作成者別アーカイブ: onionixp

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コント55号は生きていた。2018年7月18日 モグライダーDVD収録ライブ「穴掘り天国」新宿シアターモリエール

標準

2018年7月18日@新宿シアターモリエール

モグライダーDVD収録ライブ「穴掘り天国」

この前の単独はモグライダーが面白いと思うことをする
というテーマで漫才という枠をとっぱらって
自由に企画をたてて実行したので、
初めてのモグライダーの漫才の現場は
体験できずに終わったんですが、

今回は真逆で、
ネタDVDの収録なので、主要なネタのタイトル
をリストアップして、お客さんにそれを選んでもらって
時間の許す限り上演していくという内容でした。

まず登壇すると、ここに至るまでの過程を
説明。

練習は今日まで一切せず、当日もぎりぎりまで
会場入りせずだということで客が驚く。。

でも私はまだネタをやる前ですが、
ここである2人が脳内にフラッシュバックした。

全く同じエピソードをきいたことあるな。。

そうそう、、コント55号だ。

また、芝さんが一切当日まで教えないという
ことで、欽ちゃんと同じだと。

欽ちゃんが芝さんで、二郎さんがともしげさんの
コント55号。。

で、今回、見たことないネタが多かったんですが、
それらがテレビで観たネタよりもよりコント55号ぽい
ことが衝撃的でした。

まあ当然全部が全部じゃないんですが、
全て二郎さんと欽ちゃんにやらせても
面白そうな感じでした。

例えば両雄でベタなのは、
ともしげさんがなにかやりたいと
言うので、芝さんが手順を構成して、
間違えを指摘しながら
達成に至るまでサポートしてあげると。

その時、練習してないので、
ともしげさんがぐちゃぐちゃに
なるが笑いを求めず、芝さんが笑いの
責任を一切に負って、

その間違えに対して工夫を凝らしたワードを
使ったつっこみ
を入れながら、愛情を込めてサポートし、
徐々に客も芝さんとリンクして
ともしげさんを応援するモードに
なっていき、一生懸命にゴールに
向かっていく姿勢に
最後はマラソンを完走したような
爽やかな感じになる。

あとは、ともしげさんがあるテーマについて
解説するだけのネタですが、
練習してないので当然ぐちゃぐちゃに
なっていくので、それを一言一句
聞き逃さずに笑いに繋がる可能性のある
ワードについては拾い上げていく。

この2本が基本線なような気がしました。

適当なようで、実はこれ大変なんですよね。

それは、芝さんがきちんとネタや内容の
詳細を覚えていないと、
ともしげさんに突っ込めないんですよね。

ともしげさんは芝さんを信用して
笑いを考えずに一生懸命言われたことを
やって、
芝さんは暗闇で彷徨っているともしげさんを
きちんとゴールに向けて導いていく。

コント55号の進化形というか、
2018年版ていうかね。

そうそう、55号は叩いたりするけど、
そういえばモグライダーは叩いたりしませんね。
言葉で処理していきますね。
そういう意味でも2018年版なのかも知れませんね。

そう考えると、ツッコミは叩いても叩かなくても
同じだったんだということに気づきます。

55号の当時は時代的に全員が叩くツッコミだったので
何も考えずに叩いていただけで、今やってみると
叩かなきゃ叩かないで特に問題ないっていう
ことに気づいたっていうね。

この叩く叩かないというところから考えても、
確実に笑いは進化している気がします。

またこれからは一切スキャンダルに繋がる
ような要素を避けて活動していく、
EXITのような要素も笑いに必要になってくる
と思いますね。

叩くより叩かない方、スキャンダル起こす奴より、
起こさない方が笑いが取れる時代になっていき、
生き残れる。

芸風的には似ているが、総括的に比較すると
細かい部分が進化している気がします。

だからモグライダーは今の時代に最大限の笑いが起こる仕様に
チューニングされたコント55号ていう感じかも知れませんね。

そうすると芝さんと素人を組み合わせると
面白い番組ができるのでしょうか。

テレビ関係者の方、大抜擢お願いします。

当たったら出世できるかもしれませんよw

広告

エアオプティクスアクアを使ってみて、改めてメダリスト プレミア マルチフォーカルの素晴らしさを再評価した。

標準

遠近両用のコンタクトレンズを3回くらい買い換えて、
メダリスト プレミア マルチフォーカルを使った時、
あまりの装着感のなさに驚き、使い続けていたが、
寝る前になると乾燥してくるので、試しに
久しぶりにチバビジョンのエアオプティクスアクア
という新製品に変えてみた。

