結婚宣言で須藤凜々花が生涯において失ったものと、今後の成功の鍵について提言。

標準

1.タレントの須藤凜々花が失ったもの。

それは、秋葉原通り魔事件と同様に、無名の人間が注目を浴びる方法として最も簡単で
リスクを負えば誰でもできる方法を安易に実行してしまったことで、
人生において他にどんなことをやっても
今回の事件を超えることが不可能になってしまったことですね。

もし山口百恵さんのようにきちんと結果を残してから実行して
この人生のピークを最後に引退すれば
作品としてもアーチストとしても、女性アイドルの
歴史の一コマとして、また、煌くような
アイドルのイメージが人々の記憶に残ることになったのに、

須藤さんは素人に毛が生えた状態で
須藤凜々花としてはなにも結果を残していない状態で
結婚宣言してしまったことで、
今後どのようなことをやっても、まああるとすればノーベル賞を貰う位
のことをしない限りは今の自分を超えられなくなってしまったていうね。

本人曰く、「人生を危険にさらす」とは真逆の、

「人生を危険の壁で保護する」結果になってしまった。

あまりにも無名で経歴が無い状態で行った為に、何をやっても
結婚宣言の壁の外には出られなくなってしまった。

2.未来について

さらに、、

今後の人生において安泰だと思っていると間違いで、

今後、須藤よりも知名度があるアイドルが同じネタをやる時代が到来した時は、
須藤は一瞬のうちに闇に葬られてしまい、そのアイドルに持っていかれてしまう
のは明らかなのですが、

それをチャンスと捉えて他の仕事を成功させていけば、
あんな時もあった的な感じでプラスに転じられると思いますが、

逆にその時に結婚宣言した時と変わらないあまり成長してない状態
だった場合は、須藤にはなにもお金を生むようなものがなくなって
しまうので、タレントとしての終わりを迎えるときなんじゃないか
と思いますね。

結局、生まれたばかりのヒナの自分に自分が今まで
見たこともない高い壁を自作してしまった。
それを成長して超えることができればより高く羽ばたけるが、
失敗した場合は壁の中で一生終わってしまう。

しかし同じ高さの壁を超えるのを他人が成功させた場合
その高さも次第に高さを感じなくなる。
遅れれば遅れるほど超えたときの驚きはなくなっていく。

よって、須藤さんの今後の課題は、

より強力な後追いが出てきてもそれを世間が須藤の真似だと認識するくらい、
いかに早く成長できるか、そして有名になれるかが成功への鍵ですね。

今後の須藤凜々花の活躍を祈っています。

あと同じ匂いを感じるから忠告します。

自殺はするなよ。

 

広告

コメントは受け付けていません。