カテゴリー別アーカイブ: ももいろクローバーZ ももクロ試練の七番勝負 episode.2

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

(データ随時更新)ももクロチーム、ももクノの場所がなくなりライブハウスでの月イチライブ「月刊TAKAHASHI」を提案してきました。

標準

月刊高橋 という高橋優さんのUSTREAMでやっていた
月イチライブ企画名をパクリ、
月刊TAKAHASHI
と銘銘してFC限定の2000人規模のライブハウス
での月イチライブを提案してきました。

とりあえず2015年1月から8月までをリストアップ
してきましたが、たぶんライブハウスは1年前から
場所取りできるから8月までなんじゃないかと思います。

あと豆知識としてイベント会場って毎年同じ日に予約
しておくことが可能なんで、毎月12日というのは
賢い方法なんですよね。
イベント会場も収入が安定して安心ですし、
イベンターも探しまわらないですむしね。

あとこの時期に提案してきた大きな理由としては
AE、angel eyesという公式FCの発足したのが8月で、
8月から9月にかけて大量のアカウントが更新時期を
迎えるから急いで提案してきたんだと思いますw

一応2014.08.26時点での決定事項としては

<開催日時・会場>

2015年01月18日(日)Zepp DiverCity
2015年02月12日(木)Zepp Nagoya
2015年03月12日(木)Zepp Tokyo
2015年04月12日(日)Zepp Sapporo
2015年05月12日(火)(場所未定)
2015年06月12日(金)Zepp Fukuoka
2015年07月12日(日)Zepp Sapporo
2015年08月12日(水)Zepp Nagoya

2014.12.5発表の情報を追記すると、

<今後受付予定の月刊TAKAHASHI>

<2015年2月受付予定>
2015年04月12日(日)北海道・Zepp Sapporo
2015年05月12日(火)大阪・Zepp Namba
2015年06月12日(金)福岡・Zepp Fukuoka
<2015年5月受付予定>
2015年07月12日(日)北海道・Zepp Sapporo
2015年08月12日(水)愛知・Zepp Nagoya
2015年09月12日(土)宮城・ゼビオアリーナ仙台
<2015年8月受付予定>
2015年10月12日(月・祝) 福岡・Zepp Fukuoka
2015年11月12日(木)大阪・Zepp Namba
2015年12月12日(土)群馬・グリーンドーム前橋

<2014年12月5日受付開始>
2015年01月18日(日) 東京・Zepp DiverCity  open 16:00/start 17:00 
2015年02月12日(木) 愛知・Zepp Nagoya open 18:00/start 19:00 
2015年03月12日(木) 東京・Zepp Tokyo open 18:00/start 19:00 

ざっと2000人から3000人、ももクロチームは
許容量以上に詰め込むのが安定事項になっているんで
3000人は詰め込むんじゃないかと思います。

だから当選数は3回分で約9000人。

今ももクロチケットで確認したところ初回1~3月のレギュレーションから
当選数制限は無く、3回全部当選もありますね。
ですが、それはあくまでもしも売れ行きが悪い場合の保険で、
実際は重複当選は無いと考えるのが妥当だと思います。

ももクロチームはこういうレギュレーションを自由にいじりたい
から自分たちのチケットシステムを構築したんでしょう。

AKBは会員メニューに推しメン設定というのがあり、
そこに設定しているメンバーの期間が長いほど
その人の参加するイベントの当選確率が上がる
システムがあるんですね。

私は指原氏を何年も動かさずに継続して推しメン設定
しているからHKTのイベントの当選確率や良席確率が
高いです。

話を戻して、、

1会場より2会場、2会場より3会場にエントリーしたほうが多く抽選に
参加できるのでチャンスが高くなると思いますが、
1会場にエントリーして当選する人もいれば、3会場エントリーして全落
する人もいるので、まあ気持ち程度と考えるほうが利口ですね。

またAKBのチケットセンターはチケットの購入を無断でキャンセルしたり
支払いを忘れたり拒否したりした場合は当選確率が極端に低く
なるレギュレーションが導入されているので(公式に注意事項として
記載されています)、ももクロチケットもそういう方向になっていくんじゃないか
と思いますので、やりたい放題やっていた方は気をつけたほうがいいですよ。

しかし今回あれほどももクロチームが
多用していたBLITZが一切無いのをみると
zeppグループと総合的な優先、優遇契約を
結んだんじゃないかと思いますね。

しかしまたこのサイトで行ってきた、
ももクロはAKBの専用劇場のかわりにライブハウス
を専用劇場の代替として利用した方がよいとか、
中小規模ライブで最大の威力を発揮するという発言や、
大会場ライブは一切干す発言とその具体的な理由の列挙、
そしてそれをにごり無く遂行している現在の私、
それを見ているかのような修正をももクロチームは行ってきました