結果、買わなきゃよかったw

遠近切り替え時に時間がかかり、頭が痛くなってくる。

遠近の加度数は両方とも+2.5で同じで、
左右の度数も同じです。

理由を考えると、エアオプティクスを初めて開封して
装着するとき気になったことがありました。

それはボシュロムよりサイズが小さかったことです。

まあ昔からボシュロムはレンズが大きいのがメーカーの
個性なんですが、チバビジョンは一回り小さい。

そして、遠近両用コンタクトの仕組みは、
中央が遠方、その周りが中間、外周が近めという
構造になっているんですが、コンタクトのサイズが小さい
ので、各割当て領域が狭くなってしまっているので
ボシュロムより安定感が無いんですよね。

上記3種類の切り替えが少し目をずらしただけで
切り替わるので頭が痛くなってくる。。

また、

乾燥した時についても、、

ボシュロムは見えているけど違和感を感じるていう具合ですが、
チバビジョンは見えなくなります。。

今回は賭けが裏目に出てしまって、
ボシュロムさんごめんなさいって感じになってしまいました。

ちなみに最近ボシュロムは製造環境を改善していて、
アメリカ製造なのです。

シードは日本製造ですが、クオリティが低いです。

同じ価格なら迷わずアメリカ製のボシュロムです。

シードは何十年も使っていたんですが、
あまりの質の悪さにボシュロムに変えました。

今はボシュロムが一歩抜きに出ていると思います。

シックハイドロの代わりにはならなかった。貝印Xfit(クロスフィット)

標準

シックハイドロの替え刃が高いので貝印のXfitという半額程度
の剃刀を試しに購入したが、やはり価格なりの性能でした。

シックハイドロは上下駆動域が80度近くも
あるんですが、
Xfitはまったく動かず、まあ使い捨ての一体型100円剃刀
を5枚刃にしただけっていう感じでした。

Xfit

あと刃の両サイドの部分の厚みが刃の高さよりも
結構出ているので、刃よりも両サイドの部分
のほうの感触の方が強くて、肌に強く当てないと
刃が肌に当たりません。

ちなみにシックハイドロは逆に両サイドの感覚はなく、
刃の感触しかありません。

シックハイドロ5

貝印はピーラーとか料理関係ではあまり外れが
なかったんですが、これは外れでした。

公式サイトの誇大広告にも騙されました。

黙って剃刀専業メーカーを買っておいた方が
無難ですね。

凄まじい成長ぶり。2018.07.21-22 ウエストランド第2回単独ライブ『FINE!』

標準

2016年の第一回から2年ぶりの単独ライブ。

自分たちでトークキャリアの鍛錬の為に
構築したネットラジオやスピンオフイベント
等を地道に繰り返して次第に有名人からのレスポンス
もくるようになってきた昨今。

M1レベルのネタを全て揃えたという触れ込み
の今回。

シアターサンモールはモリエールと間違えそうな
名前ですが、新宿ではなく、新宿御苑の公園近く
で、数日前に気づいて焦りました。

現場は地下で、ビルの角なので、夏でも
待機がしやすくて助かりました。

今回はタイタンFC経由で購入したので
最前列の中央という神席でした。

登壇するとお客さんをざっと見渡して
今日の衣装や開演前の出来事を軽く
話して流れを作りながら自然な感じで
本編に。

内容については詳細に話しても面白さは
額面通りには伝わらないので、
全体の雰囲気についてお話します。

基本の設定はやる気が無くて正論や常識担当の河本と、
やる気満々で矛盾を指摘する井口。

今回セリフの量が凄まじい量でそれを
マシンガンのように井口氏が吐き出していくのを
観ているだけでも感動しましたが、
今回はそれをさらに倍増させる技が
加わって凄いことになっていました。

普通ですね、オードリーとかツービート
とかといったしゃべくり漫才は
ネタを引っ張るリード側(たけし、若林)
が付いていく方(きよし、春日)
をいじったりしていくのが普通なんですが、

