指原氏のセンター曲として「イマパラ」というペラペラユーロビートが発表されたことでわかったこと。

標準

2017年5月31日(水)発売のAKB48 48thシングル「願いごとの持ち腐れ」
に収録される「イマパラ」のミュージックビデオ(Short ver.)

まあ以前からここで言っていることですが、
指原氏が移籍後のHKTの楽曲

2013年3月20日 スキ!スキ!スキップ!
2013年9月4日 メロンジュース
2014年3月12日 桜、みんなで食べた
2014年9月24日 控えめI love you !
2015年4月22日[注 10] 12秒
2015年11月25日 しぇからしか!
2016年4月13日 74億分の1の君へ
2016年9月7日 最高かよ
2017年2月15日 バグっていいじゃん

の傾向はお騒がせ最大公約数ポップス
っていう言葉でまとめられると思います。

新しいものは特に入れずにありきたりのもので
作る最大公約数的な楽曲なので、

どんなにばかでもあほで知識が無くても、
曲を全部聴かなくても
数秒でも数分でも途中からでも初めからでも
金太郎あめのように聴ける曲。

また面白いのは、スキスキ、桜、バグ、控えめ
とかは連続で聴いてると同じ曲に聴こえてくる
んですが、理由は同じ速さで同じ音色を使い
バスドラムを同じ感覚で叩いているからなんですよね。

お経の木魚みたいな感じで私はコンサートに
行ってこの辺の曲を連続でやられると
あまりの中身のなさに我に返って
腹が立ってきてしまいます。

こんなのに付き合うためになぜ働いて、そして
高い金払ったのか?

ここに来るよりもっと有意義な時間の使い方が
あったんじゃないのかって。

私は指原コアヲタですから、そんなことがあっても
アイドルの楽曲レベル最高峰のハロヲタの指原氏なので、
いつかは成長してそれなりの作品を提供できるように
なると信じて待っていたんですが、

数年経過しましたが、未だにHKTの楽曲からは特にその成長を
感じ取ることはできず、

モーニング娘。とのコラボ曲も結局はHKTと同じ頭の悪い
楽曲でした。

そして今回のイマパラというおそらく指原氏が
注文したであろう楽曲を数秒聴いて、

私はAKBグループの1人としてパフォーマンスする場合の
楽曲の質について、指原氏に対しての信頼はゼロになりました。

もうこの人は音楽をまじめに考えて悩んで努力して
発表することは全く考えていないんだということが
はっきりしました。

まあでも指原氏に限ったことではなく、
高城れにさんやももクロさんのソロコン観ればわかりますが、
日本のガールズアイドルさんのほとんどは音楽的な素養が
ないに等しい人たちばかりなので、仕方ない部分も
あるんですけどね。。

ハロプロのメンバーの生誕イベントでもハロプロ楽曲
以外やりませんからねって言っても
発売するから権利の問題でできないってことでしょうけど、
もしフリーで楽曲を選択させてコンサートを
やらせたらどうなるか観てみたいですね。

あと余談としてイマパラの作曲編曲は板垣祐介さんなんですが、
板垣さんはハロプロではもっと楽曲的に奥深い作品を
作れるひとなのですが、Get Youとかイマパラとか、
最近の傾向を見ると、
AKBでは秋元康や現在では指原氏の注文通りに作らされている
ことが確定して、よほど音楽的な地位があるひと以外
はAKSにかかると誰でも井上ヨシマサのような秋元康の犬
状態になってしまうことも明らかになった気がします。

広告

コメントは受け付けていません。