今、昔のM-1を観ていてふと思うこと。。。

標準

ここ十数年で、犯罪者まがいのタレントを目先のあぶく銭
目当てに気軽に出演させるようになったりと芸能界の体質
のさらなる体たらくと、
芸能人の犯罪と、人間としてのモラルから逸脱する確率が
時間を追うごとに増加の一途を辿っていることがあるので、

島田紳助さんがただの漫才マニアの漫才が大好きな
純粋ないい人に見えてしょうがないんですよねw

どう考えても笑いとか芸事よりもそのタレントとしての自分を
自分の知名度を利用した悪行を遂行するための道具として
利用している矢口とか山本とか不倫タレントとか田村淳とかと比較すると、、

全然紳助さんて辞める必要なかったんじゃないかって
M-1みながら感じちゃって仕方ないんですよねw

島田紳助さんの悪事なんて、タレントの前に人間として失格している
ような今の糞タレント達に比較すれば、ただの社会を知らない漫才マニアの
おっさんが悪い大人に騙されていただけなんだから、ほんとに
可愛いもんだったんじゃないかって。

思う今日この頃です。

広告

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。