2017.09.10アンジュルム横浜ベイホールは11人の場合どうなんだろうか。。

標準

昨年に引き続き、落選祭りとなったアンジュルムの横浜ベイホール。
約1000人のキャパなんですが縦に長いので後方はあまり見えなくなる。
zeppが1500人程度なんであれの一回り小さい感じ。

オークションサイトでは軒並み10000円越えの値が付いている。

しかし、果たしてそれだけの価値があるのかどうか。

本当は値段が変わらないVTRや衣装、セットに投資した
武道館のほうが良いんじゃないか。

まずアンジュルムは11人になりました。

まず従来の9人での横浜ベイホール

アンジュルム横浜ベイホール9人

9人でこの状態なんで、11人になると絶対誰かが重なります。
端っこなんか隠れちゃってますw

照明も少ないので中央に集中しちゃってます。

5,6人程度で中央でパフォーマンスする状態向けの現場なので、
こんなにひろがってパフォーマンスする状態に対応できてないんですね。

これで武道館と同じ金額だとすると、どうかなっていう。

まあ、ちなみに私は同日にたこやきレインボーの日比谷野音があった
のを忘れてエントリーしてしまったので落選してくれて助かった
っていうこともあるんですけどねw

ちなみに小さな箱だとももクロなんかはファンの熱気に圧されて、
あきらかにテンションが高めで200パーセントの予想不可能な
くらいのものをやってくれるんですが、

ハロプロの場合は良くも悪くも私はここでこぶしを体験したんですが、
特に普段と変わらない感じなんですよね。

そういうのも、とくに定価以上の金額を出して行きたくならない
理由ですね。

ももクロの横浜ベイホールなら10000円出しても行きたいですね。

広告

コメントは受け付けていません。