2018年AKB48福袋 抽選特典 昔はともかく、2017年11月の時点では様々な問題点があらわになりつつある内容です。

標準

2018年AKB48福袋 WEB販売抽選特典

特賞:2018年AKB48劇場元旦公演観覧権
1等:2018年 100発100中権利
2等:2018年 2ショット撮影権利
3等A:2018年 上半期100発98中権利
3等B:2018年 下半期100発98中権利
4等:2018年 月間購入予約権利
5等:メンバーサイン入りチェキ
6等:2017年 劇場トレーディング生写真セット復刻版 月別コンプリート(いずれか1ヵ月分)
7等:サイン入り福袋生写真

新規特典①:AKB48劇場公演立見エリア フリーパス権利(月別)
新規特典②:AKB48劇場生誕祭公演確約権利
新規特典③:劇場壁写真プレゼント
新規特典④:メンバー似顔絵プレゼント
新規特典⑤:AKB48Mail30日間(メンバー1名分)購読権
新規特典⑥:AKB48グループショップクーポン

・特賞:2018年AKB48劇場元旦公演観覧権
これは無料で元日公演を抽選入場できる権利。
しかし、元日の予定がある人は空気になります。

・1等:2018年 100発100中権利
1度だけ希望の通常公演に有料で抽選入場で入れます。

・2等:2018年 2ショット撮影権利
これは握手会で普通にできるやつに名前入れとサインが付いたものですね。

16歳未満のメンバーは21時以降の撮影をお受けすることが出来ません。
メンバーによって事情により撮影不可な場合もある。
研究生は対象外とさせて頂きます。

2等なのに結構問題ありますw

・3等A:2018年 上半期100発98中権利
・3等B:2018年 下半期100発98中権利

1等とだいたい同じ。

・4等:2018年 月間購入予約権利

・2018年のAKB48劇場該当月の公演に予約当選なしで何度でもチケットを購入できます。

これ私がAKS企画担当なら1等にする内容ですよね。。

AKSにわかって欲しいのは、

現在のチケセンのシステムを考慮すると、
より嬉しいのは当たる確率が高い1度の入場より、
絶対不可能な短期間に複数回の入場です。

・5等:メンバーサイン入りチェキ
握手会でできます。

・6等:2017年 劇場トレーディング生写真セット復刻版 月別コンプリート(いずれか1ヵ月分)
別途購入可能。
また、私のような生写真に興味が無い人には空気を貰ったと同じ。

・7等:サイン入り福袋生写真
別途購入可能。

・新規特典①:AKB48劇場公演立見エリア フリーパス権利(月別)
劇場の立ち見とはなんなのか。
抽選入場でも当然座席と、その手すりの後方、右の
コテージと、ボックス上、ほとんどが埋め尽くされ
ますので、ここでいうところの立ち見とは、
それらの人たちのさらに後方となります。
私なら無料でも行かないと思います。

・新規特典②:AKB48劇場生誕祭公演確約権利
生誕祭は普通にFC会員の推しメン登録で長期にわたって
登録してあるメンバーなら当選します。
それは推してるファンを入れないと盛り上がらないからです。
だからこの特典の内容、1度のみ有料で生誕祭に入場できる権利
というのは、誕生日が近い複数のメンバーを推している
ひとには大変魅力的な権利と言えるでしょう。

・新規特典③:劇場壁写真プレゼント
ランダムに勝手に送付されるので意味が無いですね。

・新規特典④:メンバー似顔絵プレゼント
似顔絵は乃木坂がやり始めた抽選企画はファンが被写体ですが、
こちらはメンバー同士の似顔絵で既製品です。
特にw、、、

・新規特典⑤:AKB48Mail30日間(メンバー1名分)購読権

・月額会員価格
メンバー1名登録:月額300円 + 消費税

・追加課金
月額登録会員限定で、1メンバーあたり日数単位で追加購入することが可能です。
30日間:300円 + 消費税

なので、誰でも金払えば可能です。

興味ない人には空気になります。。

・新規特典⑥:AKB48グループショップクーポン
グループショップクーポン

これは買いたいものがいつも品切れなのに
クーポンを貰ってもっていうね。

ていうことでw

みなさんと見てきましたが、90パーセントはいらないものでしたね。。

4等、1等、3等っていう順で欲しい感じですね。

ただ、ももクロもこういう特典を最近導入するようになってきて、
さらにこれよりグレードを高くしてあるので、
AKBの特典内容がしょぼく感じられるようになってきたため、
もう少しブラッシュアップしないとこの入場権利系の
特典の価値が維持できなくなる気がするんですよね。

ただでさえ、今回の特典は数千円や数万円を払ってまで入手する
意義がなくなりつつあるし、100発系なんかは数が少ない
のがわかっていて、年々販売会場規模が拡大されて、
特典内容も貧弱になっていて、
販売個数の増大のわりに当選率が下がっているしでね。

だって劇場の大きさは変わらないのに公演数が激減してるってことから
優先入場特典を急激に増やせる訳ないしね。。

もっと来年からはAKSには危機感をもって福袋プロジェクト
に臨んでいって欲しいと思いますね。 

コメントは受け付けていません。