カテゴリー別アーカイブ: 独占!ももクノ60分

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

ももクノにさらに曲数と未来型のファンサービスを追加した素晴らしいライブでした。オマケとして、AKBGのようにスタダ福岡営業所の設立が判明しました。2014.10.18『有安杏果プレゼンツ チビッ子祭り2014』熊本大会

標準

いきなり一曲披露して、
Overture入れて曲をやって
間にMCを入れて、曲をやって、

次が、久しぶりにももクロが未来を見せてくれた
瞬間で凄かったんですが、LV会場と現場を中継で
つなげて直接コミュニケーションをとるというものを
やってのけました。
今日はHKTがやったアイア シアタートーキョー
をももクロさんが使いました。

一つの会場を選んでそこの客と中継を結んで
質問に答えたり、ももクロさんが指示して現場から
LV会場へウェーヴをつなげて演出したり。

そして曲を数曲入れて、今度は熊本の現場の
整理番号によるくじ引き大会です。
数名に現場で直接リクエスト通りに声を入れて
プレゼント、
1名にお好きなライブの最前列ゼロポジション
の優待券が当たるものでした。

その途中の繋ぎの会話が盛り上がりすぎて
巻きが入るという、ほんとここらへんは
SMAPのように、トーク力、ファンへのサービス力、パフォーマンス、
バランスよくスキルアップしているところが
垣間見れて頼もしくなりましたね。

当初、ちびっ子祭りということだったので
コントを入れた以前の子供祭りのような展開を
予想していたんですが、普通のライブだったので、
いい意味で裏切られましたね。

有安さんが最初に
「有安の名前がついたイベントだけど
気にしないでみなさん自分の推しの色
のサイリウムを使って楽しんで下さいね!」
と言ったのに素直に有安さんの魅力を
再認識しました。

私は高城推しですが、今回は最後まで
緑で通させていただきました!

終演後のトーク企画もももクロさんが盛り上がりすぎ
で制止される始末でw

最後に、AKB兼任ヲタの私に衝撃が走る
ことがおこりまして、
スタダの福岡営業所というものが設置
されていて、すでに訓練も開始されていて
数人これからデビュー予定のメンバーが
紹介されました。

LVの会場はその時静まり返っていたんですが、
たぶんほとんどのお客さんも同じことを
感じていたんじゃないかと思います。
スタダもAKBと同じ展開になってきたなあって。

でも現在のパクリパクられの状況を鑑みると、
いいと思ったものは各グループ間で自由に取り入れて、
業界をとにかく盛り上げていってほしいなって思いましたね。

へんな縛りをつくって自分の首をしめてしまって
業界を縮小させてしまう、かつての
プロレス業界のようにはなって欲しくないと
思いました。

川上さんとももくろさんが小さい会場でのライブ
を復活させて続けていく旨を熱く話していたので、
今後のももクロさんは期待していきたいと
思いました。

最後に、佐々木敦規さんの声も聞こえていた
んで今回は技術的なサポートを中心に
活躍していた様子でしたね。

(データ随時更新)ももクロチーム、ももクノの場所がなくなりライブハウスでの月イチライブ「月刊TAKAHASHI」を提案してきました。

標準

月刊高橋 という高橋優さんのUSTREAMでやっていた
月イチライブ企画名をパクリ、
月刊TAKAHASHI
と銘銘してFC限定の2000人規模のライブハウス
での月イチライブを提案してきました。

とりあえず2015年1月から8月までをリストアップ
してきましたが、たぶんライブハウスは1年前から
場所取りできるから8月までなんじゃないかと思います。

あと豆知識としてイベント会場って毎年同じ日に予約
しておくことが可能なんで、毎月12日というのは
賢い方法なんですよね。
イベント会場も収入が安定して安心ですし、
イベンターも探しまわらないですむしね。

あとこの時期に提案してきた大きな理由としては
AE、angel eyesという公式FCの発足したのが8月で、
8月から9月にかけて大量のアカウントが更新時期を
迎えるから急いで提案してきたんだと思いますw

一応2014.08.26時点での決定事項としては

<開催日時・会場>

2015年01月18日(日)Zepp DiverCity
2015年02月12日(木)Zepp Nagoya
2015年03月12日(木)Zepp Tokyo
2015年04月12日(日)Zepp Sapporo
2015年05月12日(火)(場所未定)
2015年06月12日(金)Zepp Fukuoka
2015年07月12日(日)Zepp Sapporo
2015年08月12日(水)Zepp Nagoya

