漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

標準

草薙

「指原莉乃っていう人にバスツアーっていうものに誘われたんだけど、、
行ったことないんで教えて欲しいなって、、」

宮下

「まあ、指原さんのファンが数台のバスに詰め込まれて
指原の企画したものを体験させられて、数回実際に会ったり
できて、楽しむっていうイベントじゃない??」

「普段人と集団で旅に行ったりしないんだから、
いい経験になるし行った方がいいよお前は」

 

草薙

「あんまり楽しそうじゃないな。。」

宮下

「なにっ?????????」

 

草薙

「なぜ俺みたいなのが誘われたんだろうか?」

バスツアーについても、

まあ多分、良い時の道重さゆみレベル。
1台50人程度で、5~6台で300人程度になるんじゃないかと。

指原氏が参考にしている、
バスツアーの生みの親、ハロプロでは様々な事例があり、、

主催者のアイドルが勝手に企画制作し、それを事前に
知ることができず、現場でいきなり通達され、
強制的にそれで時間を費やすことになり、

どこで本人が来るか会えるのかも保証がなく、

食事の内容も、部屋の種類も事前に知らされず、
言われたとおりにするしかないので、

食事がカットフルーツのみだったり、
集団によって部屋のレベルが極端に違っていて、
正式な部屋と、緊急時の部屋に分けて入らされたり、
食事も集団によりレベルが違ってたり、

企画についても、わけのわからないアスレチックとか
本人が参加しないイベントにぶちこまされて
遅れそうになったら置いてけぼりにされたり、

そして全体的なイメージとしては、
普通の生誕祭で、現場に来ている
おそろいの色のシャツやタオルをした人たち全員が
一斉に移動したり食事したりイベントしたり
する企画っていうことですよ。

私が行ったと仮定して、
いやなシーンがあった場合、これはスタッフの仕業なのか、
指原本人の仕業なのかと考えて人間不信になったり、
人によっては楽曲派と接触派がいて、
本人と数秒でも会えればよしと考える人と、
会えるよりトークやパフォーマンスといった芸を見せて欲しいと
考える人がいるが、私は後者なので、

ハロプロの様々なバスツアーの前例から考えると、
まあ多分、バスツアーの対象者としては
前者のような接触派の人が満足できる内容なのかなと
想像ができるので、
もし私が行っても悪いところばかり感じることに
なるし、嫌いになる確率も高いし、、、

 

 

 

草薙「だからバスツアー行かない。。」

 

宮下「勝手にしろ!!」