2019.03.10内藤哲也VS飯伏幸太 戦士と魔術師の戦いでした。フリーと所属の違い。

標準

新日本プロレスのスキルで戦う内藤と、
新日ではなく飯伏幸太自身を基本に
三沢光晴の魂を召喚して戦う飯伏。

どちらがどちらというわけではないですが、
内藤はバックステージの飯伏の前回と
変わっていなかったというコメントを受け取り、
自分の個性を、ロスインゴをたちあげた
時期の変化状態が経年劣化で次第にマンネリ化に
かわってきているので、

そろそろさらに初心を思い出し、
時代相応に強化しないといけない時期に
なったのかもしれません。

ただし、飯伏は間違ってはいけないのは、
三沢さんで勝ったわけであり、
自分が変わったわけではないという
ことを理解しておく必要があります。

あと新日所属になった場合は他団体を
象徴するような技を重要な試合で
軽い気持ちで利用することは
控えるようにした方が良いと思います。

タイチや飯伏、ケニーといったフリーの選手は他人の技を下品にやりまくりますが、猪木、馬場、内藤、棚橋、丸藤、三沢、といった所属レスラーは暗黙の了解と言いますか、自分の技で構成します。

そういう観点で今回の試合で新しかったものを探してみると、内藤の飛びつき型デスティーノが唯一新しかったと思います。あれは思わず自宅で拍手してしまいました。

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。