楽曲系ドルヲタによるTIF2018聖域なき検討会議 1日目

標準

2018年8月3日から5日まで開催されるTIF2018。

たっぷりとスポンサーを獲得し、潤沢な資金の元にビッグネームが
勢ぞろいし、最初は行くだけで楽しい的な感じで行ったものの、
次第に知識や経験が蓄積されていくとともに、自分に刺激を与えてくれる
ようなアイドルさんが少なくなっていくために、本当に自分に
TIFが必要なのかを問いかけるために始めたTIF全メンバーの
総ざらい検討会議。

昨年までは1日で全てのメンバーをリストアップしていましたが、
今回は今日から開催前日の8月2日まで9日間あいうえお順に検討していこうと思います。

でもあいうえお順に書いていくとあ行が下、わ行が上に来てしまうので、
わ行から行くことにします。

わ行

・わーすた:女子流
・Wi-Fi-5:3bjr
・我儘ラキア:松隈
・ONEPIXCEL:パフューム
・ヲルタナティヴ
・・・・・・・・・・:松隈
・STU48:AKB
・シュークリームロケッツ:初期AKB
・Task have Fun:HKT
・=LOVE:HKT
・大阪☆春夏秋冬:安室奈美恵とスーパーモンキーズ状態w
・PASSPO☆:その他大勢
・HKT48:西野カナ系AKBポップ
・はちみつロケット:所詮3bjr
・まねきケチャ:しゃち

特殊ステージ

・あっこゴリラ:egirls
・大森靖子:椎名林檎
・たこやきレインボー with なにわンダーたこ虹バンド:迷走中
・cana÷biss:cu-te
・キミイロプロジェクト:外神田
・鈴音ひとみ:声優系、アニメ系、

わーすたは他のAVEXアイドルと違いが判りませんね。

ヲルタナは夏の香のパ・ド・ドゥが良かったので期待したんですが
他の楽曲はなんとか風のステレオタイプで期待外れでした。
サイン波のぶりぶり音を重視して性格を作っていけば
面白い展開が期待できると思ったんですけどね。

ONEPIXCELも同様でmonochromeが良かったんですが、
後続が結局韓国風パフューム風とか手抜きが出始めて興味失いました。

逆にテクノ系は上記の2つの感じにならなければいけると思うんですけどね。

あまりにやりすぎても振り付けがモーニング娘。のように高度化して
スキルが必要になってくるので、バランスが難しいところです。

でもあの辺レベルは追い越すような意気込みでやらないと
埋もれたままで消えてしまうのは明らかなので
本気で生き残るのならやらないといけないと思いますね。

歌番組でももクロ、娘。とその次の枠が現在は入れ替わりが激しくて
不安定なので成功すればチャンスはあると思うんですけどね。

たこ虹は前山田で色が付き始めていたのに結局捨てて
無色状態になってしまったので興味が失せました。

HKTは結局デビューシングルの軽い頭悪そうな空気を最後まで貫き通す
ことが最近確定してきたので離れることにしました。
HKTはこの色を貫くとなると、そろそろメンバーの大量
脱退が始まっていくような気がして怖いです。
未来永劫全部こんな楽曲だと20代越えたら自分がバカみたく思えて
しまうのは明白なので、指原氏みたいに支配人とか
そういった上流のポジションが与えられなければ
続けるのは無理なんじゃないかと思いますね。

松隈系はBiSだけでおなか一杯でもう食べ飽きましたw

ぱすぽもどうもAKBとスタダとハロプロと松隈とディアステ、
それ以外のアイドリング系の枠でイメージしていて
そこから抜け出せないままなのでそれなら
アイドリングでいいやって感じで時間はさけない
ままですね。どうせ同じなんだからっていうね。

はちみつロケットも色が安定しないですね。
キャラクターが無いから興味もわかない。

現在スタダでキャラがはっきりしてるのは
ももクロ(最先端)、エビ中(サブカル)、しゃち(名古屋のアイドル)、
ばってん(パワーポップ系)、奥澤村(ストリート系)までかと思います。

あとはとき宣、ロッカジャポニカもたこ虹も感動する楽曲が数曲あるんですが、
その間をつなぐ楽曲があまり揃っていなくて15分超えると
飽きてくる感じなんですよね。

まあでも後発だとネタが尽きてくるんでしょうがないとも
思うんですけど、ハロプロとかディアステとかは
現在も刺激的な楽曲を変わらずにリリースし続けている
んでできないことは無いと思うんですけどね。

でもこちらとしては自分の時間は限られているので
捨てなくてはならなくなるのは寂しいところですね。

コメントは受け付けていません。