カテゴリー別アーカイブ: ももクロ試練の七番勝負Episode3

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

ももいろクリスマス2013 南国ピーナッツのサプライズはAKBのキャリアにあってももクロに無いもののひとつ、東京ドーム発表だろう。

標準


南国ピーナッツこと松崎しげるさんは当日ライブがある
とのことですが、私は中継してまでもサプライズの
場面は出演すると感じています。VTRで発表しても面白そうですよねw

と前置きはこれまでにして本編です。

まあ、AKBも一番最初のAKBチームAが一番苦労したわけで。
後塵はAKBチームAの出来に左右されるものの、
なんとか成功してきたために、AKBのチームAよりは比較的楽に
歩んできた。

ももクロさんもスタダ初ということでこれからもスタダ
の先頭を切って開拓していく立場なので苦労していくだろう。

そう考えると、

SKEやNMBやHKTとももクロを比較するのは
ナンセンスなわけで。
ジャニーズも然りである。

まあAKBも秋元康という看板があるので
平等ではないものの、
ももクロが参考にしている部分も多く、
感化されて結成した部分もあるということで
AKBが妥当じゃないかと思う。

AKB48
2005.12.8 AKB48結成
01y00m 2006.12.3 日本青年館
02y00m 2007.12.31 紅白出場
03y08m 2009.08.22 日本武道館
04y04m 2010.04.09 オールナイトニッポン開始
05y03m 2011.03.25 横浜アリーナ(震災により予定中止)
06y03m 2012.03.23 さいたまスーパーアリーナ3days
06y08m 2012.08.24 東京ドーム3days
07y07m 2013.06.08 日産スタジアム

ももクロさん
2008.05.17 ももクロ結成
2y7m 2010.12.24 日本青年館2y7m
3y6m 2011.11.12 女子流コラボ(AKBがアイドリングコラボを先に実行済み)
3y7m 2011.12.25 さいたまスーパーアリーナ
3y11m 2012.04.21 横浜アリーナ2days
4y5m 2012.10.05 日本武道館
4y7m 2012.12.31 紅白出場
5y3m 2013.08.04 日産スタジアム

テレビやラジオといったメディアにももクロさんは弱いですね。
やはりAKBは電通がバックなんで紅白も早いしオールナイトニッポンも早い。
現場は明らかにももクロさんのほうが強いですね。
AKBに対する劇場とももクロに対するライブハウスは同じ存在意義ですからねw

とすると、AKBは劇場は初心を忘れないために
大切な場所と全員が口をそろえて言っているのだから、
ももクロさんにも是非考えを改めていただき、
ライブハウスでの日常的な公演の再開と継続的な
運用をお願いしたいものです。

話を戻しますと、、

ももクロは東京ドームのキャリアがポカーンと
抜けているんですね。

でこの現場以外の活動状況としては、
AKBは毎晩劇場公演があり、
週末握手会、

ももクロは、メンバーの性格として、
実家でできるだけ生活することで
タレント力の育成に繋がるとの川上
マネの方針の元、学校優先で活動
しているため、週末は、劇場は
無いため、芸人のように屋上や店頭
のイベントスペース、初期は歩行者天国、
次第にzepp系やbritz系のライブハウス
で活動してきました。

ももクリ2013のサプライズは東京ドーム
だろう、東京ドームであって欲しい
と切に願います。

但し、私はももクロさんのみでMCをはさみながら
曲を連続で披露していく形式ではなく、
ゲストが格闘技形式でぽつんぽつん
と参上して一曲ずつ休み休みやる形式
の佐々木敦規地獄の現状では
今はまったく行く気がしないので
東京ドームでも西武でもどーでも良いですね。

逆にNHKホールとかzepp復活の発表のほうが食いつきますねw
あとは試練の七番勝負に全力をぶつけていきます!

ももクロ試練の七番勝負episode3 FC先行は安定の7公演全部落選でした。

標準

これでももクロFC先行チケット予約落選記録更新。
一度も当選なしです。

twitter閲覧していても、やはり
確率低い感じを受けました。

キャパ500人程度の会場を7日ですから
3500人。
あたりまえですね。。

注意!

チケットの入手を目的にFCに入る人は
止めておいた方がよいです。

たぶんももクロチームに腹が立って
ももクロのファンを辞めたくなると思います
から危険です。。

FCに入る人は、動画、コメント、イベントレポート、
自己満足、奉仕の心w、等を目的に
入れる人だけ入った方が吉です。

最後に

1月11日の一般予約をがんばりましょうぜ!
ダンナ。