2019.04.10 akb48劇場 hkt48 チームH reset指原卒業公演でreset公演はどうでもいい。だって博多の現場行ったことないし指原も出たことないんだからw

標準

akb48 劇場におけるhkt48の指原出演回は安定の100発権利客で当選権利を総取りされる最低の公演。

よってチケットは福袋の抽選の当落とイコールとなっている。

ちなみに私は福袋なんか死んでも買わないのでその時点で行けないことは確定してしまっている。

ということで、指原というネームバリューだけで決めてしまってもいいのか?本当に価値ある公演なのか?

私は指原が入る前からhkt48mobile会員だが、福岡には行ったことないし金がないので行く気もない。

今回やるのはチームHのreset公演。

バリバリの博多ローカルの内容だ。飲み屋感覚で仕事帰りに行けるような地元の人以外実際の価値はわからない公演。

私は当然良さはわかってない。

だって見たことないんだからw

チームHは良さを伝えようと意気込んで来ているけどakb48 劇場のやつらのほとんどは初めて見るので雰囲気で盛り上がってるふりしてみることだろう。

そんな最悪な空気の公演、行く価値があんのか?

無いよ絶対w

楽曲的にもresetの頃は秋元才加時代で指原なんか関係ないしね。

これ博多でも指原出たことないんでなにも残らない内容だと思います。

 

パジャマドライブに変えていたら神公演になってたかもな。それも谷やちょりもゲスト出演してね。

谷と村重とちょりと指原となつみかんが揃ったらブルーレイ買ってたかもな。

行かなくてよかったとしみじみ思いました。

コメントは受け付けていません。