2017.05.24 AKB48劇場「HKT48 ひまわり組」出張公演 映像では伝わらない、現場で肌で感じたのは一言。指原イズム。

標準

本編は坂口理子の高城れに的な怖いくらいの凄みを終始感じました。
ひとりだけ熱が違う。伝えたい情報量が違う。

あとは村重氏が指原氏ばりの存在感を醸し出していました。

パフォーマンスでは以前のような恥ずかしがるようなそぶりを
感じさせずに、堂々とじっと客席をみつめながら基本に忠実な
パフォーマンスを表現し、

MCでは空気を察知してアドリブでその空気に適したメンバーに
話を振る。
第三者のトーク中も客が聞き流すようなところでも
おかしいとおもったところは的確につっこんで笑いを誘い、
そのメンバーをおいしくする、引き立たせる。。

ここを秋吉ちゃんと共にやっていました。

でもその分自分に話が来たら結構まちがっちゃったり
して、以前の我が我が精神とは真逆になって
いて驚きました。

これ以前は指原氏やちょりが自由な村重の話をいじっておいしく
していたんですが、真逆になりましたね。

他の人に自由にしゃべらせて自分がその素材をより
引き立たせるように料理して提供するっていう。

村重と田中がどちらかいれば指原氏いなくても
大丈夫な感じですね。
あと秋吉ちゃんが成長すれば新3トップになりそう。

でトークは冨吉がしきりにひさびさでAKB劇場の現場環境
に慣れないので緊張していると言っていたんですが、
冨吉はパフォーマンスに集中している感じで残念でした。

MCで感じたのがその村重の成長、坂口の先輩としての全力度、
神志那さんがみつけた明確な自分のキャラクターでした。

最後のお見送りの時も現場でしか不可能な発見がありました。

まず、上記のこともあり、村重は面白いから大丈夫だと投げかけたら、
以前はもじもじしていたのに今回は堂々としてありがとうございます!
と返してくれてここも指原を感じたのと、

神志那さんは今回いろいろ見聞きしていて、
なんか道重さゆみに見えていたので、
さゆだ!と投げたら、自ずと
「うさちゃんピース!」
って満面の笑みで返したので、
ここもマルチドルヲタ指原イズムを感じ、

ももクロのファンにとってはおなじみ、
田島芽瑠さんのとこに来たので
おもわず「ぜーっと!」
と投げたら、
返してくれました。

で出口に向かおうとしたら坂口理子さんが
ひとり一言をやっていたようで
「○○みたい!」
って一生懸命数回私に投げていたので、
ありがとうと言って帰途に付きました。

この芽瑠ちゃんと神志那さんのところ、
他のアイドルグループにはあり得ないですよね。

あとAKBは古い組織になるほどこのお見送りの態度が
悪くなるんですがw
HKTにはそれは当てはまらず新鮮で気持ちよくてほっとしました。

HKT全体、スタッフも込みで、指原氏のおかげで素晴らしい組織に
育ったなあと感動しました。

 

広告

コメントは受け付けていません。