2018.09.26HKTBINGOライブ初日の記事がまさかの1社だけだったことから浮かび上がるAKBGと坂道全体の問題点。

標準

最近HKTの取材班が極端に減少しているのを
感じて危機感を抱いているので、今回の
HKTBINGOライブも心配していたんですが、
やはり、あまり状況は変わっていなかったようです。

少なくても5社程度はあると思っていたんですが、
1社のみでした。

みなさんも、これだけじゃなく、HKTもそうですが、
AKB自体の取材量も減少していると感じませんか。

AKBメンバーが辞めるのは記事にならないのに
乃木坂のメンバーがそれをしゃべったり辞めたりすると、
それの派生記事なんかもばらまかれます。

それだけ、世間の注目点がAKBから坂道へと
移り変わっている証拠なんでしょう。

HKTBINGOもラテ欄の見出しは必ず指原と宮脇
が含められます。
そうしないとHKTってなんなのかがわからない
っていうことを日テレ側も思っているという
ことでしょうね。

AKBINGOもさしてなにもやらないのに
柏木由紀が出演させられています。

これも現在のAKBの色が薄くなっている
証拠なんでしょうね。

HKTBINGOライブの初日の記事もまあ予想通り
さっしーパイセンの写真が載っていました。
秋吉ちゃんや重さんの姿かたちもありませんw

これもっと考えてみるともし指原氏が今HKTにいない
場合や、出演しない福岡公演なんかの場合、
取材されるのかどうかってのもありますよね。

多分、取材自体ないんじゃないかと思います。。

指原氏がいるから取材が来た。

いったいどうすれば現状から脱却できるのか。

AKBG、しいては最近の乃木坂も含めて全体の問題ですね。

コメントは受け付けていません。