指原氏の卒業発表が純粋なファンに対する気持ちを優先させたことが証明された「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2019」の投票期間と卒業発表の期日の関係性でした。

標準

私は数年前から劇場公演楽曲より、リリース楽曲で占められるようになった
リクアワはスルーしているので、今回も投票はしなかったので、
いま期間がわかったのですが、そこに驚愕の事実が
隠されていました。

投票期間: 2018.11.27(火) AM10:00 ~ 12.11(火) PM3:00

これが投票期間です。

わかりますか???

そうです!変なおじさんです。

これはこのタイミングでは言わないと逆にダサいでしょww

なんと指原氏はリクアワの投票期間を無視して
12月15日のTDC公演で卒業発表を行っていたんですよね。

11日より前に発表していれば、まあ指原楽曲

恋するフォーチュンクッキー
それでも好きだよ
Get you

not yet、
愛しきナターシャ(初センター)
鏡の中のジャンヌダルク

他で
上位が占められるのは明らかだったと思うんですが、

まあおそらく考えたと思うんですが、
それはダサすぎるから絶対避けようと、
逆大島優子的なまじで心が打ちぬかれる
ようなファンに対する気持ちを最優先
にしたことを後々証明するような
発表方法にしたんだと思います。

まあ、AKS側からしたら、利益を逃すような
感じでなぜこの時期にしたのかって、いろんな
方向から考えて思ったと思うんですが、

AKS側が嬉しがること=指原氏とファンの絆
にとってはマイナスなこと

という場合が多いことを指原氏は知っていて、
上記のようなことになったんだと思います。。

コメントは受け付けていません。