2014.12.5発表の情報を追記すると、

<今後受付予定の月刊TAKAHASHI>

<2015年2月受付予定>
2015年04月12日(日)北海道・Zepp Sapporo
2015年05月12日(火)大阪・Zepp Namba
2015年06月12日(金)福岡・Zepp Fukuoka
<2015年5月受付予定>
2015年07月12日(日)北海道・Zepp Sapporo
2015年08月12日(水)愛知・Zepp Nagoya
2015年09月12日(土)宮城・ゼビオアリーナ仙台
<2015年8月受付予定>
2015年10月12日(月・祝) 福岡・Zepp Fukuoka
2015年11月12日(木)大阪・Zepp Namba
2015年12月12日(土)群馬・グリーンドーム前橋

<2014年12月5日受付開始>
2015年01月18日(日) 東京・Zepp DiverCity  open 16:00/start 17:00 
2015年02月12日(木) 愛知・Zepp Nagoya open 18:00/start 19:00 
2015年03月12日(木) 東京・Zepp Tokyo open 18:00/start 19:00 

ざっと2000人から3000人、ももクロチームは
許容量以上に詰め込むのが安定事項になっているんで
3000人は詰め込むんじゃないかと思います。

だから当選数は3回分で約9000人。

今ももクロチケットで確認したところ初回1~3月のレギュレーションから
当選数制限は無く、3回全部当選もありますね。
ですが、それはあくまでもしも売れ行きが悪い場合の保険で、
実際は重複当選は無いと考えるのが妥当だと思います。

ももクロチームはこういうレギュレーションを自由にいじりたい
から自分たちのチケットシステムを構築したんでしょう。

AKBは会員メニューに推しメン設定というのがあり、
そこに設定しているメンバーの期間が長いほど
その人の参加するイベントの当選確率が上がる
システムがあるんですね。

私は指原氏を何年も動かさずに継続して推しメン設定
しているからHKTのイベントの当選確率や良席確率が
高いです。

話を戻して、、

1会場より2会場、2会場より3会場にエントリーしたほうが多く抽選に
参加できるのでチャンスが高くなると思いますが、
1会場にエントリーして当選する人もいれば、3会場エントリーして全落
する人もいるので、まあ気持ち程度と考えるほうが利口ですね。

またAKBのチケットセンターはチケットの購入を無断でキャンセルしたり
支払いを忘れたり拒否したりした場合は当選確率が極端に低く
なるレギュレーションが導入されているので(公式に注意事項として
記載されています)、ももクロチケットもそういう方向になっていくんじゃないか
と思いますので、やりたい放題やっていた方は気をつけたほうがいいですよ。

しかし今回あれほどももクロチームが
多用していたBLITZが一切無いのをみると
zeppグループと総合的な優先、優遇契約を
結んだんじゃないかと思いますね。

しかしまたこのサイトで行ってきた、
ももクロはAKBの専用劇場のかわりにライブハウス
を専用劇場の代替として利用した方がよいとか、
中小規模ライブで最大の威力を発揮するという発言や、
大会場ライブは一切干す発言とその具体的な理由の列挙、
そしてそれをにごり無く遂行している現在の私、
それを見ているかのような修正をももクロチームは行ってきました

しょうがないからAE入りますよw
わかりましたよ川上さん。
そのかわり1年いい夢みせてくださいよ。

でもこれで全部外れたら、、もう二度と入らないかも。

 

20214.11.7追記:

こちらに全日程発表後に記述したまとめがあります。

期待しすぎていたようですねw

ナルチカ2013冬モーニング娘。遂に来ましたね。ハロプロによるももクロのパクり企画w

標準

「なるだけ近くでHello! Projectのライブを体験してもらおう!」
をコンセプトに
全国のライブハウスを中心とした会場でHello! Projectの面々が行う【ナルチカライブショー】。
今までにない距離感で体感くださいね!

まんまももクノですね。

でも後発のグループはハロプロからぱくりまくってますから
これぐらいやってもまったく問題ないでしょうwwwww

ナルチカ2013冬モーニング娘。.jpg

水曜どうでしょうと川上マネとももクロとゲリラライブとももクノと日本全国ライブの旅について

標準

2013.01.12 川上マネが以下のtweetを。

2013.01.12momoirociover

2011年までは新宿や大阪のゲリラライブ等、ゲリラライブ
を積極的に行っていたんですが、やるたびに警察の
お世話になるようになり、仕方なくももクノという
改良型を立ち上げ、2回目までベルサール秋葉原でこだわっていた
んですが、いちゃもん、クレームが付き、やりにくく
なったので、ももクロチームはベルサールを諦めます。

そして、高城さんが旅番組やりたいとか、
他のメンバーも日本全国でライブをやりたい
と言い出したのもあり、また、
川上マネが水曜どうでしょう
の大ファンで、川上さんも旅企画をやりたがって
いるのもあり、それを道半ばになっていたももクノ
に被せる形にして、日本全国旅企画を
ももクノというフォーマットで行うように
なったように感じます。

まさに日本全国サイコロの旅ならぬ、
日本全国ライブの旅です。

道半ばで頓挫していたももクノという企画が
うまく昇華して良かったですね川上さん!