年12月24日(水)
定価 ¥1,500(税抜価格 ¥1,389)
新録曲3曲+各off vocal ver.含む全6曲収録

1.一粒の笑顔で… 
2.Chai Maxx ZERO
3.KONOYUBi TOMALe 
4. 一粒の笑顔で…(off vocal ver.)
5. Chai Maxx ZERO(off vocal ver.)
6. KONOYUBi TOMALe(off vocal ver.)

2014.12.6時点での公開内容は以上となっております。

で、高見沢絡み(ていうかきくち伸、坂崎、繋がり)の2013年以外のw
ももクリ限定シングル収録曲を考えてみますと、神曲確率が
高くなっておりますので、ライブに行く行かないに関わらず、
全てのファンの皆様にご購入をおすすめします。

初めての方は売り切れを恐れていると思います。

私も2012年、ももクリ限定盤を初めて購入するときは不安で
朝の6時からSSAに並んだものでした。
寒空の下SSAの地下に並び続けること4時間、
まあ今考えると良い思い出です。

結果はまあ売り切れなんて全くなく、普通に開場時刻に
来た人のほうが並ばずに買えるようなありさまでした。

また、最近はwebでも開催日から送料を払えば購入可能です。

ですので、売り切れという文字に惑わされずにコンサート
目的に来て、空き時間に買うような感覚で来ましょう。

またCDなのでお持ちの方は是非CDプレイヤーを持参される
こともあわせておすすめします。