カテゴリー別アーカイブ: 独占!ももクノ60分 vol.1

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

ももクロ 2012.06.17 NHKホール大会 現場の空気のレポート。セットリストはナタリーさんで。

標準

開演前

午前中到着し、パンフレットを購入。

Chanグッズとパンフレットは会場入り口で併売。

Chanグッズも並びは数十人でした。
パンフレットも並びはなくすぐ購入できました。
チケットの有無は関係なかったです。

PARCOではグッズ販売をやっていて、
十分午後でもすぐ購入可能でした。

この日は暑くて27度くらいに温度が上がっていました。

会場前で仲間としばし歓談。

ちなみにこの歓談していた場所を10時ごろ高城さんが自転車で
通ったみたいです。

開場

16:30開場で、並びました。

開演

で今回は比較的前の席でした。

15分前くらいに山里氏がブーイングを浴びながら
登場!
すぐ川上さんも登場。
左側のMCブースに陣取りました。

テレビ放送は17:20分だったんですが、
みんながまだNHKホールってことと
中継ってことで緊張している様子だったのと、
もう舞台そでにももクロさんがいると
感じているため今日もよろしくお願いします
という心の叫びを一発入れました。

みんながいつものみんなになって
あったかくなってきました。

声はももクロさんも嬉しいと常々感謝している
ので、できたらかけたいところです。

例えば、杏果さんなんかwordsの最初の部分が大好きで、
理由は自分の名前を呼ばれるからだと言っていますしね。

今回変わったと思ったのは、NARASAKIさん作品が
序盤で連投されたことです。

03. ピンキージョーンズ
04. CONTRADICTION
05. DNA狂詩曲
06. BIONIC CHERRY
07. LOST CHILD

NARASAKI中毒の私はもう歓喜しました。

それは、ももクロチームの意識の中ではNARASAKIさん
の作品がいまだに重要なポジションを占めていることが
わかったからです。

労働讃歌はなかったですね。

あれはメッセージ性が強いからアーチスティックな
今回の色には合わなかったのかも知れないですね。

で次々と演目が進んでいき、みんな全力で応援して
ももクロさんも応えていく中、ももクロさんがはけて
乙女戦争のVTRのみが流れるNHKホール。

みんなは応援してましたが、私はここは自問自答
してVTRに応援はできませんでしたので休んで
いました。

そしたら2階席と3階席の映像が映し出されそこに
ももクロさんの姿が。

1階の客はみんな後ろを向きましたが、ももクロさんは出入口
近くにいるので、1階からは確認がまったくできません。

で舞台には2階3階にいるももクロさんを映し出す映像が
流れています。

みんなどっち向いたらいいのかわからなくなっていて
少し1階は冷めてしまっていました。

そんななか、2曲目も始まったんですが、こんどは佐々木さん
のソロでみんなが見える場所でやってくれたんで、
立ち直ったかに見えたんですが、3曲目はまた同じ感じで
2,3階の見えないとこに行ってしまいました。

ここで、佐々木演出がさすがだと思ったのは、1曲目に
舞台にだれもいなくなってしまいおいてけぼりにされたことで
客が冷めてしまったので、次の2,3階への移動時には舞台上に
他の4人を戻したことです。

これでみんな舞台を見て全員が一体になって盛り上がり
直すことができました。

ここら辺は修正していくと思いますので、地方公演
に行かれる方は経過報告お願いします。

MCコーナーは、24時間テレビの空気を引きずっていたからか、
今のリアルなももクロさんなのかわかりませんが、
百田さんがメレンゲの仕事で着々とMCスキルを上げて
いってるのもあり百田さんがお題をリードしていき、
佐々木さんがボケて、有安さんがまじめコメントで盛り上げ、
高城さんが変化を加え、玉井さんは百田さんの相方役
として百田さんのサポートをして、とそんな感じがしました。