しょうがないからAE入りますよw
わかりましたよ川上さん。
そのかわり1年いい夢みせてくださいよ。

でもこれで全部外れたら、、もう二度と入らないかも。

 

20214.11.7追記:

こちらに全日程発表後に記述したまとめがあります。

期待しすぎていたようですねw

ももいろクリスマス2013 南国ピーナッツのサプライズはAKBのキャリアにあってももクロに無いもののひとつ、東京ドーム発表だろう。

標準


南国ピーナッツこと松崎しげるさんは当日ライブがある
とのことですが、私は中継してまでもサプライズの
場面は出演すると感じています。VTRで発表しても面白そうですよねw

と前置きはこれまでにして本編です。

まあ、AKBも一番最初のAKBチームAが一番苦労したわけで。
後塵はAKBチームAの出来に左右されるものの、
なんとか成功してきたために、AKBのチームAよりは比較的楽に
歩んできた。

ももクロさんもスタダ初ということでこれからもスタダ
の先頭を切って開拓していく立場なので苦労していくだろう。

そう考えると、

SKEやNMBやHKTとももクロを比較するのは
ナンセンスなわけで。
ジャニーズも然りである。

まあAKBも秋元康という看板があるので
平等ではないものの、
ももクロが参考にしている部分も多く、
感化されて結成した部分もあるということで
AKBが妥当じゃないかと思う。

AKB48
2005.12.8 AKB48結成
01y00m 2006.12.3 日本青年館
02y00m 2007.12.31 紅白出場
03y08m 2009.08.22 日本武道館
04y04m 2010.04.09 オールナイトニッポン開始
05y03m 2011.03.25 横浜アリーナ(震災により予定中止)
06y03m 2012.03.23 さいたまスーパーアリーナ3days
06y08m 2012.08.24 東京ドーム3days
07y07m 2013.06.08 日産スタジアム

ももクロさん
2008.05.17 ももクロ結成
2y7m 2010.12.24 日本青年館2y7m
3y6m 2011.11.12 女子流コラボ(AKBがアイドリングコラボを先に実行済み)
3y7m 2011.12.25 さいたまスーパーアリーナ
3y11m 2012.04.21 横浜アリーナ2days
4y5m 2012.10.05 日本武道館
4y7m 2012.12.31 紅白出場
5y3m 2013.08.04 日産スタジアム

テレビやラジオといったメディアにももクロさんは弱いですね。
やはりAKBは電通がバックなんで紅白も早いしオールナイトニッポンも早い。
現場は明らかにももクロさんのほうが強いですね。
AKBに対する劇場とももクロに対するライブハウスは同じ存在意義ですからねw

とすると、AKBは劇場は初心を忘れないために
大切な場所と全員が口をそろえて言っているのだから、
ももクロさんにも是非考えを改めていただき、
ライブハウスでの日常的な公演の再開と継続的な
運用をお願いしたいものです。

話を戻しますと、、

ももクロは東京ドームのキャリアがポカーンと
抜けているんですね。

でこの現場以外の活動状況としては、
AKBは毎晩劇場公演があり、
週末握手会、

ももクロは、メンバーの性格として、
実家でできるだけ生活することで
タレント力の育成に繋がるとの川上
マネの方針の元、学校優先で活動
しているため、週末は、劇場は
無いため、芸人のように屋上や店頭
のイベントスペース、初期は歩行者天国、
次第にzepp系やbritz系のライブハウス
で活動してきました。

ももクリ2013のサプライズは東京ドーム
だろう、東京ドームであって欲しい
と切に願います。

但し、私はももクロさんのみでMCをはさみながら
曲を連続で披露していく形式ではなく、
ゲストが格闘技形式でぽつんぽつん
と参上して一曲ずつ休み休みやる形式
の佐々木敦規地獄の現状では
今はまったく行く気がしないので
東京ドームでも西武でもどーでも良いですね。

逆にNHKホールとかzepp復活の発表のほうが食いつきますねw
あとは試練の七番勝負に全力をぶつけていきます!