今回のウエストランドは、まあ以前から
だったんですが、最近は余裕が出てきた
のもあるのか、

その役割分担があいまいにミックス
されていて新しい時代を感じまして。

それは、
井口氏がひっぱっていくのはあるんですが、
井口氏は内容で河本さんの本編以外での
行動について、セリフが少ないのになんで
酸素吸って遅れて出てくるんだとか、
少ないのに一言のセリフを間違えるんだとか、
役割と行動のバランスがとれていないとこを
アドリブで突っ込んでいくんですが、

普通はこれで終わりなんですが、ウエストランドの場合、
河本さんも、ここはもっと笑いが取れるなという感覚を
感じ取った時、わざと台本のセリフを間違えたり、
繰り返したりして井口さんを困らるという芸当を
やってのけるわけです。

これは結構新しいと思いました。

こんなことを思ったのは、ラストに持ってきた
最も得意と思われ、最大級の笑いを取れる自信が
あると思われるもてないネタで、
一方的にセリフだけで空気を支配していく井口氏の
「妬み嫉み恨み」の連射を観ている時、
私は見たことないんですが、
全盛期のツービートのたけしさんの現場って
こんな感じだったのかなと思わせるくらい
衝撃が走ったからなんです。

これは刀の鍛錬のように、
同じことを繰り返していくと
ここまで研ぎ澄まされていくのかと
いう執念と信念を感じました。

また、最近、宮下草薙が話題になっていて
私も気になっているんですが、

ウエストランドの漫才に宮下草薙のルーツ
を感じてなんだパクリだったんだとがっかりしました。

草薙のネガティブ漫才と言われてますが、
実はそれ以上に井口さんの方がネガティブだったんですよね。

河本さんが井口さんに解決案を次々に提示しても、
ことごとく井口氏のネガティブな性格と妄想で
打ち砕かれていってしまう。。

宮下草薙の漫才はウエストランドが元ネタでした。

だからウエストランドが好きな人は宮下草薙
が好きになるんじゃないかと思いますね。

でも今回の最新のウエストランドを感じて、
宮下草薙は甘いと感じてしまいました。

でもそういう意味で
逆に数年後の宮下草薙が楽しみになりましたね。

ちなみに爆笑問題は田中さんがリードで太田さん
がついていくが、太田さんが田中をいじる
こともあるけど、田中さんは太田さんをいじらないので、
違うと思いました。

ウエストランドはいろいろ要素が混ざっていて
面白いです。

AKB48劇場公演で7月の特別公演と8月の生誕祭が重なってしまった場合の対処法。

標準

私は、今のところ大きなスキャンダルがなければ死ぬまで指原ヲタの予定なので
数年間指原推し設定のHKT48のモバイル会員枠とAKBモバイル枠と
二本柱会員枠を持っています。

で今回困っているのは、8月の中野郁海の生誕祭と、
HKTのAKB劇場出張公演が重なってしまったので、
どうすればよいかと言うことです。

HKTは多分博多の劇場公演には一切エントリーしていなくて、
最終当選日は2017年の同じくAKB48劇場の出張公演だったので
エントリーすればほぼ当選すると思うんですよ。

でも、

私のこれまでの経験では、劇場公演の当選ペースは
3か月程度の空白期間が設けられているので、
HKTが当選したら中野は落選、逆もまたしかり
だというところで、、

他の物が当選してしまったら100パーセントに近い
確率で(よほど競争率が少ない不人気公演でもない限り)
本命は落選することになるということなので、

重なった場合は最重要公演
のみにするのが最善策だということです。

ちなみに、、

もしHKT48チームHの出張公演に指原氏が出ることに
なったらエントリーしようと思ってます。

それ以外の場合は中野の生誕で。

2018.9.18ゆーびーむ☆単独ライブ、売れ行きがいまいちみたいなので今がチャンスだと思いますよ。

標準

2018.9.18
ゆーびーむ☆ 単独ライブが決定して発売中で、
今日購入したら整理番号が一桁台前半だったのでまだ
情報が拡散されてない様子なので
よろしくお願いします。