しかし高城さんがここ最近自分で今年から違うと宣言して
いた通り、化けてきているのに驚きました。

アンコール1

でアンコールもあり、最初のアンコールの後、
清野さんが舞台に出てきて、2,3階から舞台に来る
スピードが一番速かった百田さんを表彰し、客
をぽかーんとさせました。

しかし会場のスタッフに終わるような前触れを感じません
でしたので、誰かがいかなければ行こうかと思っていたら、
誰かがダブルアンコールをぶっこんでくれました。

この日のアンコールはいつもより長めでした。
理由は分かりません。

アンコール2

ダブルアンコールは、極楽門の時と同様に、会場と時間の
関係でこれ以上演奏することができませんと百田さん
が説明。

いろいろなにやろうかなあって話し合っているうちに、
じゃアカペラでなにかやりましょうかとなる。

お客さんにリクエストを聞くも、たくさん声が多すぎて
選べないとなる。

私はあの空に向かってと言いたかったが、既にのどが
やられていて、声が出なくて伝わらなかった。。

結局、自分たちで選び、スターダストセレナーデ
をプレゼントしてくれました。

帰宅

自宅に帰り、録画したHDと3Dのライブ映像をチェック。
3Dはまあまあで面白いねって感じですが、平面の板が
前後に移動するような感じで、立体のように見えて
立体じゃないんで、生まれたての小牛のように
見ていてやりきれなくなってきちゃって疲れます。

だったらもう最初から平面ですが解像度高いですよ
って宣言しているHDのほうが疲れないですよね。

雑感

会場は空調が効いていて、蒸し暑さは感じませんでした。
しかし、熱気は

2011年10月9日(日)東京都 ベルサール秋葉原
ももいろクローバーZ「独占!ももクノ60分 vol.1」

2012年3月7日(水)東京都 赤坂BLITZ

程度はあった感じします。

それは、終演後仲間と数時間歓談後に帰宅したんですが、
それでもなお衣服がびしょ濡れでくっついてしまっていて
脱ぐのに苦労しましたからね。
そうとうだったんじゃないかと思います。

お客さんの心を込めた応援を肌で感じながら、最期まで
楽しむことができました。

今回はお客さんが素晴らしかった。

みなさんこのたびはありがとうございました!!!

2012.01.07 ももクノvol2 「独占!ももクノ60分 vol.2」 ベルサール秋葉原 無銭エリア現場とtwitterとustreamの実況を中心にレポートです。

標準

2012.01.07 ももクノvol2 ベルサール秋葉原

無銭エリア現場とtwitterとustreamの実況を中心に少しづつレポートです。

>歩行者天国ではないし、地下ホールみたいで1階は物販のみの様子なので
>無料スペースは無しのようですね。

(訂正:
ファンがイベンターに確認したところ、一階で開催するが、前回と違い
ガラス張りなので、音響も遮断されているので音楽を楽しむのは無理で、
係員が整理するのでライブの客のノリで楽しむのも無理だろうとのことです。

しかし当日に川上マネがスピーカーを設置してカーテンをとるといった神サポート
を行い、無事観て聴いて楽しむことができました。

また、ガラス壁がありましたが、音が漏れてくることがわかりました。
低音中心ではありましたが。)

情報が2日くらいで2転3転しました。

最初は地下で無銭スペースは無し、
次は一階で無銭エリアは無理、
最後は当日に現場で質問して
前回同様の処置をするとして最終決定でした。

ちなみにこのイベント、経緯をおさらいしますと、

普段行けない若いファンか、新規ファンへの入り口として
1800円というAKBのチケット並の価格でサービス
しているももクノでしたが、結局業者へまるまる3公演の内
1公演分転売用に搾取され、1800円のチケットを10000円
で購入させられ、1枚8000円程度の利益をふんだくられ
たももクロ運営チーム。

約8000円を約800枚ですから転売業者に約6400000円パクられたわけですね。

こんなことになるんだったら前回同様IDチェック方式にして抽選でチケットを販売したほうが
良かったようなきがするんですがね。。3000円程度になっても10000円よりは
ましな気がしますね。

