嗣永桃子、日本の著名アイドルグループで初の現役メンバーのCD3枚組ソロアルバム発売決定!「嗣永桃子アイドル15周年記念アルバム♡ありがとう おとももち♡」

標準

これほんとにすごいです。

嗣永桃子ソロアルバムAD1

シングルは結構前例がありますが、アルバム、それも3枚組アルバムなんてのは

ももクロはおろか、AKBでも例はないし、ジャニーズでも無いと思います。

辛うじてさかのぼればビートルズのジョンレノンがビートルズの活動と並行して
ソロワーク(プラスティック・オノ・バンド)をやって、
そこからロックバンドのメンバーのソロワークが普通に行われる
ような風潮になっていったこと程度でしょうか。

それでも1枚ですから記録媒体登場後の歴史上初なんじゃないかと思います。

私、どうしても嗣永さんの場合はもう引退するため、二度とあの歌声
を聴けなくなると思って危機感からダメもとでつんくさんに、
アイドルのソロアルバムって前例がないですが、今回は
引退なので、ぜひ時間があれば完成させてほしいとお願いしたんですよ。

でもう5月なのと、6月30日のコンサートも発表されてしまったので
諦めかけていたんですが、ほんとうに今回の知らせを受けて、
モーニング娘。デビュー当時から数年前まで、つんくさんを
嫌っていたことを恥ずかしく感じています。

感性がシンクロしたことで、私が嗣永桃子さんの本当のファンだと認められた
気がしてうれしいです。

あとCDでリリースするということは、
大きな企業だし決してボランティアじゃなく、
嗣永桃子の歌声が商品化に値し、
宣伝費をかけてまでリリースして嗣永桃子の音楽
というものをアップフロントの魂として発表すべきだと判断し、
また利益を見込めると判断してのリリースですから、

バラエティの現場でマネージャーに怒られ続けながらも
必死に食い下がって頑張りぬき、
ももちといえばお笑いというイメージにしようと
していたんじゃないかと思っていた矢先の
ももち先輩にとって、

ミュージシャンの会社アップフロントの、立派な1人のミュージシャン
として尊厳を込めて進められたプロジェクトで、
作品は当然ですが、プロジェクトが発動されて目標に向けて
多くの社員が短期間に完成させようと動いてくれた事実が、
これ以上ないプレゼントになったんじゃないかって思いますよね。

でも単に卒業だったら動かなかったでしょうね。
引退じゃないと今回のプロジェクトは絵になりません。

つんくさんの今回の引退するメンバーのソロアルバムを制作するという大英断が、
これからのガールズアイドル業界の新たな潮流を作り出していくような気がして
います。

嗣永桃子ソロアルバムAD2嗣永桃子ソロアルバムAD3嗣永桃子ソロアルバムAD4嗣永桃子ソロアルバムAD5嗣永桃子ソロアルバムAD6

ちなみにこういう投票用のページでも、きちんと楽曲を細かくDB化して検索抽出可能にしているハロプロだから簡単に楽曲リストを引っ張ってこれるんですよね。

AKBもスタダも楽曲のDB化が遅れてるので、楽曲を調べるときwikipediaを見るしかないんですよね。

そういう現状をAKSやスターダストは恥ずかしいと思わないんだろうか。。

やっぱそういうところからつんくさんが言う、
ハロプロはヴォーカリスト集団だと考えているところを
口だけではなくキチンと仕事で証明している気がしますね。

広告

コメントは受け付けていません。