指原莉乃、シソンヌにスタンド花贈るのにシティボーイズやムロツヨシには見向きもせず。そこからさらけ出された指原氏の虚構と現実に関係者は自省を強いられることになりましたねww

標準

指原氏のFCからバスツアーの知らせが届いた。

日程は2019年8月31日。。
ファンクラブ会員限定「club 345 夏のバスツアー(仮)」

私は一か月以上前に指原氏にこういうライブの連絡をした。

「ASH&Dライブ 2019」が8月31日(土)に東京・北とぴあ さくらホール

「ASH&Dライブ 2019」が8月31日(土)に東京・北とぴあ さくらホール

理由は、指原氏は福田組でムロツヨシさんや福田さんと親交が深く、
さらにそのルーツのシティボーイズさんが年齢もあり
今後数えるほどしかないのではないかと思われている
回数が減っているライブの代わりにコントを披露する
貴重な現場が決まったためだ。

私は先行で2回にわたって落選したんですが、
最後の一般先着販売で最後から2番目の列
のチケットをようやく確保できました。

ちなみにここ北とぴあさくらホールは演劇を基本に設計されているので、
全体で20列前後の適度な広さが確保されている
ため、最後方でも問題ないと判断したことも
最後の売れ残りでも購入に踏み切った理由です。

私としては、様々な媒体からの情報から、
AKB卒業後の指原氏は以前より土日に遊んだりする機会が
増えてると感じていて、現場に行ける確率は
以前より増えていると思ったので、貴重な現場なので
連絡させていただきました。

そういった経緯があったにも関わらず、
今回の日程の決定の知らせ。

365日もあるなかで、最悪の日時。。

これですね、
ここからまずわかるのは、
この日は仕事がなかったのは明白ですよね。

そして、事前に連絡したにもかかわらず、
シティボーイズとムロさんの記念公演を
スルーしたことも明白になりましたよね。

また、そのことで、シティボーイズの
前述のなぜ貴重な現場なのかに至る
経緯を知らないことも明白になりましたよね。

そして、先日訪れたシソンヌさんの本多劇場
のスタンド花。

これから、シソンヌさんに対する敬愛の
気持が明白になるのは当然です。

指原氏は以前、シソンヌの長谷川さんとムロツヨシさん
とのプライベートパーティーでの写真
をアップしていたことがあります。

まあ薔薇色のブー子という映画で、
福田組の映画なので当然ムロさんと共演した
ことからつながったのは明白です。

そんなムロさんの事務所の実質の創業者
でもあるシティボーイズはムロさんにとっての
とてつもない繋がりだと想像できますよね。

スタンド花を贈るシソンヌさん(ちなみに、
私が以前ムロさんの単独に行ったとき、
指原氏の花があったら嬉しかったと直接
指原氏に寂しがったときに指原氏が気づいてくれて、
それから自分もそろそろそういう立場なんだと
考えを改めて花を贈るようになってくれたという
経緯があります)の本多劇場で開催する
理由はシティボーイズさんを目標に
していたからだということは本人の
コメントからも明白です。

そして、指原氏の目標でもあり大きな枠での
自分の総監督でもある秋元康さんは、
夕焼けニャンニャンで作家だった時に
極めてアングラだったシティボーイズの
大竹まことというメンバーのみを
既成概念破壊役でブッキングして
企画を立案していたところから、
戦友なのは明らかです。

そういう様々な壮大なバックストーリーが
あり、特に仕事の予定もないにも関わらず、
2019年8月31日という1日に
バスツアーをぶっこんでくれたことから、

指原氏に前述のいろんな関係者が伝えようとしていたことが
少しも実際は伝わっていなかったことが
明らかになったことで、

所詮まだ26歳のアイドル上がりの世間知らずの
サブカルの上っ面をかじり始めたばかりのお嬢ちゃん
だってことがわかって、まあ私や福田なんやムロさん、
シソンヌさんがかいかぶっていたことが
はっきりしたことでこれからが楽しみになった
と同時に、各自反省しないといけないのかな
とも思わせてくれて良かったのかなと、
嘘や過大評価で塗り固められた虚構ではなく、リアルの指原莉乃が今回
ふとしたきっかけで明らかになったので
良かったのかなとも思いますね。

 

ちなみに私も26歳の時はシティボーイズはまだ大人すぎてそこまで理解してなかった気がしますから、同じかもしれませんw

コメントは受け付けていません。