その物販ですが、Tシャツが1種類リリースされました。

ももクロにもこれや紅白落選をきっかけに、ぜひともホールツアーのスケジュールをより
積極的に展開していって欲しいものです。


ではレポートです。

まず当日2012年1月7日にtwitterをチェックしていると、8時ごろにもう数十人
の列ができていると報告がありました。

で、現場からの報告で、外にスピーカーを設置して無銭スペース
も用意するとのこと。川上マネの判断だったみたいです。

そして、即刻秋葉原に飛んでいき、5列目に陣取ることに成功しました。

到着した時点ではスピーカーもなく、カーテンに遮られたままでした。

で11時ごろ、ももクロちゃん達がリハーサルを開始しました。

言い訳Maybe
We Are UFi!!!!
宇宙

等、攻撃的な布陣でしたので興奮しました。

カーテンの隙間からのぞいていたんですが、動きがきれきれですごかった。

スタッフが物販の説明に来て、無銭エリアの人は、チケット有のひとに頼んで
購入して下さい。と言って回っていました。
誰一人行きませんでしたがww

カーテンオープン

で開始60分前にカーテンが開き、無銭モノノフから拍手が沸き起こっていました。

そして川上マネがスピーカーをお恵み下さいました。

中を見渡すと、
向かって左側に60分の経過状況を示すストップウオッチの電光掲示板と、
向かってセンターに杏果の身長より少し低い位の舞台、
向かって右側に女性専用スペースが設置されています。

この女性専用スペースは、後方が大きくあいていたとの報告があり、
メインスペースを詰めろとさかんに言うなら後方を使用したほうが
良かったんじゃないかと参加した女性が報告していました。

あと、川上マネが12時頃ホールに見えまして、早速ももクノ2のTシャツを着こなしていましたw

あとは、当日チケットが余ったので自分を見つけた人にあげるという人がtwitterで現れて、
近くの人が根性で見つけて本当に貰っていました。

徐々にホール脇に待ち行列の区画整理が始まり、見ていたところ、
200人、200人、200人、400人
1-200 201-400 401-600 601-1000
という感じで区分けされていました。

前回は200人ずつで計800人でしたので、200人増えた感じです。
しばらくして12時30分に開演しました。

1部開演

MCについて:

MC内容はももクノ1では会話は無銭エリアに聴こえなかったんですが、
今回は神のおかげで全て聴こえる状況でした。

内容は前回とあまり主旨は変わらず、時間についてのおもしろトーク
なんですが、今回は、誰かが一人でずっとしゃべろうとすると、笑いながら
モノノフ達が笑いを取ろうとさかんに頭上で両手で
「いーとーまきまき」のしぐさをして時間がないからトークを短くしろという
ネタをももクロに振ることを多々行っていました。

ですが、ももクロちゃん達もネタだと分かっているので、それをスルーして
恒例の杏果のwiki情報を延々報告したり、高城さんのぶっこみ、
玉井さんの煽り、百田さんの突っ込み、佐々木さんが管理という仕事を
各自見事にこなしていました。

曲について:

新曲やサプライズ曲は各部に1曲づつ平等に披露していて
気遣いが感じられて良かったと思います。

あと前回と変わったこととしてはNARASAKI作品を積極的にやるように
なったところですね。前回は3部全て合わせて1曲しか披露しません
でしたからね。。

まあセットリストはナタリーさんや他の方のブログでご参照ください。

面白かったネタ:

人により違いますが、私が一番今回面白かった出来事は、玉井さんの

「AKBさんが大好きだあーーーーーーーーっ!しかし今日は幕張で握手会をやっていて秋葉原にはいない!
だからAKBさんがいない秋葉原は私たちが守るぞーーーーーーーーーーーーーーーーつ!!!」

