sports of heartというイベントの悲惨な末路と、2018年に復活させる為の方法を提案します。

標準

このイベントは文字通りスポーツの団体の支援のもと、
まずはコンサートやイベントで集客し、そのついで
に、開催しているスポーツの素晴らしさを伝えるイベント
に参加してもらおうというイベントです。

ちなみに私が知ったのはドルヲタになってからで、
2015年でした。

その頃は代々木第一体育館で普通に7000円程度の
チケット代をとって、スポーツにとくに結び付けずに
選んだメジャーアーチストを呼んでコンサートを行い、
そこを拠点として、

その周囲に数か所無料ステージを設けて、
様々なアイドルを呼んで10分程度の時間を割り当てて
ドルイベを盛大に開催していたんですよね。

で、当然ですが、私の知る限りでは本拠地の
有料イベントより、その無料のドルイベの方が
好評で、瞬く間にうわさがひろがりました。

ちなみにこの2015年はお台場のTIFと同時開催で
あのお台場アイドルフェスティバルが開催
された年でした。

私はそこで初めてデスラビッツを知り、
よく言ってますが、このsohではまる
ことに、いわゆる、デスラビ軍に入隊
することになりました。

2016年。

2015年は無料のドルイベが盛り上がっただけで、
本拠地の有料イベントが盛り上がった
わけじゃなかったのに、
勘違いした主催者が暴走しはじめました。

まずドルイベは出演者数を大幅に減らして
代々木の野外に移しました。

で逆に有料の代々木体育館イベントを
価格を上げてよりメジャーなアーチスト
をよんで充実させました。

で結果、、
ドルイベはニコ生でも無料配信されたりして
上々の結果でしたが、
有料の現場は散々な結果になりました。。

まあ当たり前ですよ。。

ドルイベは無料でしかもスポーツ関連の
このイベントからの強制的な仕事も
ないので普通に各自ライブをやっている
のに対し、

有料の方はと言えば、金を出して
コンサートを純粋に観に行きたい
人がほとんどなのを無視して、

メインステージなので、有料なのに
事前のタイムテーブルにて
様々なスポーツ関連のアスリートや
スタッフが合間合間に出てきて
流れが中断されることが判明
してしまった訳ですから、、
行きたくなくなるわけですよ。

無料ならボランティアの精神で
行きますけど、
何千円も出して金払ってまで
いちいち音楽以外のレクチャーとか
受けたくないですよ。。

soh2016ガラガラ空席祭り

そして2017年。

まあさすがに凝りてドルイベを復活させると思ったら、、
なんか昨年信頼を失って大赤字を出して
資金提供が急激に減少したためなのか、、

まず代々木体育館第一が利用できなくなって、
昨年アイドルを移動させた野外ステージをなんと
メインステージにして、、、
全てのイベントを開催する落ちぶれように。。

まあ最初に公式HPに太田プロの一線から退いている
ブラックパイナーSOSとか360モンキーズが
ゲストで決まっているのを見て、怪しいなって
思ったんですけど、

イベント自体が一線から退くような事態に
なっていたわけだから当然だったわけなんですよね。。

2018年に向けてどうしたらよいか。

関係者の方々、ドルイベを復活させたら
間違いなく最も集客力が高い
イベントになるのは保証します。

それをどうやって有料にするのか。

もうかっこつけるのはやめて、
ギャラが高いアーチストは一切切り捨てて
若いアイドル達にかけてみると
なんか未来が見えてくるような気がしますね。

ももクロやハロプロをよく研究すれば、
スポーツと売れる前の若手アイドルの精神は
結びつくところが多いということが
わかってくると思います。

野球のマー君、女子プロレスの岩谷選手、
サッカー選手の岩本選手、プロレスの内藤選手、
どんだけガールズアイドルのファンに
スポーツ選手がいることか。

2018年、アイドルの関係者が一目置く
イベントとして復活することを
期待しております。