セックスピストルズの件から考えれば、ドラッグに集団的作用は必ずしも作用しない。

標準

世界レベルのドラッグについてのスキャンダルで最も有名なのが、
セックスピストルズのシドビシャスとナンシーの件。

ピストルズの追っかけだったヘロイン常習者のナンシーが
ピストルズに近づき、メンバーに煙たがられて、
ジョンライドンがあの女には近づくなとグループ内で
警鐘をならし、結局最後に捕まってしまったシドが
ヘロイン中毒になり死亡してしまった事件。

そうなんですよ。

昔からまあ気持ち悪い人は気持ち悪い
んですよ。

ピストルズについては
シド以外はドラッグは
大嫌いだったんですよね。

まあ酒やたばこは抜きにしてですね。

あなたの家族でも、昔は職場のデスクに灰皿が
常備されていて、タバコは当たり前だった
とか言いますが、嫌いな親族のひとも
いたでしょう。

私の親父もそうでした。

男兄弟が全員吸っていましたが、
親父は嫌いで吸いませんでした。

それと同じなんですよ。

嫌いな人は嫌いなんです。

だから、まあ他の件もあると思いますが、
卓球さんはワイドショーが嘘ばっかだ
ということを言ったんでしょうね。

コメントは受け付けていません。