2019.05.13しゃべくり009毛利さんへの挨拶を兼ねたw指原氏定期出演回の興味深い発言。

標準

「日曜日はテレビの仕事が多いんですが、握手会で
断らないといけない場面が多かったので、
辞めてよかったと思っている。」

当然、この発言の時、握手会がいやだったんだと
突っ込みが入ったんですが、
素で違いますと訂正していました。

私もこの流れは自然だと思いました。

コミュ障で新人のころからごり押しされて
苦労を知らずうぬぼれていた西野みたいに
決して握手会が嫌だったわけじゃないと思います。

指原氏が加入した当初、2008年ですね。

AKBと2008年に誕生したSKEのみでした。

で2010年にNMB、2011年にHKT、です。

2008年当時はまだ握手会はかわいいものだったんですよ。

スタダはおろか、ハロプロも東京拠点だったんで、
アイドルヲタの指原氏でさえも、
SKEやNMBの誕生なんて想定外だったことと思います。

まず東京だったのが、名古屋、大阪と握手会の
規模と回数が増えていきます。
そして、九州。

もう指原氏が入って3年で急激に増えます。

2008年デビューの指原氏にとっては
もう違う組織になってしまいました。

そして、徐々に各グループが売れてリリースサイクルも増えて
いきますとそれに伴い、握手会も増えます。

2014年から兼任になった指原氏は全国握手会、HKT握手会にも出ます。

また、AKB選抜の仕事、HKTの仕事、さらにグループで最も
多いそれ以外の仕事をこなさなくてはならなくなってきます。

だから、握手会が嫌いとかそういう小さいレベルではなく、
もうAKBと他の仕事を両立させ、両方のファンを十分満足させるのが
不可能になってきたっていうことだと思いますよね。

どちらかを犠牲にしないと仕事のクオリティが下がり続け、
両方ともつぶれてしまうと。

だから辞めて良かったと。

そういうことなんじゃないかと、、

あとSHOWROOMについても回答がありました。

引っ越ししたいという流れで、
理由はSHOWROOMの生配信やると自宅がばれてしまう
んですが、もうAKBGを卒業すれば
やらなくて済むので、自宅がばれなくなるため、
引っ越しを考えていると。

私は以前、マネーパワーで優劣をつけることが可能な
物と、優劣をつける出演者は大嫌いだからSHOWROOMも大嫌いで、
そのため、アイドル関連のそういう機能を利用した
配信も観たくないと言ったんですが、

まあ指原氏もAKBGだからやらされていたってか、
AKBGのビジネス上の関係で使わざるをえなかった
ということが今回はっきりしたので、
それについてもほんとすっきりして
より指原氏との繋がりが深くなって嬉しくなりました。

指原氏に代わって、私がご説明にあがりました。

関係各位のかた、今後とも指原氏をよろしくお願いします。

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。