黒田さんの重要さが改めてわかった公演でした。2018.05.19ダブルブッキング単独ライブ「屈折」

標準

ほとんど定期公演と言える感じになってきたダブルブッキングの単独ライブ。

ここ数年、K-PROの児島さんが現場をサポートするようになってきて、
今回もにこやかに現場で活躍してる姿を拝見して、
お墨付きというか、さぞ面白いんだろうなと
期待しながら入場しました。

内容は、起承転結の起となる部分は何気ない雰囲気を漂わせて
いて、それを黒田さんが育ちがいい普通の人間の役割で
提起して、それを裏社会に精通している役割の川元さんが、
以前は違法とかモラルとかを無視したあらゆる方法を
使って解決していくようなネタが多かったんですが、

最近はそこに激しく下ネタが入るようになってきました。

濃厚なネタと、だれでもわかるドリフのような下ネタが
同居しているのが2018年における
ダブルブッキングじゃないかと思いますね。

これはダブルブッキングはさまぁ~ずの三村さんの、鬼三村という、
内村プロデュースのような、
あるテーマに則った笑いを数組の芸人さんとアドリブで
提供していく番組があって、
そこで、自由奔放な三村さんに引きずられて、
こだわりを捨てて、なによりも笑いを取ることを優先し、
下ネタを使うことに抵抗がなくなってきたところ
から変化していったんじゃないかと言う気がします。

そして、以前は黒田さんが川元さんの引きこもりがちな
職人気質な部分を表に出す役割をしていたんですが、
鬼三村での変化によって、
川元さんも自力で表にあるていど出てこれるようになった
ことで、
笑いの幅がひろがって、より緩急の差が表現できるように
なって、カラフルになってきたような気がします。

ただ、川元さんが下ネタに開眼したのはわかるんですが、
セックスを覚えた童貞のようにそればっかりにならず、
うまくミックスさせて表現して欲しい気はします。

下ネタならたけし軍団とかたけしさんとかもうやりつくしている
気がするのでもうちょっと独自性を出して欲しいっていう気はします。

コメントは受け付けていません。