っていうどなりでしたw

これ僕は、他のものには全くなんにも感じない、興味もわかない、
ももクロオンリーの純粋モノノフですが、自由で良いなあって
しっとりしちゃいます。。

余裕あるし、なんでも受け入れていく姿勢。

猪木時代の新日のように未来に向けて可能性が無限大に広がっている
感じがしてほんとすてきな世界だと思います。

話違いますが、、
今回、近くにいろんなアイドルを追いかけていることを自慢する人
がいたんですが、なんか腹立ったなあ。
ももクロ?ああ、別ので忙しいから行かないけど
概要は知ってるよ的なしゃべりを展開していて、
そういうやつに限ってうるせーうるせー。
聞きたくもないのに前だから勝手に耳に入ってくるんだよ。
昨日名古屋行った?「しらねーーーよ!」
川上さんは今日えび中で忙しい?「知ったかぶりすんな!前見ろよ!!」

1部終了:

1部は無銭エリアで無事完了しました。

ガラスが曇っていました。
中の人は汗だくで大変だったみたいですね。

で2部も続行する気持ちだったんですが、ここでえらそうに書いているのもあり
自分が強欲に2回楽しむより、1人でも他の方に楽しんでもらいたいと考えて、
退去させていただきました。

2部からは自宅でustream:

で自宅に戻り、恒例のustreamの秋葉原中継にくぎ付けで3部まで楽しむことになりました。

ustreamの秋葉原ライブカメラは音声がないです。
だから視聴している全国各地のモノノフ達でしゃべりながら盛り上がることに
なりました。

2部が開始する前は世間話していて、開演すると、まず無銭エリアのモノノフの
動きを見ながら曲名当てクイズ大会が行われていました。

みんなサイの振り方やジャンプとか腕の動かし方とか動作を丁寧に観察
しながら曲名を当てていました。
時間がかかるのもあれば、BCとか怪盗とかココナツとか超安易なものまで
いろいろあり、僕も精進しないといけないなあと勉強になりました。

1部は行ってきたので、分かる範囲で自分なりに解説したりしてお手伝いできた
感じで楽しかったです。

そして3部は前回サイリウムの海が綺麗だったから、みんな今回も期待して
いたんですが、前回の方が暗くてサイの量も多くて綺麗だったのにはがっかり
しました。

でも冷静に分析すると、新規の増加ペースが見えないところでえらいことに
なっているんじゃないかって思いました。
前回は無銭エリアはほとんど継続のモノノフでしたが、今回は3割程度が
地蔵の新規の人たちでしたからね。。

・おもしろかったこと 1

無銭エリア最高方の新規だらけの場所に、途中から小学生くらいの小さい子供が加わって
一生懸命ひとりでジャンプしたり踊ったりしていました。
なんか嬉しくなりましたね。。学校でももクロを広めてくれよ!ガキども。

・おもしろかったこと 2

無銭エリア中腹に、サイバージャージャー系の元祖ヲタ芸コンビがピンクと黄色
のマントに鉢巻というクラシックスタイルの衣装で身を包み、元気よく右左に標準
的なmixを発動させて楽しんでいました。

しかし、ももクロのファンは1人もそういうクラシックスタイルのヲタ芸をする人は
1人もいませんから、数分で空気を読んでだまりこくってしまいました。

で少し経つと、モノノフ達がやっているももクロ専用の振りを見よう見まねで
やるようになったんです。
で結局最後まで2人はももクロ専用モードで楽しんでいました。

最後

最後は前回川上さんが無銭エリアに出てきて、無銭のモノノフが感謝のアキラ
コールの嵐を送っていたことをustで教えて、今回の無銭エリアにも居残り組が
結構いたので、もしかしたらあります的なことを言ったら、みなさん最後まで
残させてしまうハメにしちゃったんですが結局今回は出てこず。
その節はすいませんでした。。

以上、自分が今回ももクノ2を楽しんだ方法を全て状況説明して
これが将来のモノノフさんたちへの手助けになってくれれば幸いです。

世界中のモノノフの皆様、今回は心よりありがとうございました!

 

ライブの詳細は以下リンクをご参照下さい。記事探したらナタリーさんしか無かったwwマスコミは信用できんなw

http://natalie.mu/music/news/62415