カテゴリー別アーカイブ: ももクロChan Presents「ももクロ試練の七番勝負episode.1」DVD

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

ももクロ七番勝負episode2第四戦 スターダスト公認ももクロ芸人山里氏ももクロから愛を受け取り男泣きの巻

標準

七番勝負第四戦での出来事。

2012.02.08 不毛な議論で、多分
ももクロマネ陣から入手したであろう
やり取りの音声が公開されたので
ここに記録しておきます。
音声より文字の方が多様な場面で有効
なので、これからも重要事項は記録
していくことにします。

彩香
お願いしてくれたら助っ人の山ちゃん呼ぶけどお。。

玉井
あーお願いお願い!おねがいします。。

会場
wwwwwww

彩香
さーそれでは本日の助っ人お呼びしましょう!
南海キャンディーズの山ちゃんでーーーーす!!

(一連のブーイングのくだりあり。)

彩香
はいはい!!

ちょっとひとつ言いたいことがあるっ!!!!!

山里
どーしました佐々木さーん?

彩香
あのーもし、雨トークで、ももクロ芸人をやる時は、僕じゃなくって、
バナナマンさんや、塚地さんだって
言ってたって聞いたんですけど、、、

すっごいネガティヴですね。

山里
ちょっとちょっと、、、、

彩香
wwwwwwwwwwww

玉井
確かにね!!!

彩香
wwwwwwwwwwwwww

玉井
男だろオーーーーー!!!!!!!!

お、と、こ、だ、ろ!!!

芸能界一のももクロ芸人はっっ、、

後にも先にもおーーーっ、、、、、、、

山里亮太!!!!!!!!!

ただ1人だけだあーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!!!

会場
ウオーーーーーーーーーーーーーーッ
!!!!!!!!!!!!!!!

百田
山ちゃんがーっ!、、、
プレゼンしてーっ!!、、
通らない番組はーっ!!!、、、、、、

こ、っ、ち、か、ら、願い下げだあーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会場
ウオーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ももクロ
あーーーーっ!(^^)

男泣きだ男泣きwwwwwww(^^)

ももクロ+観客:

やーまーちゃんっ!!!!!!!!!

やーまーちゃんっっ!!!!!!!!!!
やーまーちゃんっっ
っ!!!!!!!!!!!!!!!!

山里
よーーーーーし!!!!!!!!!!

俺がアメトークに持ってくぞーーーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会場
ワアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

彩香
アッハッハwwwwwww

山里
だがその前に言っとくことがある!!!!

俺は、、、、、、、、

アメトークにはハマってないっ!!!!
!!!!!!!!!!!!

彩香
あーーーーーーん(´・_・`)

山里
お前らスマんっ!!!!!!!

ももクロ 試練の七番勝負 episode1は書籍とDVDがあるが、書籍も必須な訳

標準

DVDを購入したので売ろうとして、今一度内容を確認したら、
DVDに未収録の3番勝負が掲載されていたんですねえ。

実は書籍版は8番勝負と9番勝負と10番勝負が追加収録されているんです。

8番勝負は、川上アキラ(スターダストプロモーション・ももクロのチーフマネージャー)
9番勝負は、佐々木敦規(Film Design Works取締役・ももクロ関連イベント総合演出)
10番勝負は、和田彩花(スマイレージ)

これが面白いんで、売らないことに決めました。

なかなかやるなあChanスタッフwww

今日ももクロの七番勝負1 武藤敬司・吉田豪 吉田豪さんの回観てたら私と同じ傾向で驚いた。

標準

七番勝負episode2は本日終了となりますが、私はDVD購入して
楽しみたいのでネタばれを避ける意味であまりチェックをせず、
発売されたばかりのepisode1をチェックし、ももクロの分析に
勤しんでおります。

