2019.3.17 Brats 都内3ヶ月連続ワンマンライブ”ROUND2” 新宿motion

標準

今回の現場は、お笑いでおなじみの新宿VATIOSの
手前の雑居ビルにある新宿Motion。

開場までビルの前に並び、
開場数分前にスタッフに導かれて
階段に待機。

手売りの無記名整理券の次に
チケセンのAが付いた番号の人。

A30番ぐらいでしたが、
最前列希望ではないので
希望の後方壁際に行けました。

最近後方にはまってて、
まあ思いっきり手を挙げられるし、
振りもみんなを見ながら付いていけるしね。

今回は前回とまあ同じような音響セッティング
でした。

ここまでで、やはり、レコーディングトラックの
残響強めのセッティングは
ライブでは再現しない方向なんだなと確定ですね。

まあシューゲイザーマニアにとっては
残念ですが仕方ないです。。

印象は、前回と変わらず、
姉の黒宮あやさんのベースとひなこさんの
ドラムがどんなグルーヴにも完璧に
追従していて秀逸なんで、
音が塊になっても、ベースとドラムの
シンクロ率がすごいのできちんと
聴けて乗れるのがすごいなと思いました。

れいさんのヴォーカルが高めなので、
しっかり低域と中域に気を使って
セッティングしてあってバスドラと
スネアの分離も完璧ですしね。

メロディ重視の曲、
のり重視の曲、
コロコロとノリが変わっていく曲、

約60分でアンコール1回でした。

でも、

これからキャリアを重ねていくうちに、
音にこだわりをもつようになってきて、
様々なエフェクターや音響機器に興味が出て
残響が多めになっていって欲しいと
思ってます。

あきらめてませんw

残響長めにした方が絶対bratsは良くなるし、
他のバンドと差別化されるし良いと思うんだけどなあ。。

コメントは受け付けていません。