道重さゆみ氏がアーチスト活動に専念することにした大きな理由は矢口のせいですね。

標準

道重さゆみ SAYUMINGLANDOLL~再生~

道重さんはもとより、ハロプロのアイドルが明石家さんまさんに
親しくしていただいているのは周知の事実です。

ですからバラエティ番組を含めたテレビタレント活動をするための
スキルについて、さんまさんに相談しているのは当然だと思います。

また、過去、最もセールスが低迷していたプラチナ期の2009年に、
あまりの出演オファーの少なさからあのロンドンハーツの格付けに
出演してしまったことで、バラエティ番組の最先端の洗礼を受けてしまい、
その記憶が脳裏から離れない、
もうああいった自分の私生活の切り売りみたいなことをやりたくない
と思ったのも理由のひとつだと思います。

そして、バラエティ番組といえばハロプロにおいては
矢口が先輩になるのですが、
あの現役当時から男と隠れて遊びまくっていた矢口のような人から
先輩ずらで教わりたくないというのもあると思うし、

もうプラチナ期の自分と異なり、もうある程度売れて、
あまり新規のファンが増えなくても良いと考えていることから、
ブスいじりや下世話なネタに対応してそのネタで有名になるより、
少なくても良いからアーチスト活動を理解してくれる人に
増えてほしいということがあると思いますね。

でよく道重さんは松田聖子さんを例として挙げるんですが、
松田聖子さんの生き方を参考にしようとしていることが
一番大きい理由かと思います。

ただ、松田聖子さんはオーディション番組で
歌がうまいことでデビューしたんですが、
道重さんは真逆で歌が下手でデビューしたので、
そうすると、コメントにもある通り、
へたくそだからバラエティ番組について勉強するために時間を使わずに、
松田聖子さんに近づくためによりパフォーマンス力の向上に集中して時間を注ぎ、
これから精進していく覚悟でいるんじゃないかと思います。

ただし、聖子さんは秋元さんとか石田さんとかとんねるず
とかと仲が良いので、
新曲を出すときとかたまに石田さんのミュージックフェアとか
秋元さんのみなおかとかの番組に出演することがあるので、

道重さんも、親身にしてくれているさんまさんの番組とか、
中居君の番組とかにたまに出演することはあるんじゃないかと思いますね。

ちなみに私は現在公演中のサユミンランドールの内容次第で
ついていくか決めようとしていたんですが、
ララララのピピピとかいわゆる一連の道重怪電波楽曲を
やってくれたようなので、安心しました。

ただしmlineという矢口も所属している
ファンクラブの金は払いたくないので
ハロプロのFCで2次エントリー可能な時は参加しようと思っています。

余計なものを排除してパフォーマンスに本気になったさゆが
どういう展開になっていくのか楽しみです。

広告

コメントは受け付けていません。