おはる推しだが、ときめき宣伝部の現場に行きたくなくなる理由。それはももクロと真逆だから。

標準

初恋サイクリングのまあ肩組んで揺らすのはいいんだけど、
その次の

おれもーの連発が気持ち悪くてついていけない。

とき宣のコンサートの知らせがきて、
エントリーしようとするが、
このおれもーを思い出して
やっぱ行くのやめようってなっていきたくなくなる。

ももクロさんはプロジェクトの意向で、
アスリート、プロレスラー的な売り方で、
女性の色気で売るのを極力排除していた
ので、気持ち悪いのが無かったんですよね。

かわいいより、面白いとか、かっこいいとか、
一生懸命とか、そちらのほうが勝っていたので、
いままでアイドルに見向きもしなかった
人たちも惹かれていったわけですよ。

でもこのときめき宣伝部はももクロとは真逆に、
初期にロリ系の色気を前面に出した楽曲を連発していった
ために、えろい系のヲタが増殖していって
しまったんだと思いますね。

だから他の楽曲でも異常にかわいいとか
好きとか容姿とか性欲を形容するワードで
固められていくことになってしまいました。

しかし、わたしは、おはるにはそういう意向をまったく感じない
ので、たぶん自分の意向からは離れているが、
ファンが離れるのが怖いからしかたなく
乗っかっているような気がします。

しかしこんな状態で続けていてもいつか破綻
すると思うんですが、いつもういや!と
脱退するメンバーが出てくるのか。

チーム8も以前言いましたが、ガチ恋口上っていう
キモいコールがあるんですが、それがために、
脱退するメンバーが加速していった気がして
なりませんね。

まあメンバーは在籍時は笑顔で大好きですよと
いっていましたが、絶対好きなわけないですもん。
気持ち悪いに決まってますもん。。

ヲタもまあ勝手に作るのは構わないけど、
好きとか可愛いとか性欲系のネタをぶっこみまくった結果、
お前らが脱退の根源になるネタを作っている
ことに気付いてほしいですね。

コメントは受け付けていません。