ようやくAKB48劇場にNMB48劇場をお手本にシーズン2とも言える時代に突入する幕開けを感じさせる企画が登場。

標準

2018年10月25日
みぃまこのAKBネットニュースを一刀両断!
出演:峯岸みなみ、小嶋真子

みぃまこ

少し前に今は卒業したNMB48のおしゃべり芸の異端児、
りぽぽこと小谷里歩、現在の三秋里歩さんがNMB48劇場で
異例のソロトークライブを始めたことに
由来します。

歌って踊る為の劇場を、メンバーの個性を生かす場所という
意義に置き換えたNMB48劇場。

そこから、NMB48ではよしもと由縁の個性的な企画が人気を博すようになると、
HKTでも劇場でそういった企画が行われるようになりました。

AKB48劇場は、まあプライドもあってか、ふんぎりを
つけるまで時間がかかりましたが、
今回、この企画でその流れに乗っかる意思表示を
したといえるんじゃないかと思います。

小嶋真子さんは外見とは裏腹に、ネットをチェックしている
し、峯岸さんはまあいままでのいきさつを考えてネットを
重視しているのは明らかなので、

スタッフが内容を聴いてお金が取れると感じて
企画をゴーしたんじゃないかと思うので、
結構楽しめるんじゃないかと思います。

テレビやネットレベルよりもコアなレベルに踏み込んで
くれるんじゃないかという気がします。

聴いている人がファンなので、テレビの場合
知ってる人を出さないと話が通用しませんが、
そこらへん気を遣わずに話してくれるんじゃないかと。

もし盛り上がったら定例化していってほしいですね。

この流れをさらに拡大していけば劇場に新時代の風を
吹かせることができるんじゃないかと思います。

もともと秋元康とフジテレビバラエティ班のトップが
始めたAKBプロジェクトなので、
この辺はほかのどんなグループよりもセンスが
ずば抜けている気がしますからね。

ただ、その栄光は過去のもので、
現在バラエティを引っ張っているのはフリーの
スタッフとフジテレビ以外のスタッフなので、
そこがちょっと怖いところですがw

ここから始めて地上波に流れを作れたら、
昔のとんねるずみたいに成功の過程をファンとともに
楽しみながら育てていくことができたら、
最高なんですけどね。

ちなみにこの公演はAKB劇場の本筋とは異なるし、
経費もあまりかからないので、本公演と同じ3000
を徴収するのはお門違いだと思いますね。

よしもとの劇場でもネタのライブ以外のイレギュラー
企画は2000円以下にするので、そこらへんは
勉強が必要だという気がします。

コメントは受け付けていません。