愛の種(20th Anniversary Ver.)デビューのモーニング娘。のファンの方が、さらに人生を豊かにする方法について。

標準

私は、モーニング娘。の誕生前、からのファンですが、
20周年を迎えるにあたり、ハロプロが愛の種を
ブラッシュアップさせたのを体験して、

真っ先に感じたことは、

作り出す空気感がまんま創世記のAKB48劇場だなあ。

っていうことでした。

2005年にAKBは誕生したんですが、
この時期からハロプロは低迷期を迎える
わけですが、入れ替わりでAKBというプロジェクト
が市場を席捲していきました。

当然、この愛の種の誕生した時期にはAKBは
無かったので、そうすると、
今となっては、ハロプロのセンスが
時代を読み取る能力がすごかったと
言わざるを得ないわけですよね。

AKB48劇場オープニングと同時に
こけら落としで用意した公演内容は
「PARTYが始まるよ。」

現在はファンによる人気投票やオーディションで
メンバーを成長させるシステムが当然のように
敷かれていますが、最初は当然そんなものは
無かったわけで。

といっても、モーニング娘。は最初の結成から
ファンによる投票で選ばれ、
リリースイベント等も行い、
手売りをしていたわけなので、

皮肉にも
昔のハロプロのシステムをAKBが採用して、
それを元手にビッグビジネスを構築したわけですが、

その代償として、アーチストクオリティを犠牲に
することになってしまいます。

逆に、ハロプロは専門のスタッフがタレントイメージを
管理する方向に行き、ビジネスよりもアーチスト
クオリティの向上に努める方向にすすみます。

話を戻します。

初期のシステムもAKBとハロプロは真逆でした。

AKBは専門スタッフによるオーディション以外にも、
スカウトで連れてきたりしていました。

また大きな違いとしてモーニング娘。はつんくさんが
作詞作曲ができる。AKBは秋元康は作詞と楽曲の
方向性の指示ということですね。

しかし、この愛の種はハロプロという組織が形成
される前なので、つんくさんが関わっていない
作品なんですよね。

その楽曲の空気感が、7年後に誕生することになる
AKB48劇場の空気感と変わらない。

ということは、

最初はAKBもモーニング娘。もパフォーマンスで
つくりだす空気感は同じものを描いていた
ということになると思いますね。

もっと面白いのは、

AKBはこの後変わることなく、秋元康作詞と外部委託の作曲編曲体制
を貫くことになるわけですが、
モーニング娘。は一転してつんくというアーチストが
楽曲を管理することになることですね。

だから、もしこのままつんくさんが担当しなかったら、
AKBのようなアーチストイメージが確立されていた
かもしれないっていうことも考えられます。。

しかし、後日発表されることになる
ラブマシーン他、一連の楽曲は誕生しなかったとも言えます。

そうすると、数年単位でプロジェクトの再検討が入る厳しいアイドルビジネスルールの中、
モーニング娘。自体も存続していたかどうか。

ここらへん面白いっすよねw

AKBも劇場公演の楽曲とはラインを別にして
メジャーリリースを行っていて、
ここ数年でファン投票のリクエストアワーの上位楽曲
は劇場公演曲はメジャーリリース曲に抹殺されて
しまうようになってきたが、
AKBについては、観客動員が減少している
ことを考えると、

AKBの場合は
劇場公演曲もメジャーリリース曲も両方大事だと
いうことが最近わかってきたような気がしますね。

モーニング娘。は悲しいかな、今となっては
モーニング娘。は愛の種のイメージから離れて、
つんくさんのセンスに任せたことによって、
20年も続いてきたんじゃないかという感が
強くなりつつありますね。

ということで

結局何が言いたかったのかw

AKB48劇場のPARTYが始まるよ他、
初期の作品群は先ほど言ったように
メジャーリリース作品と一線を画す
愛の種の空気を感じさせる作品になっているので、

まあ私も最初はメジャーリリース楽曲で
AKBを毛嫌いしていた人間なんですが、
劇場公演に触れたとたんにAKBに対する
イメージが変わった遍歴があるので、

化学反応が起こる可能性があるので
一度体験してみる価値はあるということが
言いたかったのです。はい。

ちなみに私はコンサートやメジャーリリース作品はめったに
買いませんが、劇場公演映像は買います。

この分ける文化ってハロではないものなので、
最初はよくわからないですが、一度触れてみれば
だれでもわかりますので、触れてみてください。

コメントは受け付けていません。