最近、寝具業界の方向性が衣料業界の構造とシンクロし始めている。

標準

ユニクロがフリースというものを創り出し、
ナイロンの可能性に世界的に注目を
集めるようになっりました。

そこから、まあアスリートの素材は
ナイロンで埋め尽くされ、、それと
シンクロするように、アンダーアーマー
というメーカーの速乾性のある
素材が注目されて一躍トップメーカーに
成長しました。

私も、ももクロの現場でシャツが重くなる
ことにストレスを感じていて、アンダーアーマー
が出てきたときはいくら汗をかいても
重くならないのでストレスがなくなった
んですよね。

ただアイドルの公式のグッズは綿オンリー
なので、悩んだけども、
デザイン性より機能性を重視して
買わなくなりました。

そして、最近、自分の寝具が古くなり、
いろいろ調べていたところ、
それと全く同じ現象がおこっている
ことに気づきました。

まず、綿は重いので市場から姿を消していて、
羽根布団が市場の中心にはなっているんですが、
いかんせん高価だと。

そこでナイロンの素材を羽根と同じような
加工にして数千円で製品化している
グループが形成されました。

でも、シャツと同様に、ナイロンは
それ自体は吸水性がないので
熱がこもりがちで圧迫感がある。
だけど洗えるし、軽いし、、なにより安い。

羽根は吸水性もあり、熱がこもらず、
適度に温度と湿度を保ってくれる。
しかし高い。

でこれふとんだけにとどまらず、
ベッドにも同様の波がきていて、
コイルは高級だから、ナイロンでそれを
補う感じになっています。

掛け布団を今回購入しましたが、
無名のもの(タンスのゲン他)は
安かろう悪かろうが多い。
とりあえず西川の適度な値段の製品
を選択しておけば無難だという
結論に至りました。

衣服もナイロン素材はユニクロが
安定してます。

低反発はテンピュールですかね。

3000円程度のアマゾンで1位の枕を
購入しましたが、頭が沈んじゃて
返品です。中国を信用した
自分がバカでした。

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。