フジテレビ連続出演に見る、ももクロチームの基本精神にフジテレビのバラエティ班が感銘を受け続けている理由。

標準

なんだかんだでフジテレビのももクロ推し度が最近活発になってきてますね。

きくちPも先日の七番勝負episode2行って、川上マネのなんでもありの
精神には感銘を受けたwwなんて言ってますね。

私はひょうきん族世代なんでわかるんですが、フジテレビスタッフには
ひょうきん族から続く、あのスタッフや家族の総出演者精神が根底にあって、
それをももクロの川上マネに見たんじゃないかと思いますね。

ちなみにひょうきん族ではたけしさんのマネージャーの菊池さん、
当時ディレクターだった三宅山縣荻野横澤。
そしてその時のDだった片岡飛鳥さんは殿様のフェロモンで
その仲間入りを果たし、自宅に乱入させられたり自家用車
にいたずらされたり、その上司の吉田正樹氏はクレーム
上等と宣言しながらハケ水車を現場で陣頭指揮したりと、
まあ今の川上さんにいたるまでには輝かしい歴史があるわけですよ。

でもその川上マネも水曜どうでしょうのファンで、そのどうでしょうの藤村
さんは所さんのダーツの旅のファンで、その旅人役のスタッフ陣も
ひょうきん族世代みたいなね。

脈々と継承されてきている血筋なんですよね。

横澤さんから始まり、川上さんまでww

そのきくちPもめちゃいけでは結構ロリコンP
としていじられてました。

秋元康も若いときはとんねるずとそういう感じだったんだけど、
あの人はバラエティを知りすぎているのもあり冷静で乗っからないんで
面白くないんですよね。
いっつも冷静に語っちゃう。行動よりまじめに語っちゃう。

だからとんねるずは結局ターゲットを港さんと石田さんに
してしまった。
でそれはフジテレビのスタッフなんです。

だから結局フジテレビの好みはももクロの精神なんですね。

ももクロにはフジテレビのバラエティ精神がぎゅっと詰まっている。

これからの展開が楽しみです!

ももクロ七番勝負2 最終日 2012.02.04 オークラ氏と塚地氏と野田氏と山里氏が帰りに打ち上げでももクロ飲みをしたらしい。

標準

山里氏のTBS山里亮太の不毛な議論内で
語りかけていました。

内容が濃かったので、書き残すことにしました。

あー疲れたw
けどももクロの元、行っているとなぜか楽しいんだよね。


仕事が急遽終了して佐々木さんに来て出ちゃえば?
って言われて出たらしい。

帰りにオークラ氏主導で山里、塚地、野田で海鮮専門店で語り合った
らしい。

ちなみに野田氏はインパルスと同期だとか。。

塚地氏が電話で独り話し込んでいるのを山里氏が見ていたら、
すっと終わって寄ってきて

「急遽今日の仕事なくなったよ」

と言って来た。

山里「(明らかに自分発信で飛ばしたでしょwwwww)ラッキーですね!」

胃腸炎の山里氏はアルコールを止められているのでどうにか一杯
だけにしようとした。

塚地、野田が山里の今日の立ち振る舞いを褒めてくれた。

「山ちゃんが来た時のあのももクロちゃんの顔見たあ?」
なーんで、来なくていいよって言いながら、俺の目には顔に
ありがとうって書いてあったよ!」

と塚地。

「山ちゃんとももクロちゃんの距離間て、賛否両論、いろいろあると思うけどお、
おれはすきだなあっ!」

と塚地。

山里が返す。

「でも塚地さんあれなんですもんね!

絶対舞台上では一緒にならない。
テレビとかでも一緒に仕事はしない。

っていうスタンスなんですもんね!」

塚地
「んー、そうだね、
やっぱ、おれは照れて
うまくそういうのできなくなっちゃうかも知れないからーー」

ビールをクーって飲む2人。

ある程度時間経過すると塚地の飲むペースが結構早くて、
ひとつももクロのメンバーの良いこと言うと、クーって飲む
癖がある塚地。

「今日のさあ、
しおりんのあの機転の効き方がさあ、
アドリブって言うか、ホントに去年のDVDを今日みてから来たんだけど、
しおりんのコメント力ってすごく高いよねっ!」

ここでクー!って半分くらい飲むww

「で、
杏果があのタイミングで涙を流すって、
俺天才だと思う!」

またクーっていってジョッキ空いちゃって、その繰り返ししてたら
塚地の心の中に本当はこういう想いだったていうのが出てきちゃう
始末になった。

遂に塚地が

「俺だってさあ!
ホントは一緒に立ちたい!!
でも、、

それって、、かっこ悪いよなあ???
今俺が言うの。。。」

山里
「いや塚地さん、
そんなことないっすよ。。」

塚地
「でも俺、、
ももクロちゃん助けたいけど、、、どうなんだろう?

