ももクロさんのファンクラブのコスパをハロプロやAKBGと比較して検証します。

標準

私は2012年8月に入会して1年体験して一度やめました。

ですから、8月に更新する人が多いので、エンジェルアイズ
では全員参加可能なイベントを8月に行っておりました。

以下リスト化してみました。

2012年8月誕生

~定期イベント~

春の一大事2017 in 富士見市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜

夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会

ももいろクリスマス2017 〜完全無欠のElectric Wonderland〜
さいたまスーパーアリーナと大阪城ホール

2018

1月21日 千葉幕張
『ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜』

4月21日・22日 滋賀
『ももクロ春の一大事2018 in 東近江市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜』を滋賀県

5月22日・23日 東京
『ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-』を、グループでは初となる東京ドーム

8月4日・5日 千葉
『Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-』ZOZOマリン

東京
ジャパンツアー「青春」Season 4

12月24日・25日 埼玉
ももいろクリスマス2018 DIAMOND PHILHARMONY 〜The Real Deal〜

~ソロイベント~

高城の60分4本勝負(2015年3月9日、4回公演、名古屋CLUB QUATTRO) – ももクロメンバー初となるソロコンサート
さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~(2016年3月9日、名古屋市民会館)
紫会(2016年11月26日、豊洲PIT)
まるごとれにちゃん(2017年3月9日、神奈川県民ホール)
エキセントリックコミックショー「永野と高城。」TWO MAN LIVE(2017年6月10日、ヤクルトホール;6月10日、恵比寿 ザ・ガーデンホール) – お笑い芸人・永野とのお笑いライブ
ハイサイ!れにちゃん(2017年7月9日、今帰仁城跡)
まるごとれにちゃん 2018(2018年3月9日、カルッツかわさき)

~FC限定イベント~

2013.05月27日
「ANGEL EYES」限定イベント「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります?~」/横浜アリーナ(~5月29日まで)
2014.04月25日
「第2回 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント 誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります~」/埼玉・西武ドーム(~04月27日まで)
2015.8.29
「ANGEL EYES 3周年記念 ご継続感謝イベント」(FC限定)/千葉・幕張メッセイベントホール
2016.10月09日
ANGEL EYES限定イベント 「Great Takahashi October」/千葉県・幕張メッセ イベントホール
2017.10
ANGEL EYES限定「学生祭り」「over.40 祭り」/東京都・日本武道館
ANGEL EYES限定「ももクロワンダーランド」/東京都・日本武道館
2018.10月20日
「ファンクラブイベント」/静岡県・アクトシティ浜松 展示イベントホール

11月20日
「ジンギスカンあゆみのそれゆけドミノフさんいらっしゃい」/北海道・Zepp Sapporo
12月09日
「ファンクラブイベント」/大阪府・インテックス大阪 5号館

まずこの最後のFC限定イベントですが、2013年と2014年は全員当選イベントで東京近辺開催でした。

2015年からは日本全国対象の普通の抽選イベントとなっていきます。

また、定期イベントも春は全国を移動、
夏と冬は東京近辺となっていきます。

また全国行脚のライブハウス、ホールツアーも
不定期ながら行っていきます。

ということで、

ファンクラブに入るとどう変わるのか。
これまでの経験から説明していきます。

まずチケット代を踏み倒したり、悪事を働いて
ないという条件を前提で。

まず、公式には発表されておりませんが、
私の経験から、一般よりも良い席が確保されます。

当選確率が低いものの場合は関係ないですが、
とりあえず一般販売まで考慮されているものについては、
一般より良い席になります。

あとLV、ライブビューイングについてもそれは顕著に
現れ、、FCだと真ん中とその端あたりまでに入りますが、
一般だと最後方の端や最前列の端といった場所になります。

ただFCが少ない現場だとその分一般にもFCの席が
回ってくるので、その辺は各自考えてください。

次に、満足できる現場に行ける確率は一般より
どの程度高くなるのか。

私は2018年のももクリを経験して、もう
あのレベルの現場は行きたくなくなりました。

そうすると、春と夏と冬は無くなります。

あとは最近は全員参加のFCイベントはなくなりましたので、
ツアーとソロイベと突発的な企画イベント
のみになります。

しかし、ツアーについては2018年の中野は落選しました。
永野と高城については、入会時期が数日遅かったので
エントリーできませんでした。
れにちゃんのソロイベントは、私のあまり気持ち良いと
思わない楽曲ばかりなので、行きたくなくなりました。

そうすると、ツアーの当選と企画イベントのみとなります。

しかも、落選確率が非常に高い。

そうすると、どぶに捨てるつもりでエントリー権利
の為だけに入会金を払うか、

観たいコンテンツのみ、
確実に入会金と同程度の
金額でブルーレイを購入するか。

今のそういう私の状況ですとこれ後者だと思うんですよね。

ちなみに、私はハロプロには継続していますが、
全く状況が異なります。

ハロプロはちゃんと定期公演、
モーニング娘。ですと武道館公演にはきちんと
席を用意してもらえますし、
推しメンバーの生誕祭にも必ず参加させて
いただけるんですよね。

ただし同じなのはライブハウス規模の公演
は落選確率が8割程度と急に高くなるので、
そこはももクロと同じです。

ちなみにモーニング娘。も
アンジュルムもライブハウスは一度も
当選していません。

こぶしファクトリーは3年前に一度当たっただけです。

あとはAKBGも継続していますが、
こちらもハロプロと同じ感じで、
推しメンの生誕祭はきちんと席を用意
していただけます。
あと主に推しが出ているTDCホールの公演についても
絶対用意してもらえるんですよね。
ちなみに指原氏のホールイベントは
当選確率今のところ100パーセントです。

そう考えると、ほんとにももクロのファンクラブは
費用対効果が低すぎだと思わざるを得なくなって
しまって、以前も一度辞めたんですよね。

なんか落選している状況を人気があることへの
裏返しだとニヤついて楽しんでいる気がしてなりません。
落選したという文字を見てニヤついているんじゃないかっていうね。。

まあ6月までありますから、
どうなることやら。

このままだともうももクロに対する
現場意識を変えざるを得なくなりそうです。

コメントは受け付けていません。