マセキの人は三四郎さんもそうですが
売れちゃうとあまり舞台をやらなくなってしまう
ので、身近にダイレクトに体感できるのは今がチャンスだと思います。

もしかしたらいつものBGM以外の自録りトラックが拝めるかもw

千鳥の大漫才2018年が決定。激務なのに恐れ入ります。

標準

千鳥の大漫才2018

2017年はよみうりホールでやったんですが、
ダイアンへ執拗に繰り返して怒り出すさまが
面白かったVTRコメントを挟んだ形での漫才60分と、

志村魂に憧れた大悟さんが大悟魂をパクって
ノブファミリー総出演でなんとか大団円で
終演しました。

その様子を書いたんですが、

大型モニターが無いので表情をいじるネタは一切
わからなくて笑えなかったんですが、
今回は中野サンプラザだということで、
修正されていたらいいんですけどね。

■大悟
昨年は、まだ仕上がっていなかったので、
今年は僕が見ている景色をお客さんにも見てもらいたいです。

■ノブ
昨年は大漫才と銘打っていたのに、漫才が1時間で終わってしまい、
そこから変なことになったので、今年こそは2時間たっぷり”漫才”を見てもらいたいです。

そこから変なことになったというところが
大悟魂ですねw

昨年は仕上がっていなかったということは
今年もやるきだな大悟魂wwww

2018.10.11 中野サンプラザ
2018.11.8 広島
2018.11.15 大阪
2018.11.29 福岡

て感じですね。

福岡は博多座ですが、この場所は漫才だけだとできない
と思うので、大悟魂のおかげだと思いますw

今回もしかしたら仕上げに志村さんが来る空気を感じる
んですがどうなることやら。

ジェイホワイト他2018年のヒール選手がファンに受け入れられない理由を真摯に考えて新日本プロレスは早急に修正しないと。

標準

ジェイホワイトはヒール推しのファンにも受け入れられていない。

昔はブッチャー、ジェットシン、シークのようなヒールは
暴れるだけ暴れて最後にはベビーフェイスの必殺技で
萎えさせられて退散するので、丸く収まっていたんだが、

現代のヒール役は、ジェイとオカダ、ジェイと棚橋、
タマトンガをみていると、暴れまくって最後に必殺技を
出してもそれを返してしまう能力が備わってしまった
ので、中途半端な気持ち悪い腐った食べ物を食べたあと
のような気持ちになってしまう。

先日のジェイと棚橋なんかは途中まできちんと
ジェイはストロングスタイルでやっていて
それどころか私が予想していた、棚橋への
執拗なジェイの膝攻撃とかも謹んで、
客もジェイと棚橋の
技と気持ちの攻防に息をのんでいた。

で、棚橋は技を一通り出したんだが、ジェイは
全てそれを2カウントで返した。

ここでジェイはぎりぎりにきていて次に
畳みかけられたら危なかったので、
いつものように汚い方法でスタミナ回復を
する。

ジェイはここで汚い方法に逃げずに
倒れたままでいられなかったのか。

もしここで倒れたままだったら、
同じペースで立ち上がって回復し、
オメガ対内藤のようにまだ2人の攻防が
楽しめたはずだったのに、

ジェイはビビりだからかなんなのか、
次に待っていた、勝つか負けるかわからない
限界の向こう側の世界にビビって、
容易に勝てる反則攻撃で逃げた。

タマ・トンガもジェイも、少し前までの
Codyもそうだが、

自分の限界まで来た時、一流選手はそれを楽しんで
勝ち負けを無視して自分が満足するまで
戦うんですが、

2018年のヒール役は、
自分を信頼できなく
なって、それを楽しむことができずに、
反則に逃げて勝つのは共通している
精神世界だと思う。

ビビりなんですね。自分に自信が無い。

これ、昔のヒール役は逆に相手がいろいろやってくる前に
自分のやり方で空間を埋め尽くして
予定調和の破壊を楽しんでいました。

今のヒールは予定調和の破壊にビビっている。

ビビって反則に逃げる。

昔のヒールは勝ち負けよりもいかに相手に
ダメージを負わせるかに執着していたから
その気持ちが伝わって客もそれなりに満足していた。

今のヒールは反則をした上に勝とうとしている
ずうずうしさに女々しさを感じる。

勝とうとしなければ全てが丸く収まるのに。

反則して勝ったら絶対だめ。

視聴者はみんなルールを守って生活しているんだから
勝ったら社会から受け入れられない。

新日本プロレスはもっと社会的地位の向上を
目指しているんだとしたら早急な修正が
急務だと思いますね。

反則はOKだけど、勝ったら絶対ダメ。