須藤凜々花と高橋みなみの違い。高橋みなみはなぜ須藤を責められないのか。ドルヲタへの警鐘と華原朋美から予測する須藤の未来像。

標準

須藤凜々花は好きな人ができた、
ファンよりも好きな人ができたと
はっきりファンに向けて正直に明言した。

高橋みなみはこれに付いて半笑いで
面白かった的なコメントでまとめた。

なぜなのか?

それは高橋みなみは須藤と真逆で、
デビュー当時から好きな彼氏がいて会っていたにも関わらず、
隠し通してファンを黙くらかして、卒業まで活動していたからだ。

ドルヲタのみなさんにここでご一考してもらいたい。

彼氏がいるのをファンに黙って活動しているのが吉なのか、

彼氏ができたら名言したほうが良いのか。

昔も山口百恵さんのように自分から宣言して引退する人もいたし、
隠して柏原芳恵のようにドロドロした関係を続けた人もいた。

これ、私ははっきりと言った方がいいんじゃないか
っていう気がするんですよね。

はっきりと言った人のほうが言わない人よりイメージがクリアで
成功している人が多いと思うんですよね。
言わなかった人はどろっとした汚いイメージで2番手3番手的な
タレントが多い気がするんですよ。

ちなみにAKBは恋愛禁止じゃないと嘘の情報が充満していますが、
恋愛禁止と書類に記載してありますので、
秋元康はそれを忘れて発言するので情報が錯そうして困るんですが、
事務所のAKSとしてはその事実を確認しているので、
それなりの処分をします。

ただし、ジャニわ木さんやジャニ重さんの事件をスルーしたのは、
男に騙された的な扱いになったんだと思います。

須藤の行動について、私は小室哲哉をすぐ好きになってしまった
華原朋美を連想させました。

遠峯ありさ時代、若手アイドルバラエティモノで遠峯は
1人だけ危ない雰囲気を醸し出していました。

なんか精神分裂気味の危ない感じ。

で、その番組が終わり、久しぶりに出会ったのは小室哲哉に
プロデュースされた華原朋美に改名した遠峯でした。

この時、既に付き合っていたそうなので、
誘われて関係を持って枕営業でデビューしたんでしょうね。

しかしそんな蜜月な日々も仕事がうまくいかなくなると、
もともと当時の華原は精神分裂気味だったこともあって、
小室は疲れて離れていきます。

そしてリストカットを繰り返し、誰も見向きもしなくなり、
最後には家族の支えで精神鍛錬のリハビリを行い、
社会人として活動できる状態まで復活し、
再びゼロから活動を始めて現在に至るかんじですよね。

さて、須藤ですが、、

数年前まで2ちゃんねるが唯一の居所だったと宣言して、
リクアワ2017でも2ちゃんねるに自分からスレをたてたり
してることを明言し、哲学が好きとか、アイドル学とかわけ
のわからない支離滅裂な行動や思想の中で迷い続けていることから、
遠峯ありさ時代の華原朋美を連想させるんですよね。

また好きになると一途になりそうなところは
岡田有希子的な危ない面も感じますしね。

いまの彼氏と一緒にいる時間は自分の好きなものを探して迷走
していた状態から抜け出し、毎日彼のことだけを考えて幸せな
日々が送れると思いますが、問題は分かれたときと後にどんな
状況に陥ることになって、どんなことをやってしまうのかって
いうことですよね。

衝動的に物事を進めてしまうのでそれが今までは良い方向に
影響してきたけど、華原の例から考えると、命綱が急に消えて
なくなったときに真っ白なキャンバスにポツンと置き去りに
されたかんじになり、自暴自棄になりそうな感じがするんですよね。

それがいつ来るか。数年後なのか。

須藤さん、ファンはガチ恋ファンばかりじゃなくて、
あなたの恋愛云々は関係なく、タレント性に惹かれた人もいるわけだから、
その人たちについてはきちんとタレントとしての須藤さんとして
変わらない対応をまじめに続けてほしいと思います。

アイドルを辞めたらもう全員がライバルですから、
今付いてきてくれているファンを大切にしてその人たちに
夢をみせられるように自分の力を解放して100%出して
活躍して欲しいと思います。

もし自殺したくなるときが訪れたら、
その前に自分を理解してくれているファンの人たちに
相談して下さい。

決して一人で考えないでください。

指原氏も言っていますが、

「もっとファンを信頼してみよう!」

活躍期待しています。

 

 

コメントは受け付けていません。