俺に助けられると思う??」

しかし同じペースでレモンハイ飲んでる山里。
塚地の肩をガッと抱いて、表に立って、塚地に

「助けること、おれはできると思いますよ!」と山里

そしたら野田が

「いや!ぼくも、、実は塚地さんがそのスタンスで行けって言うから
無理してたんスけど、、

僕はもっと一緒に舞台に立ちたいです!!!」

塚地、酒を飲んでから野田に言う

「野田!

お前違う。。

お前に関しては一個、どうしても怒んなきゃいけないことを
今思い出した。。」

「おまえ握手会ン時にさあ

「鬼が島の野田です。キングオブコント観ました?」
つっただろ?

あれ正直、めちゃくちゃ許せないんだよ!
向こうが先に言ってくれた時にそうなんですって言うのはいいけどお、
おまえ、それずるいぞ。。

そういうことするような気持ちだったらおまえ絶対舞台立たない方がいい。。」

で言い合いの喧嘩になる塚地と野田。

「たしかに野田君はそうだね!」と山里が言うと

「いや!お前おれ先輩だぞ??」と急に言い出す野田!

「じゃ野田くん」とあわてて山里が訂正ww

「山里さんだってちょっとデレデレするときとかあ、あれ、、、、
モノノフ(ももクロファンの通称)のみんなはやっぱ嫌だと思いますよっ!」と怒る野田

タバコを大きく吸い、オークラが言う

「みんなはいいよ。。

俺いまだに挨拶すると、、初めましての空気出されんだよねえw」
と悲しい表情。。。

ここでライブが終わってから激論し続けて3,4時間経過。
そしたら店の人もこの4人くらいしかいないから、

店主「なんかipodかなんかないんすかあっ??」

4人「なんでですか?」

店主「なんか曲でも流しましょうよ!」

ももクロの曲が流れだす店内w

4人は激論中。しかし、コールの場所が来ると応えててしまう4人w
て感じで経過していく時間。。

「ガラガラ!」
閉店間際なのに誰かが入店してきた。

それは、山里のtwitterを見てはんにゃの金田氏が来た音だった!!

それも聞くと、お台場から鶯谷に急遽駆けつけていたのだ。。

「すいません、、、おじゃましていいですか?」

仕事終わりでノンアルコールの金田。
また、金田はももクロの時は塚地派。塚地信者。
塚地の一線距離置いて、いちファンとして、いちファンというスタンス
を崩さずに応援しているところが大好きなのだ。

金田はそういう立場で来たのだが、塚地が

「おれが一緒に立ったらー、えーこうやって振ってえっ、
でなんかこう、、喜ばれているところなんかが見たい。。」

とやっちゃってて、それを目のあたりにしてしまって
絶望しちゃってww飲めない酒をクーって飲んじゃう金田w

「み、、みそこないましたよっ。。」

「おめーもカッコつけてんだろ?金田!」と最悪の塚地w

ということでごちゃごちゃになってしまう。

「でも楽しかったですね。またみんなで会いましょう!」

山里、翌日から絶不調になっちゃいましたww


ここでラジオで話し終わった山里氏が一言。

「でも熱いわ!みんな!ファンが!うーーーん。

で、ほんとにまだライブの時の感動の話が一個あるんだけど、、
それ言うと泣いてしゃべれなくなるから、、またどっかで
冷静な時に聴いて。」

ここでCMです。
すいません、熱くなっちゃってw

感動の話について:

この語りの後、すぐ山ちゃんから追加の発言があり、
その感動の話について語られた。

その感動の話とは、この七番勝負episode2の時、アメトークのももクロ芸人の
妄想話の話題になり、一番のももクロ芸人は誰かということになり、

「山ちゃんに決まってる!山ちゃんが企画提案して通らないような
番組には私たちも出ないですよ!」

という気が狂いそうになるくらいの熱いメッセージをいただいた
事件があったのだ。

はやくDVDで観たいですね!

フジテレビの音組のきくちプロデューサー始めスタッフ陣がももクロにハマったらしい。

標準

http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/E20120205001.html

チーフディレクター氏がハマって、次に周りのスタッフ陣が気になり始めて、
ももクロと川上マネの関係性等にも面白みを感じて、興味を持つようになったらしい。

2012.02.05の七番勝負にも訪れて良い感触を得たとのこと。

きくちさん、まだ成長段階ですから、篠原ともえ同様、
気長にお付き合いよろしくお願いします。。

テリー伊藤が絡むと報道機関がガラッと変化!ももいろクローバーZ ももクロ試練の七番勝負 episode.2

標準

デイリー、サンケイ、Listenといった

いつものとこと違うとこが取り上げている。

まあナタリーは初日に取り上げたのでいまさら感もあるんだろう。

やはりテリー伊藤はテレビ業界では重要人物なんだね。