windows server 2016とネットワークアダプタとリモートデスクトップ接続についての諸注意。

標準

windows10同志では画面の上方にカーソルを持っていくと
専用のメニューが出てそこでいろいろできたんですが、
WS2016の場合ここ数か月でリモートデスクトップのコンポーネント自体が
アップグレードされて、WS2016は更新しておかないと、
セキュリティ上の問題でプロトコルが古くて初期状態では
接続できなくなっていました。

ちなみに右上の×で切っても接続自体は残ってしまうので
おすすめできないとのこと。

で結局、接続相手側の左下のスタートメニュー
から自分のユーザー名を選択してサインアウト
というシンプルな方法に落ち着いたようです。

windowsserver2016RDP

あとネットワークアダプタはserverやLINUXの場合枯れたものしかサポートされていない
ので、INTELのCTあたりのべたべたな定番のものを一枚所持しておくと
作業が楽になります。
いろいろ設定をいじくって非対応のものを使う方法もありますが、
セキュリティの問題とか、時間がもったいないので
おすすめしませんね。
仕事でそんなことしてたらコストがかかって
しょうがないですからw

正式名称:インテル® ギガビット CT デスクトップ・アダプター

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。