2018.12.15の記者会見のように、なぜ現在の内藤哲也選手は冷静に核心を突く正論を言えるようになったのか。

標準

プロレスのプレイヤーとして酸いも甘いも経験し、
現在のポジションに到達するために様々な
星の数ほどのプロレス哲学を考え抜いて
きたから、ほとんどすべての問題や状態
は自分に置き換えることで答えが出る
んじゃないかということですね。

2018年12月15日のクリスジェリコとの記者会見
についても、数回のやり取りの後、最後には
内藤選手の正論がクリスジェリコの心に
突き刺さり、先にジェリコが怒り出す
結果になりました。

私はこのやりとりを見ていて、
途中までジェリコの言い分に頷くときも
あったんですが、

内藤選手の

新日本の選手が誰もあなたの名前を出さないですよね。
プロレスは巡業を経てストーリーが
構築されて様々な感情が生れていく
結果に戦うことで、爆発するものなので、

1年に数回目立つ大会に来てるだけじゃ、
選手もファンもなんの感情もわかないし、
クリスジェリコに感情移入することも出来ないため、
人気も出るわけなく、
まただから自分のクリスジェリコのことを
知らないし、何の感情もわかないから、

悲しいかな、あなたの新日との生命線であるベルトをはく奪して新日本との
関係を遮断したいだけ。

という最後のコメントがクリスジェリコに刺さり、怒り出すけっか
になりました。

これは、2017年に、当時道を模索して、
参戦回数を極端に減らし、自分のジムに
閉じこもってトレーニングに明け暮れる
やりかたを選択した飯伏にも同じことを言いました。

この時、飯伏は結果負けることになり、
まっすぐで素直な飯伏は2018年の初頭から、
内藤の助言通りに巡業に参加し、従来の
レスラーとしての生き方に戻すことで、
ケニーオメガと内藤に勝利してのG-1準優勝
という地位に返り咲くことになりました。

クリスジェリコは昔の自分のように
ベルトをとればそれでファンが増える
という間違った考え方をやってるから
内藤からしたら笑っちゃうんでしょうね。
あの年でっていう。

内藤と真逆になんの苦難もなく
トップに上り詰めたから、
プロレスラーとして真剣に
生き方や哲学を模索したことはなく、
そこは内藤の方が数段
上をいっているんだと思います。

だから付け足すと、同じ40代の後半の選手なら、
まだクリスジェリコなんかより
真壁とか白目さんのほうが
内藤からしたら心が通う戦いが
できるから魅力的なんじゃないかと
思います。

2018.1.4に内藤がクリスジェリコを倒した
あとにジェリコがどういう判断をするのか
がみものです。

巡業に参加するのか、
それとも新日を離れるのか。

前回はジェリコが反則で勝ったので、
今回はロスインゴには是非初心に戻って、
総力戦で倒してほしいと思います。

ジェリコはどんなやりかたでも勝つことが
重要です。
反則なしで負けても反則で負けても
さほどダメージは変わらない考え方の
やつですからね。

 

コメントは受け付けていません。