武藤さん

今日は武藤敬司選手の4回と、吉田豪さんの5回をチェックしました。

武藤選手は業界外の人なので、自由に業界人だと気を使って聞かない
こともどんどん質問して、ももクロの分析がより進む内容で良かったです。

そこの辺りは、DVDを今一度見返して後日追記しますが、

簡潔に説明すると、武藤さんの回は、グレートクローバーに至る経緯が
全てクリアになる内容でした。全部ここの企画会議で決まっていたんだなって
分かり面白いですよ。

吉田豪さん

は、冒頭にて

「僕は握手もしない派だから」

と言ったのに驚きました。
で、それによって同様の私が変わっているという概念も
覆されて助かりました。

お客さんに事前に質問した回答を読み上げていました。

ももクロの良いとこ、悪いとこ、等。

で、山里氏が、玉井さんはたまに鋭い突っ込みをする
時があり、それが印象に残っている。
突っ込みのセンスがあるのは玉井さんだと思うと言いました。

ここで取り上げたももクロChan#16のオープニングトーク、
あの神がかり的な面白さが展開された時のキーポイント
は玉井さんでした。
だから、私もこの時確信したんです。玉井さんのセンス
と実力は素晴らしいと。

しかしこれの半年前に山里氏が玉井さんを突っ込みに
推していたのはさすがだと思いました。

こちらも後日追記します。

ももクロChan Presents「ももクロ試練の七番勝負episode.1」DVDを3回分観て

標準

本も出版されていますが、やはりDVDとして発売して正解だったと
思います。

7人のゲストと7日間にわたりトークバトルを展開するこの企画。

まずパッケージが東映の怪獣映画とか昔の子供雑誌のセンス
のパッケージデザインで楽しくなり、、
開けると、全て2層のDVDディスクが数枚。

再生:

ディスク1を投入:

トークの前後に歌を歌うので、真っ暗の中のOvertureから
始るので、その会場の映像と差し替えでまず7回分がスレッド表示され、
そしてそのディスクの収録回のタイトルがアップになり、
1曲目開始とともに会場の映像に切り替わります。

そしてなぜか歌中に歌詞の字幕が流れてくるんですが、
この歌詞がももクロChanスタッフ陣のももクロ愛爆発
を感じる部分で、語尾にやたら「ぃ」とか「ぇ」とか
「ぃぃぃぃ!!!」とか使用されていて、なんか心が
ほっこりなりました。
そしてその表示タイミングも寸分の狂いもなく
ももクロちゃんの声(今回はパクっぽかった)
と同期してどんどん切り替わっていきます。

ももクロChanスタッフはたぶんこの企画は
語り企画という位置づけでこだわっている
んで字幕を付けたのかも知れないですね。

トーク中:

でまあトークが進んでいき、、、

内容については視点がみなさん違いますので、
割愛しますが、特に付け足すとすれば、
本と違うのが、わからないワードが出てきた
時に画像で解説が入ることですが、
川上マネの画像はまあ頻繁に出現しましてww
t1時と場合によって1秒以下表示される時があって
笑いましたww
そこまでして出したいのかChanスタッフはとw

トーク終了:

トークが終了すると、ゲストと山里氏が客席
に移動した後、曲を2曲演奏して、、バイバイ!
でお約束の通りみんながはけていきます。

で、、ここからがこのDVDの山場なんですが!

本の読者や会場に来ていたモノノフ
でも経験できなかった、バックステージのシーン
が十数分収録されていまして、

今日のステージの感想を述べる山里氏とゲスト、
そして、佐々木敦規とももクロも加わり、素顔の
反省会のシーンに突入します。

ここは本当に見どころで、ももクロチームがチーム
と言われる所以を感じられるシーンになっているんです。

これライブチケットが4500円で7回だから
ざっと計算して7回で31500円
このDVDはプラスより楽しめるサービス満載で
16000円
だから安いと思います。

気になったこと:

で最後に気になったことですが、
あーりんが2回目に

「昨日も来てくれた人!」

ってチェックしてて20から30パーセント程度
いたんですが、この当時は売れ残っていた
んで良いですが、これからは他のモノノフ
のことも考慮して、運営側がなるべく多くの
人に体験してもらいたいと思い、回数を
増やしているんだから、何回も1人で
参加するのは控えて欲しいなと思いました。

なにか実行するときは、自分よりもももクロちゃんや
他のファンの人のことを考えて欲しいです。