macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ

標準

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)

これ1年前まではまあ結局は新型のmacbook proも世代は違えど
同じintel core i5だからいいかと思って使い続けていたんですよ。

でなぜ最近一念発起したのかというと、macにwindowsをインストールして
ダブルブート化するための公式ツール、bootcampを使うときに
新型はUSBメモリが必要ないってわかったことがきっかけなんですよ。

あとmacにソフト的にintel環境を用意してくれるvmware fusion
というアプリケーションの動作が怪しくなってきたことなんですよね。

速度とかは特に問題じゃなく、安定した仮想環境を手に入れたいためですね。

で売り飛ばすことにしたわけですが結局80000円程度になりました。

で最初は同じMacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A
に移行を考えていたんですが、
冷静に考えると、、

いや待てよ?一番安くて一番人気がある
MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/A
が92000円だろ?

でMacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/Aが135000円
だから差額が43000円だ。

43000円あればなにができるか。

4Kのディスプレイが買える、AMDのryzenとマザボのセットが買える、
そして一番くだらないと思ったのはスタンダードなwindowsのノート
が買えるってことですよ。。

また、、

macbook proの13インチ程度のサイズで実際retinaをいかした
1920×1080以上の解像度が必要だったか、そして、
使いやすかったのかと改めて自分に問いただしてみると、
最初は解像度が高いのでいろいろ高くして遊んでいたが、
解像度が高すぎて結局下げて利用していたから必要ないんじゃないかということ。

次にSSDの容量については、基幹のwindowsがあるから、書類や画像しか保存しないし、
仮想環境用のサイズもOSとブラウザしかインストールしない
ので30GB程度で十分で、256GBでも持て余していたことから、
128GBでも持て余すんじゃないかということ。

あと拡張端子類は
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A
の場合は

2つのThunderbolt 3(USB-C)ポートで以下に対応:
充電
DisplayPort
Thunderbolt(最大40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)

てことで、投資が必要で、さらにアダプタの持ち歩き
も必要ですが、MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/Aは

USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 1
MagSafe 2電源ポート
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック

でフルスペックだから逆に都合がいいし、

さらに、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)は
2014年に135000円で購入し、約3年で
80000円になったので55000円かかったが、
airは92000円で購入しても40000円までは
下がらないこと、

そして最後に、店頭で触った感触も上出来でしたので、

そういうことを加味すると、
MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/A
がベストなんじゃないかと思い、購入に踏み切ることにしました。

明日あたりから動き出しますのでお楽しみに。