高島推しから中野郁海推しに移行して数年経過したが生誕公演以外は当選しないのはなぜか。

標準

AKB48の劇場公演の当選確率は推し設定歴と比例するのはみなさん
お分かりだと思います。

私は2014年から2016年くらいまでは可能な限り
選ばずに毎日のようにエントリーしていました。

その時の当選確率は3ヶ月に1回。

これはほとんど安定していました。

で一通り色々観たので毎日なんでも観たいという
童貞っぽさが抜けて2016年後半からは推しの出演
している公演だけをエントリーするようになりました。

ちなみに高島が抜けて中野という逸材を見つけた
ので推しチームはチーム4からチーム8に変更し、
推しメンはAKBでは中野一択でAKBGでは指原推しです。

高島の時も生誕祭は当選していました。

中野も変更した2016年から生誕祭に当選しました。

通常公演は当選しませんでした。

でいつかはと考えて2年経過しようとしていますが、
結局チーム8は中野生誕祭以外は当選しません。

また最近中野はチームKにも出るようになったので
エントリーしましたが見事に落選しておりますね。

て感じで報告を終わります。

なぜ当選しないのか。

チーム8は48都道府県に1名ずつメンバーがいるので、
日本全国に推しがいます。

その人たちが数少ない秋葉原AKB劇場の公演に応募するので
AKBでもっとも当選確率が低いのは当然だという気がしますね。

またなぜ生誕祭は当選するのか。

これはあくまでAKB劇場は秋葉原なので
東京が優先されるからじゃないかと思いますね。

でも中野で言えばですよ、
鳥取でのイベントがほとんどで、そのイベントは
小規模ですぐ近くで楽しめるし、
それには東京のひとは行かず鳥取のファンは楽しみ放題
なので、たまの劇場公演くらいは東京の人に
優先権が与えられても良いんじゃないかという
気がするんですよね。

コメントは受け付けていません。